映画・DVD「クロッシング・ガード」2008/11/03 01:43

娘を車で轢き殺した男を殺そうとする男の物語。

交通事故を起こして、娘を殺した男が出所。
主人公の父親は、加害者の男を殺しに行ったが、
殺す事が出来なかった。
加害者の男から3日間、本当に殺すのか考えて欲しいと言い、
主人公は、3日間、考えるのですが…。

主演がジャック・ニコルソンだったら、
普通じゃない映画ですよね。
この映画もちょっと普通ではありませんでした。
ジャック・ニコルソンの怪演は凄いですね。
本当、主人公の父親が恐いです。

主人公は、加害者の男が出所するのを知ってるんですよね。
こういう情報は公開されているんですかね?
公開されていないように思えるんですが、
だったら、主人公は、どうやって、
加害者の男が出所するのを知ったんだろう…?

主人公と妻は離婚していて、
亡くなった娘以外にも子供がいるみたいですね。
しかし、この子供達が主人公に対して、
他人行儀なんですよね。
可哀想な主人公…。

加害者の男が出所して、彼の両親が迎えに来てましたね。
この加害者の男、そんなに悪い奴じゃなさそうなんですよね。
出所したのを嬉しがる両親の姿を見ると、
こちらまで嬉しくなってしまいました。

加害者の男が出所して嬉しいのは、
彼の両親だけではなかったようですね。
被害者の娘の父親、主人公も嬉しそうに、
元妻に出所した事を話すのですが…。
元妻は、ちゃんと分かってますね。
この時に、元妻は、いろいろと主人公に質問するんですが…。
これはマズイよね。
何だか、こんな事になったから…って感じで、
そうじゃなかったら、関心が無いみたいですよね。

主人公は宝石店を経営しているんですが、
この店の店員に、日本人が出演しているんです。
しかも、ちょっと変わった役なんですよね。
どうして、こういう役になったんだろう?
演じている俳優さん自体は、どちらかというと逆なのに。
ギャップがあった方がいいと思って、こうしたのかな?
何しろ、こういう映画に出演できているのが凄いですよね。
どういう、いきさつで、出演したんだろう。
もしかして、オーディションかなぁ?

主人公は加害者の男を殺しに行くのですが…。
運がいいのか悪いのか。
俺は運がいいと思いました。

加害者の男から、逃げないでいるから、
3日間、本当に殺したいのか考えてくれと主人公に言います。
主人公は、それに応じるんですよね。
もし主人公に、何も迷いが無いならば、
その辺にある道具を使いますよね?
たぶん、この時、主人公は迷いあったんだと思うんですけどね。

レストランで、主人公が女達と、ある男が近付きましたね。
主人公は失せろとかいんですが、しつこかったね。
とうとう主人公は我慢できなくて…。
このシーン、主人公のハチャメチャぶりが
ちょっと面白かったです。
この為に、主人公は…というシーンの時の顔も良かったよね。

主人公が幼い女の子を見るシーンがあるんですが、
この時の主人公の顔がなんとも言えないです。
もしかして、失って、初めて、大切さを知ったんでしょうね。

宝石店でのご婦人に対する主人公の行動が凄かったですね。
こんな事されたら、唖然としちゃいますよね。
了解も得ずに、こんな事するなんて、主人公は凄いね。

加害者の男と彼の両親が話すシーンがあるんですが、
このシーンの時の加害者の男の顔が凄く良かったです。
特に最後のアップに気持ちが入ってますよね。
彼の両親も大変だったでだろうね。

加害者の男が女の子の墓参りをしようとするのですが…。
これは、ちょっとマズイですよね。
俺も加害者の男と同じ行動をとると思います。
加害者の男の行動は間違っていませんよね。
元妻は、もしかしたら、加害者の男に気が付いたのかな?
それとも気が付かなかったのかな?
どっちにも取れて、とっても気になりました…。

