映画・DVD「マンティコアvsU.S.A.」2008/10/17 00:12

怪物との死闘を繰り広げる米軍の兵士達の物語。

大量破壊兵器があると言われている村に行ってしまった
女性レポーターとカメラマンを連れ戻す為に、
米軍の兵士達が出動した。
しかし、その村には、大量破壊兵器ではなく、
翼を持った獅子のような怪物が人々を襲っていた…。

この映画の舞台はイラクのようですね。
米軍の兵士達は、
古美術品を盗もうとした人々を拘束してましたね。
しかし、その人達の事情がなんだか可哀想なんですよね。
そこで、軍曹は自分達の食料などを
与えちゃうんだから、偉いよね。

米軍の兵士達は、ある人物も探しているようで、
ある1人んがどう見ても違うだろうと
思う人をその人物だと言い張るんですよね。
こいつ、ちゃんと見てるのか?と思いましたよ。
全然、似てないのに、その人物にされたら、酷いもんだよね。

こういう戦場に必ずいるんですよね。
こういうレポーターが…。
すぐ知る権利があるとか言うんだよね。
その前に常識だろうがって言ってやりたいところに、
軍曹が言ってくれましたね。
スッキリした…。

米軍の兵士達は拘束している人達を解放。
こういう状況なら、しょうがないよね。
でも、命令違反なんだそうな。
子供、可哀想だったな…。
レポーターは相変わらずでしたね。
カメラマン、可哀想…。
金になる映像だからって。
「どっちが大事なんだ?」って言ってやりたい。

2人の男が国立博物館の荷物から、あるモノを盗みましたね。
最初、何なのか分からなかったんですが、
メダルだったんですね。
こういうのもメダルって言うんですね。
メダルを盗んだ2人は呪われたとか言うんです。
だとしたら、国立博物館の人は、
もうとっくにどうにかなってるよね。

2人の男はメダルをある男を渡し、金を貰おうとするのですが…。
こうなるの予想していなかったんですかね?
そんな簡単に行かないですよね。
メダルを使って、儀式開始。
すると、この映画の主役の怪物が登場。
しかし、ちょっと手違いがあって…。
この手違いによって、
作戦を練らないといけなくなるんですよね。
でも、こうなっていなかったら、
もっと大変になっていたかもしれないんですよね。

怪物に殺された人々の死体、グロかったですね。
お約束の死体もグロかった…。
しかし、メダルを受け取った男は、やっぱり卑怯者でしたね。

フットボールのシーンは、何であったんだろう?
メンバー紹介って意味だったのかな?
もしそうでも、全然、分からない。

お騒がせの女性レポーターが
大量破壊兵器がある村にある情報を得ましたね。
この情報収集法、古いですね。でも、確実ですよね。
しかし、その村は、遠いんですが、女性レポーターは…。
おぉ、凄い。女の武器を使ったのかな?
と思ったんですが、どうも違いましたね。
この女性レポーター、ズルイですね。

女性レポーターはレポートしようとするのですが、
カメラに何かが映りましたね。
スローで映像を見てみると…。
やっぱり、怪物が映ってましたね。

軍曹の部隊は、女性リポーターを連れ戻す命令を受けます。
成功すれば、アメリカに帰れる…
となれば、やる気でますよね。
なかなか帰れないみたいですね。
兵士って大変だね。

米軍の兵士達は女性レポーターがいると思われる
村の近くまで来たのですが、銃撃戦。
しかし、ここまでやる必要あったんかな?
逃げろって言われるんですが、
こんな事を言うなんて、優しいよね。こんな事したのに。

村に入る前に、1人、怪物に殺されてしまいます。
結構、素早い動きですね。
そんなに大きくなかったんですね。
もっとデカイのかと思った。

米軍の兵士達は洞窟に入ります。
あの儀式がされた所でした。
やっぱり、死体ゴロゴロ。
あの人もいましたね。当然か…。
ここで、壁にあの怪物の絵がありましたね。
結構前からだったんですね。
ここで、ある兵士がメダルを拾いましたね。
どうして、拾ったんだろう?
金目になりそうだと思ったからかな?

村に着いた米軍の兵士達。
そこには、怪物に殺された人々の死体が…。
これを見た1人の兵士が…。
可哀想に。どうして、ズーッと見てたんだろうね。

米軍の兵士達の前に、少年が飛び出しました。
どうして、この少年、出てきたんだろう?
やっぱり、米軍の兵士達を案内したかったから?
それとも違うのかな?

生存者がいないか探索。
カフェに入った2人の兵士達。
1人が酷い事しましたね。
こういう状況で、これは無いですよね?
しかし、こういう事をやる人は…。
やっぱり、ルールってあるんですね。

米軍の兵士達が女性レポーターとカメラマンを発見。
すると、女性レポーター、全く違う態度をとりやがった。
随分と調子のいい人ですよね。
本当に自分勝手な人だね。
カメラマンは普通だよね。

なんとかヘリを呼ぶ事になったのですが、
そうは上手くは行かないですね。
このシーンでも、お約束ありましたね。
ただ逃げようとしただけなのに、可哀想に…。

こんな状況になっても、軍曹は前向きなんですよね。
こういう性格じゃないと、軍曹は勤まりませんよね。

ある兵士はビデオでメッセージ撮ってましたね。
こういう事をすると、あまり良くないんですよね…。
この兵士はというと…可哀想に…。

ある男が怪物の説明をするんです。
この男…って思いますよね?
なんか可笑しいですね、このシーン。
ホント、よく言えるよね。
凄いよ。

本当に、女性レポーターは、うるさいね。
少しは黙ってろと言いたい…。

やっと上の人が動いて、ある作戦を実行。
この作戦でも犠牲者が出てしまいましたね。
しかし、あいつは酷かったよね。
自分の事しか考えてないんだね、こいつは。

女性レポーターにも、お約束のシーンがありましたね。
でも、ほんのちょっとで、あまり面白くなかったですね。

作戦実行後の村は静かになりましたね。
「えっ?おかしくない?」と思える出来事が…。
あんな風になったのに、何で?
まぁ、こうならないと続かないですよね。

当然の事ながら、怪物は生きてましたね。
どうすれば、怪物が殺せるか?
を知っているのは、あの男でしたね。

別の作戦を実行するんですが…。
本当に往生際が悪いね、こいつは。
でも、やっぱり悪い事をすると…。
もっとハッキリ見たかったですね。
ちょっと残念…。

もう後が無くなるんですが、最後にあるモノで作戦を実行。
このモノにも、やられましたね。
預けたのがまずかったかな。
しかし、あの人がカッコ良く決めてくれました。
これは凄かったなぁ。咄嗟の判断で対応したんですからね。

怪物は、当然CGでしたが、
動きが不自然じゃなくて良かったですね。

女性レポーターは笑えるキャラとして
登場していたのかもしれませんが、
笑えずにムカついてばかりいました。

やっぱり軍曹は偉かった。
あと、あの女兵士もカッコ良かったですね。

この対決、どんな戦いになるのかと思って見ていたんですが、
別に、米軍の兵士じゃなくても良かったですね。
まぁ、それまでは、いろいろと武器とか使っていましたけど。
最後は、兵士だからこその攻撃で決めて欲しかったですね。
でも、最後、カッコ良かったです。