映画・DVD「デスパレート」2008/11/15 08:46

出会い系サイトで知り合った男が殺され、犯人と疑われる女性作家の物語。

夫が構ってくれなく、寂しい思いをする主人公の恋愛小説家の女は、
出会い系サイトで知り合った男とメール交換し、会う約束をする。
彼の家に訪ねると応答が無いので、家に入ると、男が殺されていた。
主人公の女は、急いで逃げてしまい、犯人と疑われてしまうのですが…。

何で、このタイトルなんですかね?
もしかして、あの人気ドラマに便乗する為とか?
でも、内容が全然違うだろうしなぁ。ちょっと無理あるよね。

ちょっと驚いたのが初めて会う男の家に行くって事なんですよね。
どんな人か直接会ってないのに、大丈夫なのか?と。
直接、家に行くって事がもうやる気満々と思えるよね。
でも、相手は殺されていた…。
それで、すぐ逃げちゃったのがまずかったですよね。
逃げたところを目撃した人もいたらしく、
警察にもばれちゃったし。

夫にも警察が来て、ばれちゃいましたよね。そして、1人娘にも。
主人公は浮気じゃないって言っているけど、
相手の男の家に行くという事は、浮気するつもりだったって事だし。
言い訳は通用しないと思ったんですが、1人娘は違ったようですね。

夫が襲われて、主人公が疑われる事に。
夫が犯人だと思っていたんですが、
それなのに襲われてしまったので、
犯人が誰なのか分からなくなってしまいました…。

主人公の友人がネットで事件を調べてくれているんですが、
この方法は良いんですかね?
ネットって、正しい事もあるかもしれないけど、
間違った事や嘘もありますよね?
どうやって判断するんだろう?
というか、そういう情報ってネットにあるもんなんですかね?

主人公、事件について調べる気、全く無いんですね。
友人に任せっきり。なんだかなぁ…。
呑気にプールで泳いでる場合じゃないと思うんだけどなぁ…。
そんな事をしてる間に…。

主人公の前に犯人が現れるんですが、予想していなかった人でした。
確かに出ていたけど、何で、この人が?って思ったら、
犯行動機がとても酷いもんでした…。
我慢の限界だったんですね。
でも、こんな事で自分の人生狂わせる方が嫌だと思うんだけどなぁ…。

犯人に襲われそうになる主人公。
タイミング良く、ある人が来てくれましたね。
でも、そんな事してる場合かよって時に…。
しかし、これまたタイミング良く、次の人も来てくれましたね。
なんか都合良過ぎだよね。
しかも、ここまでしなくていいのに…。
普通、違うじゃないのかなぁ。

この後の1人娘の「誰か説明してくれる」という言葉に、
ムカっと来ました。なんで偉そうに言うかなぁ。
こういう話の時に、誰かしら、「説明してくれる」とか言いますが、
本当に偉そうに言うんですよね。
あまり好きじゃない台詞です。

冒頭のシーンも犯人によるモノだったらしいんですが、
こんな偶然ってありますかね?
本当に都合良過ぎだよね。

こんな結末でいいんですかね。
なんだか主人公だけ…って感じで、ちょっと嫌な気分になりました。
主人公の周りの人達が可哀想でしたね。
主人公は自分が何をしたのか分かってるのかな?
たぶん、分かってないんだろうなぁ…。おめでたい人ですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/11/15/3928852/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。