加害者の男は、知り合った女性と親しくなりましたね。
彼女に、交通事故の事を話しましたね。
女の子が加害者の男に、ある事を言ったというのが…。
この話は、とてもショックでした。
亡くなった女の子は、性格良かったんですね。
どうして、こんな事になっちゃったんでしょうね。

主人公の行動が痛々しかったですね。
朝帰りして、現在の恋人に怒られて…って。
初めて、銃を撃ってみたり。
その為に、いろいろと用意したり。

加害者の男と親しくなった女性も切ないですね。
ライバルに勝てない…って。
加害者の男がライバルについて聞くんですが、
彼女、何も答えませんでしたね。
何で、答えなかったんだろう?
もしかして、ライバルが消えたから?それとも…?

加害者の男が立ち去る時の行動にちょっとビックリした。
彼女に何するんだ?と思ったら…。
見た目がそうであって、違ってたみたいでしたね。

主人公がある夢を見るんですが、
これは未来の主人公を示してますよね。
このままだと…って事ですよね。
主人公は元妻に助けを求め、昔の事を話しましたね。
元妻の本音も聞けましたよね。
しかし、主人公、ちょっと酷かったね。
どうして、こんな事を言ったのか理解できなかったです。
何か気が付いたのかな?

加害者の男がサングラス掛けて、
主人公を待ち構えてるシーン、面白いですね。
何で、夜なのに、サングラス掛けてるんだろ?

加害者の男の所に行く前に、
主人公はある事をしてしまうんです。
いやぁ、こんな事になって、
どうなるんだろう?とハラハラしながら見てました。
結構、凄い事になりましたよね?

加害者の男は主人公が来るのを待っていましたね。
しかも、あんなモン持って。
どうするんだろう?と思ったら…。
加害者の男の行動が分からなくなりました。
主人公も頑張りますよね。

加害者の男が、どうして、こんな行動をしたのか?
が分かった時は、「うわぁ」って思いましたね。
加害者の男、よく頑張ったよね。
その前に、よく、こういう事をしたよね。
普通の人だったらしないよね。
主人公も加害者の行動の意味が分かって…のシーンには、
鳥肌が立ちました…。
まさか、こういう結末を持ってくるなんてなぁ。

ラストシーンは、とても印象的でした。
まるで、主人公の心みたいでしたね。

交通事故って、被害者、加害者にとっても悲劇ですね。
どちらの気持ちも分かるようで、とても切なかったです。
監督、脚本がショーン・ペン。
流石ですね。美味しいところを知ってますね。
タイトルから話の内容は分かりませんが、
良いタイトルですよね。
見終わった後に、
「こういう意味で、タイトルつけたんだろうなぁ」
と分かったつもりでいます。
ジャック・ニコルソンも良かったけど、
加害者の男を演じた俳優さんも良かったですね。
この映画は人にお勧めできますね。
もう一度見てみたい映画がまた増えました…。

映画・DVD「ゴッド・ランド」2008/11/03 11:19

戦友を訪ねに、ある町に来た元兵士の物語。

主人公の元兵士は、戦友から手伝って欲しいと言われて、
戦友を訪ねたのだが、教えられた住所には何も無かった。
主人公は町のホテルに泊まり、戦友を探そうとするのですが、
町を支配している企業の社長に目をつけられてしまい…。

主人公の元兵士は、戦争でトラウマを持ってしまったようで。
あんな事があったら、やっぱり嫌な気持ちは残りますね。
ある爆発で主人公は怪我を負ってしまったんですけど、
その爆発がなんだかねぇ…。
戦争って、こういうもんなんでしょうか?
残酷な事するんですね。このシーンは嫌な気分になりましたね。

主人公は市民権を取り、アメリカに家族と住む戦友から
手伝って欲しいと連絡をもらいます。
この戦友とはいろいろあったみたいなんですが、
そんなにエピソード無かったんですよね。
もう少しあってもいいんじゃないかって思いました。
そう言えば、余計なシーンが無かったんですよね。
戦友とのエピソードは関係あるものばかりでしたね。

