映画・DVD「12モンキーズ」2009/03/06 01:37

過去に行き、人類に関わる、ある事を調査する囚人の物語。

主人公は囚人で、彼が生きている時代は地下で生活していた。
科学者達は、主人公を過去へ飛ばし、ある調査を依頼。
主人公は、過去に行き、調査を開始。
しかし、アクシデントに遭ってしまい、
ある所へ連れて行かれてしまい、
調査の邪魔をされてしまうのですが…。

主人公が生きている時代は、
ある事が原因で、地上では暮らせない世界でしたね。
主人公は調査の為に地上に出るんですが、
これが凄い格好でしたね。
最後に着た(?)モノの必要?
これが破けてもアウトなんですかね?
だとしたら、簡単に破けそうで嫌ですね。

地上で主人公は思わぬモノと遭遇してましたね。
主人公、かなり驚いてたね。
あんなに近くにいたら、誰だって驚くか。
しかし、このモノが地上にいるんですから、
人間も大丈夫なんじゃないか?と思うんですけど、
違うんですかね?
建物の上にいたモノは、ちょっとカッコ良かったな。

主人公、特別任務に就き、過去に行って、
こんな世界になった原因を調査する事になるんですが、
過去に着いて、すぐ主人公、やっちゃいましたね。
主人公、いろいろと強いんですね。

主人公がある所に電話をするシーンがあるんですが、
このシーン、ちょっと面白かったですね。
主人公が可哀想でしたけど。

主人公の言動によって、
主人公は、ある所に連れて行かれましたね。
本当は主人公は普通なんですよね?
過去の人達によって、変だと思われる事を言ってるから、
こうなってしまったんですよね。

連れて行かれた所で、
主人公は、1人の青年と出会うんですよね。
この青年を演じてるのが、
ブラッド・ピットなんですが、演技が凄いですね。
顔だけじゃない事が確認できますよね。
所有している椅子についてのシーンも凄かったな。
ベッドを飛び跳ねるシーンは見ていて楽しかった。

主人公、あるモノを発見しましたね。
主人公が生きている時代では珍しいですからね。
それをどうするのかと思ったら…。
この行動を他の人に見られたらマズイですよね。
ますますマズイ状況になりますよね。
でも、主人公がどうにかしようと思う
気持ちが分かる行動でしたね。
主人公、ちゃんと任務を遂行しようとしてるんですよね。

青年が主人公の為に、ある行動をするんですよね。
ちょっとした騒ぎになってしまって、主人公は…。
この騒ぎ、滅茶苦茶でしたね。
いろいろと通り過ぎたりしてたし。
このシーンは、ちょっと面白かったです。

いつの間にか、主人公、元の時代に戻ってましたね。
科学者達から責められてましたが、
これは主人公のせいじゃないですよね。
しかし、どうなると、主人公は元の時代に戻るんですかね?
科学者達が決めるんですかね?
それとも時間制?

主人公がある状態の時に戻されたために、
ちょっとした混乱がありましたよね。
この状態で、元の時代に戻されたら、驚きますよね。

主人公、今度は成功するようにと
また過去に飛ばされましたね。
その前の科学者達とのやり取りのシーンで、
面白いモノが見れましたね。

主人公が飛ばされた先は…。
仲間もいましたね。
この人は、どうして飛ばされたんだろう?
主人公は、どうしてか分かるんですけどね。
しかし、何で、主人公は、こんな格好?
しかも、主人公、運が悪かったですね…。

ようやく、ちゃんとした年に到着した主人公は、
女医と再会し、女医の車である所へ。
ラジオが女医の気持ちを代弁しているのが面白かったです。

ホテルで休憩する主人公と女医なんですが、
女医の格好がちょっと面白かったですね。
確かに、こうしておかないと、マズイですよね。
でも、何かあった時は、どうするつもりだったんだろう。

主人公は夢に出てきた店に入るんですよね。
その店に入ると…。
何ですか?この店は…。
ここで、ある情報を得て、
主人公はある人の会いに行くんですよね。

森の中に車を止めて、
女医にある事をしてもらった主人公は女医を…。
この後に、テレビのシーンがあるんですよね。
「まさか…?」と驚かされました…。

主人公がある人と再会。
スピーチで寝ていたのに、
あんな事を言ってるのがちょっと面白かった。
主人公と会った時のある人の目が恐かった…。
それぞれ違う方向になってるように見えたような気が…。

主人公が車に戻ると…。
この後のシーン、面白かったです。
よっぽど恐かったんでしょうね。

主人公、おかしくなってましたね。
妄想の世界なら…なんて言ったりして。
そんな事を言っていたら…。
これまた驚くよね…。

ベッドに寝ている主人公の掛け布団が可愛かったですね。
これ、ちょっと面白いですね。
主人公を子供のようにあやしてるからかな?

主人公の言っている事が段々と証明されていきましたね。
ひとつひとつ解き明かされて行くのが楽しいですね。
それに対しての反応が面白いんですよね。
特に良かったのは、あの写真。
これは動かぬ証拠ですよね。
この写真自体もちょっと笑えますよね。

12モンキーズが動き出し、
主人公も止めようとするんですが…。
そういう事ですか…。
12モンキーズは…。
そう言えば、あの店にいた人が
関係ありそうな事を言っていましたね。

空港に到着。
これから、どうなるんだろう?と思ったら、
新たな展開がありましたね。
こういう事だったんですね…。
空港でのシーンのラストが悲しかったですね。

飛行機内のシーンで、あの人がいましたね。
という事は…。
この後、どうなったのか想像つきますが、
見てみたいもんですね。

面白かったです。
どうなるんだろう?と考えながら見続けてました。
こういうRPGみたな話はいいですね。
自分も一緒になって行動しているみたいで楽しかったです。
ブラッド・ピットは怪演でしたね。凄かった。
面白い映像もあって、目で楽しませてもらいました。
この映画はまた見たいです。
テリー・ギリアム監督の作品は好きかもしれないです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/03/06/4156325/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。