映画・DVD「スクラップ・ヘブン」2009/03/15 20:17

人の代わりに復讐をする刑事の男とトイレ掃除の男の物語。

ある事件がきっかけで顔見知りになった
刑事の男とトイレ掃除の男は偶然再会し、
人の代わりに復讐をする事を開始する。
2人は次々と復讐を実行するのだが、
刑事の男自身の復讐を実行してしまったために…。

冒頭のトイレのシーンは、
入ってきた人が可哀想でしたね。
でも、人がいただけでもラッキーかも。

主な登場人物3人が出会うのは、
ある事件がきっかけなんですよね。
この事件を起した人がもう狂ってましたね。
3人は、ある事をさせられそうになるんですよね。
自分だけやればいいじゃんね。

薬剤師の女がちょっと不気味でしたね。
あの撮り方はズルイですよね。
いかにも…って見せ方ですから。

この事件の結末もなんだかなぁ…。
こうなるしかなかったんですかね?
別の方法もあったように思えるんですが…。

刑事の男がスカウトの男と目が合ったために…のシーンは、
最初「あれ?」って思いますよね?
「どうなってんだ?」って。
最後からすると、1人1人やるつもりだったんですかね?
刑事の男はやる気ありそうでしたけど。

トイレ掃除の男がスカウトの男に対して…。
そして、スカウトされてる女に対して…。
このシーン、面白かったです。
最後、どうなっちゃうのかな?と思ったら、なるほど。
これは刑事の男、賢かったですね。

刑事の男とトイレ掃除の男は復讐屋(?)を開始。
最初の依頼人は、かなり興奮してましたね。
この理由だったら、許せないですよね。
2人の復讐を実行するんですが、
これって、どうなるんですかね?
体内に…だから、やっぱり…なのかな。

次の依頼は、ちょっと考えてしまうもんでしたね。
でも、この復讐は見ていて、面白かったです。
やっぱり、最後は、こうなりますよね。
安心しました。

刑事の男は薬剤師の女の事が気になっていましたよね。
これは、やっぱり助けられなかったという
気持ちだけじゃないですよね?
彼女の頼みを聞く刑事の男は、ご褒美もらえたんですかね?

刑事の男、ちゃんと考えてないですね。
電話に出て、あんな事、言うなんて…。
その結果、あんな風になっちゃいましたからね。
刑事の男が言った通り、これはイジメですよね。

トイレ掃除の男には父親がいるんですが、
病気になってるみたいでしたね。
入口があのようになってますし。
父親のある姿を見て、トイレ掃除の男は喜ぶんですよね。
これって、トイレ掃除の男の行動に対して、
父親が受け入れたから喜んだんですかね?
それまでは、あるモノを取り合ったりしてましたからね。
でも、あんな事が起こるとは…。
これはショックですよね。
ちょっと考えてみると、変なんですよね。
入口があのようになっているなら…って思うんですけどね。

刑事の男とトイレ掃除の男は、
とうとう大きな事をしてしまうんですよね。
これは、いくらなんでもやり過ぎですよね。
しかし、こうもなるもんなんですかね?
実際には違いますよね、きっと。

刑事の男とトイレ掃除の男に、
あの薬剤師の女が復讐を依頼するんですが、
ターゲットがぶっ飛んでましたね。
ちょっと変わってると思っていたけど、
こういう事を考えているとはね。

薬剤師の女は、あるモノを作っているみたいで、
試してみるんですよね。
その時に、登場する子供がちょっと面白かったです。
なんか偉そうでしたよね。
しかし、あんな事して、アピールするとはね。
笑わせたかったのかな?

刑事の男とトイレ掃除の男の復讐でやった事が
原因となって事件が起きてしまいましたね。
これは恐いですね。
でも、これは被害に遭った方も
いろいろやっていましたからね。
加害者は自分の身を守ろうとして…なんだろうけど…。

ベテラン刑事がどうして分かったのか?が
分からないんですよね。
やっぱり手掛かりがあったんですかね?それとも…?

刑事の男がボコボコにやられるシーンがあるんですが、
これは本当に痛々しかった。
でも、こうなってしまうのも当然な事をしたんですからね。

トイレ掃除の男がビルの屋上である事をするんですよね。
このシーンを見て、決心したのかな?と思ったら、
ある行動に出てましたね。

刑事達がある事件が多発に起きて、慌てるんですが、
もしかして、これをやったのは、皆なんですかね?
それとも、ある人が?
ちょっと、これは変だなぁと思ってしまいましたね。

トイレ掃除の男は、刑事の男に、
ある事を伝えに来たんですよね。
それがたぶん、トイレ掃除の男のあの行動だったんですよね。
やっぱり、こうなりますよね…。

ラストは、「あれ?」という感じでしたね。
あのままで大丈夫なんですかね?
ちょっと気になります。

この映画って、刑事の男とトイレ掃除の男の
友情の物語でもありましたね。
前半では楽しく、後半では…。

オダギリジョーがぶっ飛んでましたね。
凄い演技でした。

知り合いの人から、この映画は…と聞いていたんですが、
そんなに悪くないように思いました。
前半の復讐するシーンは、楽しかったですし、
後半のだんだんと追い詰められるシーンは、
ちょっとハラハラしましたし。
もしかして、この映画よりも…という映画を
見過ぎているから、こう思うんですかね?

コメント

_ 勇気 ― 2009/03/16 04:25

はじめまして。

好き嫌いの分かれる作品ですね。
ありえないと言うか、へっ?と言うところもありますしね。でも自分は大好きな映画です。
李監督は「フラ・ガール」で絶賛されましたが、こちらはあまり好きではありません。出来は悪くても、スクラップの方に何かを貰ったように思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/03/15/4183314/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。