主人公、夜行バスに乗って戦友の所に。
バス内での子供とのシーンに、ちょっと笑いました。
こんな、お茶目な面もあるんですね。
しかし、結構、遠いんですね。
何日も掛けて、行ったようですね。

主人公は早速、戦友の住所を訪ねる為に、
ホテルに行き、人に聞いてみるんですが…。
何だか変な反応するんですよね。
馬鹿にしているようで嫌な感じでしたね。

主人公は、戦友に教えてもらった住所の場所に行くんですが…。
んー、これは一体、どうなってんだ?って思いましたね。
主人公は戦争で怪我を負ったので、
もしかして、その為に、精神的に悪くなってしまい、
戦友から連絡あったけど、本当は…
なんて事を考えてしまいましたね。
こういう展開もありですからね。

町に戻ると、ある事件が起こってましたね。
この事件の目撃者が名乗り出ないとは、
嫌な町だなぁって思いましたね。
こういう町だと、皆で隠す事が出来そうで恐いですよね。

ホテルに泊まろうとした主人公なんですが、
ホテルの主人に宿泊拒否されそうになりましたね。
あんな状態で、こんな事を言うなんて、凄いよね。
ミエミエなのにね。

主人公は、ある店に行って、貸本を調べてみるんですが…。
やっぱり、ありましたね。
これは動かぬ証拠。主人公は正常でしたね。

主人公の店の接客は、カワイイ少女でしたね。
この少女を見て、主人公、思い出しちゃったようですね。
似てはいないけど、やっぱり考えちゃいますよね。

店に、あの男が来るんですよね。
こいつ、嫌いですね。嫌みったらしくて。
なんか変だよなぁって思いました。
主人公を明らかに監視してるみたいだし。

主人公は入院中、戦友にプレゼントをしたようなんですが、
ちょっと違和感あるなぁ…。
この主人公があるモノを使って、得たモノなんですが、
本当に?主人公が使う?
使わない人のように見えるんだけどなぁ…。
人は見た目じゃないからなぁ。

主人公が食事をしていると、店の女主人が来ましたね。
そっと紙切れを渡すんですが、ちょっと遅かったですね。
町を支配している企業の社長が登場。
何で、主人公に構うんですかね?
主人公が面倒を起こすとか言ってるけど。
何も無ければ、面倒は起きないんじゃ?
これって、自分からばらしてますよね。
何かあるって事を。
やっぱり、戦友を探されたら困るって事だよね。

社長が居なくなった後に、
あの嫌味アロハが主人公につっかかってきましたね。
こいつ、本当に嫌な奴。
だけど、このシーンでは、馬鹿でしたね。
このシーンは、ちょっと面白かったですね。

主人公は、ある容疑で捕まってしまいました。
その容疑がなんだかなぁ…って感じですね。
主人公をどうにかしたいのがミエミエですよ。
こんな事したら、逆に疑われますよね。
賢い方法が出来ないもんなんですかね。

シャワーシーン、ちゃんとなってましたね。
ちょっと驚いた。たぶん、合成だと思うけど。
しかし、酷い事する奴はいるんですね。
無抵抗なのに。
でも、1人だけ、「ん?」と思う人がいるんですよね。
ちょっと他の人と違うんですよね。
変だなぁ…と思いましたね。

牢屋で寝ていた主人公に…。
どこまで酷い奴らなんでしょうね。
しかし、これがまずかったですね。
主人公、強いね。
こんな状態でも大丈夫な主人公は凄いね。

車で逃走する主人公。
カーチェイスシーンありましたが、
そんなに凄くなかったなぁ…。
あぁ、やってるなぁって見てました。

崖の上で囲まれてしまった主人公は…。
こういう展開になっても、
たぶん大丈夫なんだろうなぁって思ってしまいましたね。
これは悪い癖だよね。でも、まだ時間あるし。
しかし、何故、こうなったのかの説明無かったね。
後で、説明あるけど。
どこで、主人公は…?って思いますね。

主人公が崖に囲まれた時に、
ある1人が我慢の限界なのか、社長に言ってましたね。
これで、この人、どうにかなるのかな?と思ったんだけど、
なんか違いましたね。だいたい、こういう人は…
なのに違った。しかも、社長と何も無かったかのように
話していたしね。どうなってんだろ?

