映画・DVD「ザ・スコーピオン キング・オブ・リングス」2009/01/06 00:29

闇格闘技をする事になってしまった元ムエタイ選手の男の物語。

ムエタイの選手だった主人公の男は、
ある事をしてしまい、ムエタイを止める事になってしまう。
主人公は、ある男から闇格闘技に誘われ、
誘いを受けるのですが…。

最初の方の主人公の行動には、
「どうかなぁ…」と思ってしまいますね。
やっぱり暴力はいけない。
リングの上だったら別かもしれませんが…。
でも、主人公も可哀想ですよね。
正当防衛とも思えるようにも見えるんだけど。

主人公はクラブで知り合った女と
昼に会う約束をするんですが…。
これは、やっちゃいけないよね。
「主人公、何やってんだよぉ」って思いましたよ。

主人公は、クラブのオーナーから闇格闘技に誘われるんですが、
最初は、あまり乗り気は無かったみたいなんですよね。
それがある事にきっかけに…。
このある事が主人公には、相当ショックだったようで。
俺もこんな事されたら、ショックですね。
やっぱり、「いいなぁ…」と思っていたなら、尚更。

主人公は闇格闘技で勝ち続け、そして、ある事もし続けて。
「諦め悪いなぁ…」と思いましたね。
でも、最初の方の主人公の言葉を思い出すと、
こういう行動に出てもしょうがないのかなぁ…。

「あれ?もしかして…?」
某有名格闘家が出てきました。
本物です。
パッケージにはデカデカと載っていたので、
「どういう事なのかなぁ…」と思っていたんですが、
ちゃんと出演していたんですね。
しかも、ちょい役ではありません。
主人公と試合するとかしないとか。
「たぶん、この某格闘家は、演技なんてしないだろう」
と思い、この後は出ないだろうと決め付けてました。

クラブのオーナーを取材する
ジャーナリストの女がいるんですが、この人が主人公に…。
主人公も何を考えてるのか、流れるままに…。
この後、主人公、どうするんだろう?
ジャーナリストの女も…って事?

クラブのオーナーを取材するジャーナリストの女には、
ある秘密がありましたね。
「こんな簡単に…?」って思ってしまいましたね。
しかし、凄い事するなぁ…。

主人公、相変わらず、ある事をし続けてましたね。
どうしたいんだろう?主人公は。
このままの状態では何も変わりそうもないのに。
一歩踏み出さないと。

クラブのオーナーから主人公は、ある事を頼まれます。
主人公は、その事を…。
これは、当然ですよね。
しかし、だからと言って、主人公、また、あんな事するのは、
どうかと思うんだけどなぁ…。
ちゃんと考えてるのかな?

主人公は、クラブで会った女と話をする事に。
こうなると、流れは決まった方向に行きますよね。
予想通りの展開になってくれました。

ジャーナリストの女は、クラブのオーナーに呼ばれました。
ある準備をして、クラブのオーナーに会うんですが、
そろそろ危ないって感じてたのかなぁ。
だったら、違う行動に出ればいいのに…。

クラブで会った女は、ある仕事を辞める事を決意。
しかし、仕事を辞めさせたくなかった、ある男は…。
これは卑怯ですよね。
この後、クラブで会った女は急いである場所に行くのですが…。
このシーンは、ハラハラしましたね。

主人公とジャーナリストの女の関係にある変化が…。
やっぱり、こうなりますよね。
主人公、ちょっと酷い奴だね。
利用していたって事になるし。
ジャーナリストの女が可哀想…。

「あれ?演技するの?」
某有名格闘家が主人公と試合する事になってしまいました。
どんな試合になるんだろうと思ったら…。
この展開は、どうなんだろう…。
どう見ても…って思うんだけどなぁ。

主人公が試合をしている時間に、
クラブで会った女もある行動に出ようとしていましたね。
しかし、やっぱり…という展開に。
ちょっと冷静さが失われてたよね。
「もう少し考えて行動すれば…」って思いましたね。

試合中の主人公に、知り合いが来て、
クラブで会った女が危ない事を知らせるんです。
そして、主人公は、某有名格闘家に、ある事を頼むんです。
これは、思ってもいなかった展開になり、
驚いてしまいました…。
いやぁ、こうなるかなぁ…。

クラブで会った女がある人に攻撃するんですが、
これは凄いですね。効きますね。
俺もやられたら、やだなぁ。

主人公はクラブで会った女の元に。
その後に…。
このタイミングが違うような気がするんですよね。
確か、主人公が試合会場から出る時に…ですよね?
だったら、もっと早いような気がするんだけど…。

ラストに、ある事が起こっていた事が分かるんですが、
これは、ちょっと酷いもんですね。
本当に、可哀想過ぎますよ。
救われないなぁ…。

なんといっても某有名格闘家が出演している事が凄いですね。
でも、パッケージにデカデカと載せるのは反則かも。
それに比べて、主人公は…。
強いんですけどね。性格がちょっと…。
試合シーンは、そんなにハラハラしませんでした。
最後の試合は、ちょっとしましたが。
この映画の売りは、某有名格闘家の演技でしょうね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/01/06/4044288/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。