映画・DVD「バンディダス」2009/01/16 01:07

人々を守ろうとする農場主の娘と銀行主の娘の物語。

メキシコに鉄道が作られる事となり、
アメリカの銀行の手先は、たった少しのお金で
次々と土地を買収していった。
それぞれの親を殺され、痛めつけられた
農場主の娘と銀行主の娘は、銀行を襲い、金を奪うのですが…。

あれ?どうして、銀行を襲う事になったのか忘れました。
主人公は農場主の娘と銀行主の娘で、
最初2人は全く合いませんでしたが、
ある事をきっかけに相棒となるんです。
この時のシーンが本当に良かったなぁ。友情ですなぁ。
片方は、友情とは言いませんでしたけどね。

冒頭では、科学捜査を行い、
どれだけ確信に迫れるかを見せていましたね。
このシーン、ちょっと面白かったです。

農場主の娘が銀行主に話をしに行くんですが、
会えず、帰ろうと馬の所に戻ると、変な男が…。
見るからに気持ち悪いこいつを農場の娘は…。
これは、カッコ良かったです。いいですねぇ。

アメリカの銀行の手下の男が気持ち悪かったですね。
長髪で、全然似合ってない。
土地をあんな金額で買うのは違法ですよね?
本当に汚いね。

農場主の娘は馬を使って、銀行主の豪邸に侵入するんですが、
この時の馬が利口なんですよね。
ちゃんと言う事を聞くんですね。
馬と農場主の娘がゲームをして遊んでいるシーンもいいですよね。

銀行主の豪邸で、銀行主の娘と農場主の娘が擦れ違うんですが、
このシーンもちょっと面白かったですね。
今にも何かやりそうな気配だったんですが…残念。

銀行主の娘は男に追い掛けられるんですが、そこに馬が登場。
何かしてくれるのかなぁ…と思ったら、
ちゃんとやってくれました。
これは、ちょっとオーバーですが、これはこれで面白いですね。

銀行主の娘は、自分の銀行を襲おうと、銃を持つんですが、
ここで、彼女の性格が出てしまいましたね。
こういう人いるんですかね?
こうなると、大変ですね。体力も使いそうだし。疲れそう。

銀行主の娘が銀行に入ると、そこには先客が…。
この後のちょっとしたやり取りが面白かったです。

農場主の娘と銀行主の娘は、教会で喧嘩になります。
キャットファイトですね。
これは、面白かったけど、結構2人ともやりますね。

農場主の娘と銀行主の娘は、ある男に助けを求めるのですが、
男は断り、馬に乗って立ち去ろうとするのですが、
これは、凄いですよね。だって、自分の馬じゃないのにねぇ。

農場主の娘と銀行主の娘は訓練を受けるんですが、
農場主の娘は銃の腕がいいですね。
それに比べて、銀行主の娘は、もう少しで危ない事に…。
謝ってたよね、これ、ちょっと面白かった。
しかし、違う武器ならば、凄い腕ですよね。
何で、この武器なら銃を持った時のように
ならないんだろうね?

農場主の娘と銀行主の娘は、
ある訓練から相棒となるんですが、
この訓練がちょっと過酷では?
ちょっと間違えれば、危ないですよね。
銀行主の娘がカッコ良かったですね。

夜、農場主の娘が先に寝ていて、
銀行主の娘が寝ようとする時に、ある事をするんです。
もう、これは友情だよなぁ…と思ったら…。
このシーンは、なんだかとても良かったです。

農場主の娘と銀行主の娘は、
「何故、訓練したのか?」と男に聞きます。
その質問に対する男の答えが
「なんかいいなぁ」と思いました。

冒頭で科学捜査を見せた男がある事を調査。
この後、この科学捜査の男は
農場主の娘と銀行主の娘に脅されるんですよね。
この脅すシーン、面白かったです。

農場主の娘と銀行主の娘は、科学捜査の男に対して、
脅していたのが、ちょっと違う展開になっちゃいましたね。
この時の2人の競い合いがまた面白かったですね。
科学捜査の男の表情もさすがに変わっちゃいましたね。

農場主の娘と銀行主の娘は、
アメリカの銀行の手下達に包囲されてしまうのですが、
ある方法で脱出に成功するんです。
この方法が、実に賢いなぁ。俺だったら、思いつかないです。