主人公は、ある人から事の成り行きを聞かされます。
社長は本当に嫌な奴なんだね。というかズルイよね。
そして、主人公、衝撃的なモノも見ましたね。
これ、見せられたら、普通じゃなくなるよね。
でも、何で、こんなモノがあるんだろう?って思いましたね。
やっぱ、酷かったね。見てられないよね。

主人公、襲われましたが、反撃開始。
アロハを思いっきし、やっつけましたね。
アロハは社長に伝言を届けたんですが、
この後、アロハは、どうなったんだろう?
これ以降、出てこなかったんだよなぁ。
どうせだったら…されれば良かったのに。
そうすれば、スッキリできたのになぁ…残念。

ゆっくり動く車。何かあるんだろうと思ったら…。
やっぱり、こんな事だったね。
ここでも、「ん?」と思う行動をした人が…。
一体、この人は何なんだ?って思いましたね。

店の女主人は勇敢でしたね。
愛する娘の為なら、当然かもね。
ちゃんと行動したんだけど…。
これは自然の流れかも。
ここで、どうにかなったら、面白かったのにね。

主人公、あるモノを武器にして攻撃。
こんなモノも武器になるもんなんですね。
まぁ、攻撃力は弱いけど。
こんなモノでやられている奴の姿が面白かったです。

なんか変だよなぁ…と思っていた人は…。
この展開は予想していなかったです。
これって、あり?と思ったのは、俺だけ?
これには、やられました…。

主人公と社長の対決か?と思いきや、ちょっと違ってましたね。
これは、あまり面白くないなぁ…と思ったんだけど、
まぁ、スッキリできたからいいか。
しかし、社長も可哀想な人でしたね。
助けを求めても誰も助けてくれようとしないんだからね。

ラストは、アクション映画のお決まりパターンでしたね。
こういう終わり方は好きです。定番はいいですね。

もう少しアクションシーンが見たかったですが、
主人公の設定が設定だから、しょうがないのかな。
アロハとのカフェでのシーンが良かったですね。
こういう事で、相手をどうにかする事も出来るんだなって。
最後の意外な展開にもやられました。ちょっと反則ですね。
スッキリ感が物足りないですが、
戦友は、どうしたんだろう?と考えながら見ていたので、
だれける事無く見続けられたので良かったですよ。
バル・キルマー、やっぱり年取りましたね…。

映画・DVD「バトル・ライダー」2008/11/03 15:57

友人の家族を守ろうとするバイク乗りの男の物語。

ある人の葬式に現れたバイク乗りは、その人の友人と言う。
バイク乗りは町に滞在する事に。
町では、ある場所にカジノを建設するかどうかで議論していた。
しかし、ある方向に決着がつき、
カジノ建設を推していた町の権力者に
友人家族が襲われそうになり、バイク乗りは助けるのですが…。

午前中に見た映画と、ちょっと被ってますね。
両方を比べてみると、こっちの方がちょっと…。
こちらの方は、流れが淡々としているんですよね。
頭で考える事も無く、ただ見ているだけでいいという、
疲れない映画でしたね。
でも、2つ、疑問点があったんですよね。
主人公のバイク乗りと亡くなった男は
友人関係だったそうなんですが、
ほとんど、この事に関しては触れないんですよね。
最後に、何か分かるかなぁ…と思ったら…。
「そりゃないぜ」って言いたくなりますね。

この映画の主人公のバイク乗りは見掛けによらず、優しいね。
町で襲われていた若者を助けたりしてましたからね。
しかも、あるモノまで渡してたし。
ここまでする必要はないんじゃないかと思いましたけどね。

葬式に出席する主人公。
いきなり、ある事をしだしたので、驚きましたよ。
「もしかして、神父さん?」と思ったけど、違うよね?

