映画・DVD「大統領暗殺」2009/03/01 15:29

大統領銃撃事件に関わった人々の物語。

演説するために、シカゴを訪れた大統領。
デモの人達に待ち構えられて…。
演説が終わり、車に乗り込もうとした大統領に…。
FBI捜査官達は犯人を探すのですが…。

最初の注意は、なんかいいですね。
でも、ここに出てくる大統領って本物に見えるんですが…。
そっくりさんですかね?
それとも過去の映像をどうにかしたとか?
たぶん、分からないのは俺だけなんだろうなぁ…。

冒頭の女性は正当な事を言ってますね。
でも、この女性と同じ国の人は酷い事ってますね。
だったら、来なきゃいいのに…。
この女性、テロの時も泣いたとか言ってましたね。
どうして泣いたんだろう?
ちょっと気になります。

大統領の警備に掛かる費用の額がちょっと出ましたが、
やっぱり凄いですね。
最低12回も確認してるのも大変ですね。
それなのにねぇ…。

大統領がシカゴで演説するために、やって来るんですが、
そこにデモをする人達が待ち構えているんですよね。
かなり凄い事を言ってますよね。
大統領は、よくシカゴに来ようと決断しましたよね。

警備していたのにも関わらず、
ある事件が起きてしまいましたね。
これは、どうして止められなかったんですかね?
記者も警備が甘いって言ってましたね。

デモのリーダー格の人を警察が拘束したんですが、
この人、大統領の予定を知っているそうなんですよね。
どうして、予定を知る事が出来るんですかね?
すぐに拘束を解いたのも、どうして何だろ?
だったら、拘束しなきゃいいのに。
何か理由があったのかな?

デモの人達、歩きながら、
かなり過激な事を言ってましたね。
この言葉は胸に来るなぁ…。

あれ?この髪型…。
この方は本物ですよね?
映像の質も違うし、
この映像に出ているのは本物ですよね?
これ、使っても大丈夫なんですかね?
違う意味で恐い…。

大統領が演説するホテルの周りには凄い人でしたね。
この状態を悪化させないようにするのは本当に大変ですね。
警察官も苦労しますね。

記者が大統領を分析してましたね。
なるほどぉ…。
大統領、賢いですね。

演説は、大きなラケットで、玉をそっと打つ感じにする。
この例え、分かりやすいですね。納得。

演説も終わり、ホテルから出る大統領は
待っている人達と握手をするらしいんですが、
警備主任は止めたらしいんですよね。
確かに、あんな事をあった後ですからね。
でも、大統領はするつもり。
大統領、握手する時は、
必ず、ある事をするらしいんですよね。
これは効果的かもしれませんね。
やっぱり考えてるなぁ。

大統領にストーカーがいるんですね。
ストーカーに気付いた警備の人達、上手くやってましたね。
それによって、気が抜けてしまったのか…。
周りの人達、パニックになってましたね。
確かに、こうなって当然ですよね。
警備主任が悪い予感がしたとか言っていたけど、
だったら、どうにか出来なかったんですかね?

ビルから出てきた男を逮捕。
この男は、あの人でしたね。
大統領に対して言ったコメントがちょっと過激でしたね。

病院に大統領が運び込まれたんですが、
受け入れ態勢が整っていなかったらしいんですよね。
これは一体、どういう事なんですかね?
病院側は何をしていたんだろう?

大統領の事を知ったデモの人達、喜んでましたね。
これは喜んでいいんですかね?
大統領でも1人の人間なのに。
デモの人達にとっては、やっぱり憎むべき者なんですね。

犯人がいたらしき部屋が見つかり、
証拠品も沢山出たようですね。
鑑識官があるモノから
指紋を取るのが難しいと言っていたのが印象に残りました。
思わず、「へぇ~」と言ってました。

犯人がいた部屋があるビルを調べる事になりましたが、
こうなると大変ですね。
ビルですから、沢山の人がいそうですし。

歩いている黒人が警察に逮捕されてしまいましたね。
どうして逮捕されたんだろう?
ちゃんとIDも見せていたのに…。
父親の事と関係あるんですかね?
逮捕されてしまった黒人が
デモについて話すんですが、この意見は正当ですね。
確かにそう思いました。

容疑者の数を聞いて、驚きました…。
こんなにいるんですね。
片っ端から逮捕したように見えますね。

ビルから出てきて逮捕された男が何故ビルに入ったか?
この理由が分かりましたが、
これは今となっては笑えないですね。

警備を突破した人がもう1人いるんですが、
この人は何で、突破したんですかね?
家族の事について話したりするんですが、
ちょっと分からなかったです。
もしかして、自分の身が危ないって思ったから?
違いますよね…。

逮捕された黒人はイラク復員兵だったらしく、
彼らなりの悩みを話してましたね。
確かに、デモの人達から見れば、
そう思われても仕方ないですよね。
国の為にやったのに、なんか複雑ですね…。

ビルの監視カメラに映っていた男を探す事になり、
いろいろと調べた結果、あの人と関係のある男が…。
突然、家に侵入したみたいですね。
逃げられるから?
突入しかなかったんですかね?
普通にしても良かったんじゃ?

カメラに映っていた男は、
動揺もしていなかったらしいんですが、
ある事を知って、同様したようですね。
捜査官が男についての第一印象を話すんですが、
本当ですかね?
ただ、平然としていたから、
そう思ったんじゃないんですかね?

捜査官、上手いですね。
ある事を質問して、
カメラに映っていた男の反応見て、あるモノを出す。
これは逃げられないですよね。
捜査官が言っていた事は正しいですよね。
忘れらない経験のはずですよね。

カメラに映っていた男の国に、
ある協力を求めたんですが…。
これは、どういう事なんですかね?
その国の大統領も国内でも調べるとか言っていたのに。

ある資料を発見し、その資料には、
今回の事件に関わるような事も書いてありましたね。
しかも大統領が承認してるってのが恐いですね。

カメラに映っていた男の新たな事実が発覚。
これは、凄い事になりましたね。
こんなのあるんですかね?
これは絶対、参加したくないですね。
でも、この話には、いろいろとあったみたいなんですよね。
いろいろあった事を聞くと、見方が変わりますね。
同情しちゃいますね。

裁判で判決が出てしまうんですが、
この後に、また新たな事実が発覚するんですよね。
これは意外でしたね。
まさか、こういう事になるとは…。
悲しいもんですね。

鑑識官のコメントに驚きました。
「ちょっと待って下さいよ」と言いたくなりますね。
いやぁ、恐いなぁ。
ちゃんとやって欲しいですね。

ラストの説明には驚きました…。
どうして、何ですかね?
関わっていたから…って事なんですかね?
本人は、もう関わりたくないかもしれないのに。
FBIを辞めて、この映画に出たとかありましたけど、
どういう事ですかね?
この話って事実じゃないですよね?

まるで、ドキュメンタリー番組を見ているような感じでした。
この事件に関わる人達のインタビューがあったり、
当時のニュース映像が流れたり…。
恐い世の中ですね。
こんな事が起こらないで欲しいもんです。
大統領について、
いろいろと分かって、少し勉強にもなりました。
周りの人達は大変ですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/03/01/4146219/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。