農場主の娘と銀行主の娘は、
科学捜査の男にあるモノを見せます。
これによって、科学捜査の男が仲間に入っちゃうんですよね。
科学捜査の男がいろいろするのも見ていて面白かった。
アクション映画なのに、ちょっとした推理もあるみたいですね。
映画を見ている人達には全部分かってるんですけどね。

農場主の娘と銀行主の娘が有名になってしまったので、
銀行強盗の作戦が変更。
科学捜査の男と農場主の娘が夫婦となり、銀行に潜入する作戦。
この時の農場主の娘がこれを言い事にやりたい放題でしたね。
これを見た銀行主の娘がちょっと面白かったですね。
この態度からすると、銀行主の娘は…って事だよね。

銀行に潜入するまでは良かったけど、
後は、前のままですね…。
ここで、馬がまた活躍してましたね。
こんな事も出来るんだ…と関心しました。
いろいろと訓練してるんだろうなぁ。
馬も大変ですね。

銀行からの脱出方法がとても大胆でしたね。
これは、脱出って言えるのかなぁ…。

次の銀行では、銀行主の娘が妻役。
ここぞとばかりに、やってましたね。
これは、ちょっとやり過ぎだよねぇ…。

仕切り直して、夜の銀行に潜入。
ここでも馬が活躍なんですが、馬によってハラハラする事も。
科学捜査の男、ギリギリでしたね。
よく持ちこらえた。

警報装置を突破するために、銀行主の娘が頑張りましたね。
あるハプニングが起こった後の
銀行主の娘の顔、髪が面白かったです。

金を持って逃げようとする銀行主の娘なんですが、
これは重量挙げですか?
ここまでして、するのは、
ちょっとマズイんじゃないかなぁ…と思ったら…。

農場主の娘、銀行主の娘、科学捜査の男は捕まってしまい、
処刑される事になるんですが…。
このシーンは、ちょっとビックリしたけど、いいですね。
ちょっと感動…。

あるモノが列車で運ばれる事を知った3人は、
その列車に潜入する事に。
この列車には、あの人も乗ってましたね。
ここで、新たな事実が発覚するんです。
てっきり、この人が…って思ったんですが、違っていたみたい。

列車に乗っていた、ある人は、可哀想な結果になりましたね。
この人、この後、どうなったんだろう…。

ある車両が切り離されて、別の方向に…。
この時に、ある人が切り離された車両を別方向にするんですが、
この人、先回りしていたって事ですかね?
馬に乗るような人に見えないんだけど、
どうやって、ここまで来たんだろう…。

車内で、アメリカの銀行の手先と対決。
このシーンは、ごちゃごちゃしていて、
ちょっと分かりにくいですね。
人の動きはスローなのに、カメラの動きは普通。
なんか違和感。
もう少し分かりやすくして欲しかったなぁ。
人も多過ぎだったよね…。

あるモノがある車両でのシーンは、あの人が可哀想な目に。
しかし、この人、運がいいですよね。
無事だったみたいだし。
あの状態で何も無かったのは凄いよね、本当に。

アメリカの銀行の手下がある方法で逃げるんですが、
これって一体…?
とてもタイミングが良過ぎますよね。
でも、こうなると、あの人の特技で…。
アメリカの銀行の手下が間抜けでしたね。

農場主の娘と銀行主の娘がアメリカの銀行の手下の側に。
2人でどうするか決めようとするのですが、
その前に、アメリカの銀行の手下が…。
ここで、あの人がやってくれましたね。これまたカッコイイ。

科学捜査の男の最後は、こうなりましたか。
これが一番良かったのかもね。

農場主の娘が言った事が気になりますね。
いくらなんでも、上手くいくとは思えないなぁ。
メキシコだから出来たような気がするんだけど。
皆、ちょっと協力的だったからね。

あまり考えずに見る事が出来るのがいいですね。
笑えるシーンも結構あって、楽しかったです。
農場主の娘と銀行主の娘のやり取りとか
競い合いとかも面白かったですね。
こういう単純なのがいいですね。
複雑だと訳が分からなくなる事もあるので。
この映画は、何度見ても楽しめそうです。
また、機会があったら見ようかな。