映画・DVD「ハイランダー 最終戦士」2009/02/21 00:19

不死の民である2人の男の物語。

不死の民であるコナーとダンカンは、いつも一緒だった。
ある日、コナーにある出来事が起きてしまい、行方不明に。
ダンカンはコナーを探すが見つからず、何年か経ってしまう。
ダンカンがある場所を訪れると、ある者達が襲い掛かってきた。
彼らのボスは、何百年も前に、
コナーとの間に、ある事があった男だった…。

不死の民のコナーとダンカン。
ある部分を切らないと死なないようで。
しかも、その時に、ある事が起きるようなんですよね。
とても変わった民ですよね。
人間では無いですよね。
どこから来たんだろう…。

コナーが育ててきた女性が
大変な事になってしまいましたね。
これは、ショックですよね。
どうして、こんな事になったのか?
2人にとっての敵のボスがコナーに対して、
凄い執着心を持っているんですよね。
敵のボス、ちょっと変でしたね。

コナーは、ある場所で隠居(?)生活。
しかし、ある者によって…。
これも酷かったですね。

コナーには何百年も前に、
悲しい出来事が起こっていたんですよね。
彼の目の前で…。
このシーンは、なんか嫌でしたね。
愛を感じだけど、やっぱり嫌でした。

コナーは怒り、ある者を…。
ある者は、こうなったのは仕方なかったかも。
この人は、本来、
コナーの味方でなければいけないんですからね…。

コナーの友人がどうも敵のボスになってるみたいなんですが、
もしかしたら、コナーに向かっていった時に、
今のような状態になってしまったんですかね?
ダンカンもあの人に、
あんな事して、今の状態にしてましたからね。

コナーが「悪魔」と呼ばれていたのは、
やっぱり不死だからなんですかね?
悪い事をするようには見えないんだけどなぁ。
でも、不死だけで、「悪魔」と言うのもねぇ。
昔の人は、人とちょっと違うだけで、
悪いように言うみたいですからね。
ちょっと悲しいですね。別に迷惑掛けてないのに…。

ダンカンとコナーは、いつも一緒だったようですね。
何百年前の通行料を取っていた悪者を
退治するシーンがあるんですけど、まじめにやってないし。
大男に対して、ダンカンは面白い事してますからね。
でも、これ、やられた方はたまったもんじゃないよね。

ダンカンは、ある場所にやってくるんですが、
確か、10年ぐらい前の出来事だったはずなのに、
こんな状態なんですか…。どうなってんだろ?

ある部屋に入ったダンカンは、また過去を思い出してましたね。
ダンカンは、コナーにいろいろと教わっていたみたいで、
コナーは、「兄弟」とか言ってましたね。

ダンカンの目の前に、敵が何人か登場。
当然、対決シーンとなるんですが、
皇帝に仕えていた男の人は動きが素早かったですね。
この人は凄かったですね。

対決中に、敵のボスが登場し、部下に命令するんですが…。
何で、命令に従わないんですかね?
そんな事するから、可哀想に…。
顔の表情が良かったです。

ダンカンはある所に落ちてしまうんですよね。
これは、衝撃シーンかも…。
しかし、ダンカン、ある人達に助けられるんですよね。
これは運が良いと思ったら…。
こんな事になるとは…。

ある2人に助けられるダンカンは、
彼らから、敵のボスのある情報を知らされるんですよね。
敵のボス、凄いですね。
これでは、ダンカン、コナーじゃ歯が立たないですね。

ダンカン、墓地に行くんですが、
どうして墓地に行ったのか?
ちょっと分からなかった…。
コナーが…って事で、墓地に来たんでしたっけ?

墓地に登場人物が揃いましたね。
ここで、敵のボスの企みが分かるんですが、
この人、本当に凄い執着心を持ってるね。
でも、コナーも敵のボスと同じ思いしてると思うんだけど…。
どう思っていたんだろう…、敵のボスは。

コナーと敵のボス、対決するんですが、
これは、かなり力の差がはっきり見えてましたね。
強そうには見えないんだけどなぁ…。
見た目じゃないって事ですね。

ダンカンには妻がいたんですが、
彼女にある事をしてしまったみたいなんですよね。
これは、ダンカンのワガママからで、
彼女、ショックを受けてましたよね。

ダンカンの下に、あの人が訪れて…。
何で、こんな事になるんだろう?と思ったんですが、
ダンカンも同じだったようで、相手に聞いてましたね。
この答えからすると、相手の人にしか分からないですね。
どうだったんでしょうね?
何か得られたのかな?

皇帝に仕えていた男は、
これから起こる事を予想してましたね。
敵のボスが部下を集めて、食事会。
ちょっと意味深な話をしたかと思ったら…。
これは、ちょっと酷かったですね。
敵のボスは自分だけが良ければいいって感じでしたね。

ダンカン、強制的に、ある人と戦う事に。
これは、切ない戦いでしたね。
相手の言っている事は分かるんですけどね…。
このシーンで、対決にルールがあると分かるんですが、
このルールはいいですよね。
だから、あの人は、「ルール違反」とか言っていたんですね。
なるほどねぇ…。
決着時に、フラッシュバックするんですが、
このシーンで鳥肌が立ってしまいました…。
こんな事になるとはねぇ…。

対決後に、ある所が火事になってましたよね?
大丈夫なんですかね?
こんなに凄い…って事なんですね。

いよいよボスと対決。
やっぱり、ボス強いですね。
しかし、ある所で…。
決着のシーン、ちゃんと見せて欲しかったなぁ。
何で、あんなシーンになっちゃったんだろう?

ラストは、これから寂しくなりそうだなぁ…と思ったら、
サプライズが待ってましたね。
もしかして、これは想像か夢の世界かと思ったんですけどね。
てっきり…だと思ってたからね。

登場人物全員が切ない感じでしたね。
「不死」って良い部分だけじゃなく、
悪い部分もありますね。
取り残されるのって、なんだか悲しくなりそうですね。
だからと言って…ってのもありますけど。
アクションだけじゃなく、
精神的な事もあったりして、本当に切なかったです…。
こんな切ない感じのアクション映画は、久し振りでしたね…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/02/21/4133396/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。