映画・DVD「コーザ・ノストラ」2009/01/20 23:45

犯罪組織の一員となった男の物語。

車泥棒をしていた主人公の男は、
ある日、犯罪集団の一員になる。
主人公は、命令に従い、様々な任務を遂行したり、
建設会社を作り、金を儲けたりした。
主人公は、ある男と出会い、親しくなる。
その男から主人公は犯罪集団のボスの暗殺に誘われるのだが…。

犯罪集団には掟があるんですね。
でも、彼らが平気でやってそうな事なんですよね。
「本当に守られてるんだろうか?」って思っちゃいますね。

主人公には、恋人がいるんですが、
この人、主人公の事を知っていて…なんですかね?
もっと良い人と…できそうなのに。

最初の方に、主人公は上からの命令で、
ある男を殺すんですが、この動機がちょっとねぇ…。
掟に逆らわないためにした事なんだろうか。

主人公は、一員になったので、恋人と結婚。
逆に危なくないですかね?
彼女を危険な目に遭わせる事にならないんですかね?
あっ、掟があるのか…でも…ねぇ。

主人公には夢があって、それが建設会社を作り、
ビルを建てること。
組織の力もあってか繁盛してるみたいで、凄いですね。
一員辞めて、こっちだけにすればいいのになぁ。

主人公の妻には弟がいるんですが、この弟が問題児。
結婚式の会場に入る前に、あんな事してるし、
警察の世話にもなってるし…。
でも、一番マズイ事が
いろいろとしゃべりまくってる事みたいで…。
弟は主人公と同じ世界の人だったんですね。
これは自業自得かも…。

主人公、ある店に入り、主人にある事を言うんですが、
これって、無茶苦茶じゃないですか…。
こんな事って「有り」なんですかね?
この後の様子からすると「有り」なんですね。
店の主人は、もしかして…。

主人公は、ある男と親しくなるんですが、
まさか、この男があぁなるとはねぇ…。

主人公は、ある男の殺しを命令されたんですが、
この男がちょっと変わってましたね。
彼が言っている事以外の意味もありそうですよね?
無いのかなぁ、ありそうなんだけど。

主人公は土地を譲ってもらい、家族をそこに住ます事に。
奥さん、夢が叶って嬉しそうだけど、
ちょっと危なっかしいなぁ。でも、楽しそう。
この後の小屋のシーンがちょっと面白かったですね。

主人公は、ある事で掟を破ってしまい、
裁判にかけられるんですが、
この時の主人公が凄かったですね。
こんな事するのは勇気がいりますね。
もしかしたら、危なくなるかもしれないのに。
立派だと思いました。

FBIがある電話を盗聴して、
主人公と親しくなった男の手下が逮捕。
これによって、組織が危なくなってしまい、
ここからあまり良くない方向になってしまうんですよね。

主人公と親しくなった男はボスの暗殺を決行。
しかし、実際にやったのは違う2人。
この2人の表情が無表情で、冷静なんですよね。
立ち去るのも慌てずに…。
早く逃げようとしないなんて、凄いよね。

主人公と親しくなった男がボスとなり、主人公は相談役。
しかし、ある出来事が起こってしまい…。
これは酷かったですね。
主人公も危なかったって事なんですよね。
マフィアとして、これは、どうなんだろう…。

女子トイレで話し合いするシーンがあるんですが、
このちょっと前に、
ちょっと笑ってしまうシーンがあるんです。
いいですね、この人。

ある出来事を起こしたのが、ある団体と分かり、
主人公とボスは、その団体に…。
これによって、両方とも…って事になっちゃった…。
こういう事になってしまうって凄い世界ですね。

ボスは裁判に被告人として出廷する事になるんですが、
この裁判も裏でいろいろとやってるみたいで…。
こういうもんなのかなぁ…。
これじゃ、ちゃんと裁かれないですよね。
この為、ボスが有名になってしまって…。
まさか、あのようなモノに載るなんて、
どうなってんですかね…。凄い世の中だ…。

主人公の幼なじみも、またやっちゃうんですよね。
何で、こんな事するんですかね?
どうなるか予想つきそうなのに…。
案の定、幼なじみは…。

後半過ぎた辺りから、どんどん人が殺されてしまうんですよね。
いやぁ、こんなに簡単に人を殺すなんて、やっぱり酷過ぎます。
殺す相手が相手なんですよね…。
「何で?」って思ってしまいます。
こういう世界なのかなぁ…。
信じる者は自分だけって事みたいですね。

ボスが主人公に対して、悪い気持ちを持ってるんですよね。
「一体、どうしちゃったんだ?」って思うんですが、
ボスは主人公が皆に慕われているのが気に入らないんじゃ?
そんな風にも見えたんですよね。

ボスや主人公や仲間が集まる店に、
FBIは盗聴器を仕掛けるんですが、
何で誰も店にいない時があるんですかね?
そういう心配はしないもんなのかなぁ。
店の周りにFBIがいるって事も知っているのに、
集まる場所を変えないのもどうなんだろうなぁ。

主人公は奥さんと2人きりで、結婚記念日のお祝い。
ここで、奥さんが主人公にある事を話すんです。
奥さんの気持ち分かるような気がするなぁ。
やっぱり好きな人がこういう事をしていたら、
奥さんと同じようになりますよね。
しかも、そんなに会えないようですし…。
この時の主人公は強引だったなぁ。
奥さんの気持ち分かってないね。
奥さん、可哀想…。

とうとう主人公とボスが逮捕され、刑務所に。
しかし、ボスがとても楽天的なんですよね。
「大丈夫か?」と思っていたら、なるほどねぇ。
こういう事だったのか…。
ボスには考えがあったんですね。

主人公も考えに考えて、ある行動に出ましたね。
このままでは、マズイですからね。
主人公、やりますね。
ボスは、ここまで考えなかったのかなぁ。

おいおい…というシーンがありましたね。
こういう事は慎重にしないと…。
どうして間違ったんですかね?
FBIだからって事で…だったのかなぁ。

1つ1つの犯罪に対して、陪審員が無罪か有罪かを言うんですが、
このシーンがちょっと面白かったですね。
今までと違って…って事もあるけど、
人々の反応が凄かったですよね。

ラストちょっと前に、主人公と奥さんが話すんですが、
これは当然の結果でしたね。
やっぱり、こういう事を知ったら…。
これも自業自得ですよね。

ラストは主人公のテレビのインタビューシーンでしたね。
「何を言ってるんだ、こいつは」と
思う事も言ってましたけど、
今までやってきた事がやってきた事ですから、
覚悟もあるみたいですね。
この後の主人公は、どんな風に生きていくんでしょうね?
なんか寂しく生きていくように思っちゃいますね。

エンドロール前に、
いろいろと説明が出てくるんですが、
ここで、この映画が事実を基にして製作された事を知りました。
いやぁ、こういう事って実際に起きてるんですね。
恐い恐い…。
しかし、マフィアとかギャングの世界は大変ですね。
常にいろいろと察しないといけないみたいで疲れそう。
自分の命が狙われてるかもしれないんですからね。
普通の世界でも、ある行動で、
自分の身に危険が…って事になるかもしれないので
行動には注意したいもんですね。

次々といろいろな事が起こるので、飽きませんでした。
人間関係がちょっと複雑かも。
暗殺シーンは、ハラハラ出来ましたね。
最後の方の主人公とボスの…も面白かったです。
また見ても楽しめそうですね。