映画・DVD「ビハインド」2008/11/21 00:20

沼に落ちた事によって、見えないモノが見えてしまった女の物語。

クラブで働く主人公の女はブツを盗んだ事がばれてしまい、
男に暴力を振るわれ、沼に落ちてしまう。
主人公は助かり、病院にいた。
しかし、そこで、主人公は次々と奇妙なモノを見てしまい…。

最初の方の主人公の女が男に暴力を振るわれるシーンは、
凄かったですね。ここまで女性に対してするか?と思うほど。
よっぽど憎たらしかったんでしょうね。
女は最終的には沼に落ちてしまうんですが、
男はほっときましたよね?
ほっといたという事は男は
主人公を殺すつもりだったんですかね?
そうじゃなきゃ、沼に落ちてる主人公をほっときませんよね?
ちょっと、なんか違和感ありましたね。

主人公が病院のトイレで…をするシーンは、
ちょっと恐かったな。
で、現実なのか?幻覚なのか?分からなかったですね。
主人公が正常だったら、話は別だったんですけどね。

病院内で、主人公は小さい男の子の代わりに
コップを水に注ごうとするんですが…。
これ、一体、何だったんでしょうか?
あまりよく分からなかったけど。
ちょっとビックリした。
小さな男の子が可愛かったですね。行動も。

主人公は、ある事をしようとしていたんですが、
副院長の人の説得に応じましたね。
これ、されたら、たぶん、止める人多くなりますよね。
でも、世の中にはいるんですよね。ちょっと悲しいですね。

主人公には、ある人が見えるようになってしまい、
この人が普通に登場すればいいのに、迫ってくるんですよね。
これは、逆効果だと思うんだけどな。
我慢できなくなった主人公は、ある行動にでるんですけど…。
こんな状態になった主人公がちょっと可哀想でしたね。
巻き沿い食ったんですからね。

主人公の友達が電話で悪い冗談を言いましたよね。
これは、もし自分がこんな事言われたら、絶対驚くだろうな。
もしかして、これがこの映画のタイトルになったのかな?
まさか、そんな事無いよね?

主人公は、何をすべきか分かり、調べる事になりましたね。
見えてしまった人の祖父母に会いに行きましたね。
その時に、庭の木に水を掛けるんですが、
これは主人公の優しさでしたね。主人公、賢いですね。

主人公、自分の部屋で危ない目に遭いましたね。
でも、これは主人公もちょっと悪いよね。ある事してないし。
どうなるんだろう…と思って見ていたら…。
これは自業自得ですよね。
主人公、いろんな意味で、よく大丈夫だったよね。
警察も信じたって事ですよね。

タイでの言い慣わしなんでしょうか?
あるモノ(?)がお守りになるなんて…。
ちょっと考えられないですよね、これは。
主人公は、ある場所で、そのあるモノを見つけるんですよね。
本当に、こんな事していたら、恐いですね。

主人公は、ある人に辿り着きましたが、
この人、恐い目に遭ってましたね。
こうなる事が分かっていたら、いろいろとやっていたんですね。
それをどうにかしたのが偶然にも…って事だったとはね。
辿り着いた後のこの人、あっけなかったね。
事件の真相が分かりましたが、本当に酷い事していたね。
これじゃ、出てくるよね。

警察が捜査して、ある人物に辿り着こうとしたら…。
こんな事になるんだったら、何もしなければ良かったのにね。
馬鹿な人ですね。他の人達が可哀想…。

一件落着かと思われたら…。まだ続きがありました。
こうなっていたとはね…。
主人公が辿り着いたある人と繋がっていたからね。

主人公、最後に危ない目に遭うんですが、
何故、そっちに行く?という行動をするんですよ。
自ら、危険な方に行ってましたね。
しかし、ここは、定番の展開になってましたよね。
でも、決着の仕方がなぁ…。
何で、こんなのあるの?って思ったのは俺だけでしょうか…。

ラストは、「えっ?」と思い、何だったのか分からず、
見直してしまいました…。
これは、ちょっと凄いですね。予想してなかったです。
という事は、あの人も…って事だったんですよね。
ちょっと恐いかも…。

思っていたよりも恐くなかったですが、
主人公がちょっと可哀想でしたね。
どうにかして欲しいなら、こういうやり方じゃなくて、
もっと違う方法もあっただろうに。
それに気付くまでの主人公が特に可哀想でした。
ホント、関係なかったのに巻き込まれて大変でしたよね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/11/21/3966735/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。