映画・DVD「ダージリン急行」2008/11/04 00:12

絶交した3兄弟が列車の旅をして絆を取り戻す物語。

絶交していた兄弟が仲直りをする為に、
長男の主催の列車旅行をする事になった。
長男の計画に従っていた次男と三男だったのですが、
旅が進むにつれて、いろいろな事が起こってしまい…。

この3兄弟、好きです。
この映画の雰囲気もいいですね。
派手な事は起こらない(?)旅なんですが、
改めて、兄弟、家族の良さを実感させてくれます。
バラバラだった3兄弟も旅が進むにつれて、
いろいろな事が起こってしまい、
徐々にまとまっていくのが見えるんです。
この工程がいいんですよね。
やっぱり、兄弟は、こうなりますよね。

列車に乗り遅れそうになる次男が走るシーンは面白いですね。
スローモーションになるのがいいですよね。
可哀想に前を走っていたオジサンは…。

3兄弟が旅する列車の車内は凄い事になってますね。
もうごちゃごちゃ。
こういう列車って実際にあるんだろうなぁと思ってしますね。

この列車、いろいろとサービスがあるみたいですね。
ライムのサービスでは、額に何か付けられてましたね。
これは、一体、何なんでしょうか?
見た事がありますが、改めて見て、何だろうなぁと思いますね。

車内は禁煙らしく、3兄弟とも喫煙家。
3人揃って、仲良く、煙草を捨てるシーンも良かったですね。
子供みたいで。

長男が凄い格好していましたね。
よく無事だったと思いますよ。
事故に遭った事で、長男は2人が恋しくなったそうで。
確かに、長男のような状態になったら、
そう思っても当然ですよね。

3兄弟とも薬を常備しているみたいで、なんか面白いですね。
皆、どこかしら弱ってるんですね。
健康体の人がいそうにもいないですね。

長男は仕切り屋ですね。
こんな事まで仕切りますか…って感じです。
いくらなんでも、
ちょっとやり過ぎなような気がするんですけどね。

三男は小説を書いてるみたいなんですね。
その小説を次男が読むんですが…。
なんか、このシーンに次男の性格が表れてますよね。
ちょっと面白かった。

三男は客室乗務員の女性に気があるようで、
ある作戦に出たのですが…。
三男、やりますなぁ。賢いですね。
しかし、三男の電話で聞いてるのが…ってのがなぁ。
気になるけど、ここまでするのは違うかもしれないですよね。

長男が2人のあるモノを預かる事に。
しかし、三男は反発。
これは、ちょっと悲しいですね。まだ信用されてないなんて。

次男には、ちょっと問題があるみたいなんですよね。
嬉しい事だと思うんですけどね。
状況が状況だから、ちょっと複雑かもしれないですね。
でも、これで、どうにかなりそうですよね。

客室乗務員の女性がお茶のサービスに来たんですが、
これは、強制的なんですね。
たぶん、三男と話をする口実なんでしょうけど、
次男は、ちょっと危ないよね。
その次男にトラブル発生しましたね。
それを聞いた車掌さんの対応が凄かったです。
こんなんで、どうやるの?って思いました。
ぜひ、その時の映像が見たかったですね。

列車が止まってしまい、何事か?と思ったら…。
ちょっと信じられない事が起きましたね。
こんな事って、実際にあるんでしょうかね?

長男から、この旅の本当の目的が知らされましたね。
次男と三男は複雑だったみたいで…。

車内に戻り、長男と次男が喧嘩。
そして、それを三男が…。
このシーン、面白かったですね。
しかし、このおかげで、3兄弟は…。
人に迷惑を掛けたんですから、
こうなってもしょうがないですよね。

3兄弟でのキャンプ・ファイアーのシーンは
短かったですけど、
この時に、3兄弟がまとまったように見えて良かったですね。

3兄弟が川沿いを歩いていると、
川をいかだで渡ろうとする子供達がいたのですが…。
3兄弟、頑張りましたね。でも、頑張ったんですけど…。
ちょっと悲しい結果になってしまいましたね…。

子供達の住む村で過ごす3兄弟。
言葉が通じないので、居心地悪そうでしたけど、
周りの人達は良さそうでしたね。

3兄弟が村から出ようとしたのですが…。
このシーン、スローモーションになって、
ちょっと幻想的なシーンでしたね。
皆、白の衣裳を着て。
綺麗なシーンでもありました。

3兄弟は父親の葬式当日の事を思い出したみたいですね。
最初、何のシーンだか分かりませんでした。
次男は、どうしても、ある事をしたかったみたいですね。
この時は、3兄弟まとまっていたんですね。
この後、絶交しちゃったんですね。

いよいよ本当に村を出て行く事になったのですが、
人々が集まってきましたね。
3兄弟はバスに乗って帰ろうとするんですが、
最初、皆、バスに乗る為に
集まっているんだと思ったんですが…。
これは、もう鳥肌もんのシーンでした。
いいシーンですよね。
言葉が分からなくても通じ合うものがあったって事ですよね。

飛行機で帰る前に、身なりを整える3兄弟。
長男が三男から、あるモノを借りて…。
これは凄かったですね。
いやぁ、ここまで…とは思ってもいませんでした。
かなりショックなシーンでしたね。
次男、三男の顔がとても悲しそうで印象に残りました。
やっぱり、こんなの見せられたら、こうなりますよね。

3兄弟、すっかりインドに慣れてしまったようですね。
次男は、あるモノ(?)が好きだとか言ってるし。
皆で、ちゃんとお祈りしてるし。

飛行機に搭乗しようとした3兄弟なんですが…。
あれ?どうしたんだろう?と思いましたね。
皆でバイクに乗り、着いた所は…。
そうでしたね。目的果たしてなかったんですよね。
ここで、3兄弟は、ある人に会わないといけないんですよね。
3兄弟でバイクに乗るシーンも良かったですね。
仲の良さが出ていて。
ある人と会った3兄弟は、どうだったんでしょうね?
3兄弟の顔からすると、会って良かったみたいですよね。

俺にとっては、とても和み系の映画でした。
最初の方にも書きましたが、
兄弟って、家族っていいなぁと実感させられます。
絶交したって、兄弟は兄弟、家族は家族なんですよね。
そんな絆も見る事が出来た映画でした。
この映画は、また時間を置いて見たいもんです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/11/04/3876070/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。