映画・DVD「レッドベルト 傷だらけのファイター」2009/04/04 07:58

柔術の道場主が数々の問題に立ち向かう物語。

柔術の道場を開いてる主人公が指導していると、
女性弁護士が入ってきた。
用件を聞こうとした時に、ある事が起こってしまう…。
ある店に行った主人公は、そこで有名人と知り合い、
主人公にとって良い方向に行くと思われたのですが…。

最初、警官が主人公かと思ったら、全然違ってましたね…。
道場主が主人公。

最初の稽古では、変な事をしてるんですよね。
警官、やる気無さそうに見える。
この状態で戦えって言われてもねぇ。
主人公は、気持ちの問題とか言ってるけど、
そうじゃないと思う…。

女性弁護士がある事をしてしまって、道場の中に。
そして、ちょっとした間違いが起こってしまうんですよね。
これは偶然が重なり合って、こうなったかもしれないけど、
あるモノを置いた人がマズかったかなぁ…。
どうにか出来たんじゃないのかなぁ…。

道場もある問題を抱えていたんですよね。
結構、人がいるようにも見えたんですけどねぇ。
どうなってんだろ?

主人公は、ある店に行くんですが、
そこで、有名人と出会うんですよね。
こんな所に有名人が1人で来るのは危ないんですけどね。
後で、本人がどうして、店に来たのかを
説明するんですが、ちょっと分かるような気がしますね。
いつも誰かといて、普通の事が出来ないですからね。
嫌気があったんだろうね。

主人公は有名人の家に妻と一緒に招待されて、
少しずつ良い方向に行くんですよね。

妻の方も良い事があるんですが、
問題が起きちゃうんですよね。
この件については、これっきりで、
どうなったのか分からないんですよね…。
いくらメインじゃないからって、
中途半端のままにするのは、どうだろう…。

主人公は、ある人にプレゼントをするんですが、
このプレゼントがまた問題を起こすんですよね。
結果がちょっと嫌でしたね。
何があったんだろう…。
本当に…?

女性弁護士にも問題があるんですよね。
そう考えると、あの時のあの反応には納得。
そこで、主人公がレッスンするんですよね。
たぶん、この時、主人公は、
女性弁護士に自分を相手だと思わせましたよね。
そう簡単には治らないけど、
この事で女性弁護士は一歩踏み出せましたよね。

主人公は女性弁護士と一緒に、ある行動に出るんですが…。
こんな風になるんじゃないかなぁ…と思ったんですよね。
でも、あの時の事は、よく考えれば、違うんですけどね。
そうはいかないのかなぁ…。

有名人にも悩みがありましたね。
ずっと気になっていたんでしょうね。
主人公に話す事によって、
少しは気持ちが晴れたようでしたね。
きっと有名人も被害者だったんですよね。

主人公は、ある理由から試合に出る事に。
でも、ここで、主人公は、ある瞬間を見てしまうんですよね。
このある瞬間をしていたのが、
たぶん日本でも有名な人がやっていました…。
最初、どこかで見た事あるような気がしたんですよね。

主人公は、ある事実を公表しようとするんですが…。
何もここでやらなくても…って事が始まりました。

もしかして、日本人選手ですか?
Tシャツにある文字が書いてありました。
主人公に、あるモノを渡してましたが、どうして?

女性弁護士にも、ある事をされてましたね。
克服したって事を見せたかったのかなぁ。

そして、ラストは感動的なシーンとしたかったのかなぁ…。
でも、残念ながら、ジーンともしなかったです…。
それよりも、「これで終わっちゃうの?」
と言う気持ちの方が強かったかも。

ラストに主人公があるモノを受け取ったのは、どうして?
これ、よく分からなかったです。
主人公、何もしてないんですよ。
ある人と戦っただけなのにね。

「傷だらけのファイター」って、主人公の事?
肉体的よりも精神的の「傷」ですよね。

もっと格闘シーンがあるのかと思ったら、
意外と少なかったですね。
ちゃんとしたのって無かったですよね。

ハラハラするシーンが無かったですね。
どちらかというと、イライラかなぁ…。

何で、こういう映画にしちゃったんだろう…。
かなり残念です…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/04/04/4225847/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。