亡くなった人の家に出席者が集まっている所に、
やっぱりというか当然というか悪者登場。
しかし、この悪者、全然強そうに見えない…。
主人公の方が断然強そうなんですよね。

主人公、悪者達に目をつけられて、脅されますが、
何もこんな時に脅さなくてもねぇ。
まだまだ若いところを見せたかったのかなぁ…
なんて思ってしまいました。

疑問点のもう1つは、主人公が何故、町に滞在する事にしたか。
何にも説明ないんですよね。
町が悪者達に支配されてるのを見過ごせないからなんですかね。
この件に関して、最後に何か分かるのかなぁと思ったら…。
こちらも同じ言葉を発したくなりますね。

亡くなった人は溺れたらしいんですが、
どうも違うみたいなんですよね。
確かに溺れて死ぬのは殺された可能性ありですからね。

町では、ある場所にカジノを建設する計画があったんですが…。
たぶん、利益は違うところに行きそうですよね。
賢い判断をしたと思います。

町の保安官は悪者を知っていながら、手が出せませんでしたね。
しかし、どうにかしたい考えはあるみたいで。
1人で立ち向かうのは敵が多過ぎますからね。

亡くなった人の家族が悪者達に襲われましたが、
当然、主人公が登場して…。
しかし、ここで、意外な事もあったんですよね。
こういう人もいたんだって思いましたね。
それにしても、主人公、強過ぎです。

助けた少女は父親を知らないと言うんですが、
まさか…?と深読みしてしまいました…。
こんな事が出たら、変な事を考えちゃいますよね?
もし、そうだったら、主人公の行動が理解できるんですけどね。

ヤクの取引現場に、権力者が現れて…。
この現場にいた若者が主人公に助けを求めるんですよね。
そして、悪者達が来るんですが、何故、足を乗せる?
一瞬なんですが、悪者がちょっと格好つけます。
主人公に仕事の邪魔をするなと言うんですが、
全然説得力が無いんですよね。
もう見るからに、主人公の方が強そうなんですから…。

判事も悪者の言い成りなんですね。
全く、悪い世界になっちゃいましたね。

子供達を安全な場所へ連れて行ってもらうんですが、
少女が逃走。手伝いをするって。
手伝いって、どんな事をするつもりなんでしょうね?
たぶん、何も考えてないですよね。
ただ、単に主人公の側にいたかっただけなんだろうな。

主人公は町の権力者から3つの選択肢を提案されるんですが…。
4つ目が無いよね?肝心なのが無い。
権力者、弱いのに何を考えてるんだろう…と思いましたよ。

やっと町の保安官が動いてくれましたね。
ちょっと遅いよね。
主人公が現れたお陰で、力が出たんでしょうね。

主人公がある場所へ行くと、相手の男に
「待っていた」とか言われるんですが、知り合い?
んー、ますます主人公が何者か分からなくなりました…。

権力者は応援を頼みましたね。バイク軍団。
バイクにはバイクなんですかね。
こういう敵が現れたら、
どんな戦いがあるか想像つきますよね?
しかし、この予想は裏切られてしまいました…。

目撃者、馬鹿だったね。
「何で、こんな事をしちゃったの?」と言ってましたね。
我慢できなかったのかなぁ…。

いよいよ最終決戦。
主人公とバイク軍団の戦いは…。
普通でしたね…。やっぱり主人公が強過ぎ。
面白味がありませんでしたね…。
もっと、いろいろと出来ると思うんですけどね。
残念でした…。

保安官もやりましたね。
あの人もやってくれましたね。

主人公の最後の一発が派手でしたね。
ちょっとグロかったかな。

ラストは静かな終わり方でしたね。
何かあっても良かったのに…。

途中、だらけてしまいました…。
定番過ぎます。
主人公が強過ぎなので、ハラハラもしませんでした。
危ないシーンも無かったし、嫌なシーンも無かったですね…。
何か物足りないです。
綺麗に流れ過ぎでした…。