映画・DVD「サイン・オブ・デス」2008/11/09 02:21

ペストを使用したと思われる殺人事件を捜査する刑事の物語。

謎の印が書かれたドアが何軒もあり、警察に苦情が入っていた。
同じ時に、意味不明の広告も発表されていた。
謎の印について調べていた刑事は、
意味不明の広告について調べていた元教授と出会い、
謎の印がペスト除けのまじないと知る。
謎の印が書かれていないドアが発見され、その部屋に入ると…。

この事件は、ちょっと恐いですね。
犠牲者はペストで殺されたと思われたんですからね。
広告もペストが再来するとか言ってるし。
目に見えないモノで…ってのが恐いですよね。
防ぎようにも、どうすればいいのか分からないし。

主人公の刑事の相棒の人は、ちょっと可哀想でしたね。
同じような事になったら、俺も同じ反応するだろうなぁ…。
主人公が相棒を心配させない為に言った事が印象に残りましたね。
やっぱり相棒なんだなぁ。

主人公の刑事の行動がちょっとおかしいんですよね。
部屋から出て行った恋人の事が気になってるのは
分かるんだけど、それなりの行動しないと…。
戻ってきて欲しいと思っていながら、あんな事してるしね。
本当に馬鹿な奴だよね。

主人公と元教授のコンビもなかなか良かったですよね。
合わないようでいて、合ってる感じがして。
もうちょっと一緒に行動して欲しかったです。

どうして、犠牲者は殺されたのか?
全然分からなかったんですが、やっぱり捜査続けるもんですね。
どこで、どういう情報が入るかって分からんもんです。
主人公は、ある写真を見て、ピンと来て、
そこからある人に辿り着きましたからね。
でも、本当に犯人?と思っていたら、まだ先があったんですよね。
こういう事になっているとは考えてもいませんでしたよ。

遺体の解剖シーンがちょっとグロかったなぁ。
これは食事時には見れないね。
あと、あるシーンで、ボカシもあるんですよね。
まぁ、見えなくていいんだけど、こういうのって気になりますね。

ペストの事が報道されてしまって、パニック状態になりましたね。
ドアに印してる人もいるし、マスクしてる人も。
マスクは効果あるんですかね?
ノミで刺されたって事になってるのに。どうなんでしょ?

別に広告の人が事件を起した訳じゃないのに、
あんな事をされてしまうなんて…。
ちゃんと考えれば分かるもんなのに…。
人間って恐いもんだね。広告の人、可哀想だったな。

主人公は、ドアにまじないを書いた人物を追跡するんですが…。
なんだかなぁ…。もうちょっと頑張れなかったのかなぁ…。
それにしても、通報した人の行動力は凄かったですね。
関心しました。

主人公は、ある事から、ある人物を犯人と決めました。
これだけでは、どうなんだろう?と思ったんですけど。
追跡シーンは、不思議とあまりハラハラしなかったなぁ。
何でハラハラしなかったんだろ?

元教授は、しっかりしてましたね。よく勘付いたよなぁ。
普通の人なら、さらっと聞き流してしまう所を察したからね。

犯人の動機の1つは酷いもんでしたね。
それまでが大変だったからって事なんでしょうが、
これは、本当に酷いもんです。
あの人が可哀想だよね…。泣いてたもんなぁ…。

もう1つの動機は、これは理由が理由だからなぁ。
あんな事があったんだから、こういう気持ちになると思うけど、
実際にやってはいけないよね。でも、悔しいんだろうな。
主人公のある人に対する言葉は、なんか優しさを感じた。
たぶん、現実は、違うんだろうけど。

ラストは、主人公もやりましたね。
成功するんですかね?どうなんですかね?

なかなか楽しめました。ダレる事もありませんでしたし。
ずーっと、いろいろと考えながら見る事が出来ました。
犯人の犯行時の映像が無かったので、
実際にどうやったのかが見れなかったのが残念でした。
あの人に、本当に、こんな事が出来たんですかね?
ちょっと、この点が気になりました。