映画・DVD「ブロス・リターンズ ~やつらはふたたび帰ってくる~」2009/05/07 01:12

狙われている娘を助けようとする精神科医の物語。

主人公の精神科医は子供の頃に姉を亡くしていた。
それを止める事が出来たかもしれないと思い、
主人公には忘れられない出来事になっていた。
主人公の母親が亡くなり、主人公は娘を連れて、実家に帰る。
娘は葬式で知り合った少女2人と夜に外に出ると、
ある1人の男が主人公の娘に近付いてきて…。

主人公は子供の頃に姉を亡くしてるんですよね。
それが普通では無いから、厄介ですよね。
しかも、主人公のトラウマになってるし。
そりゃそうだよね?
どうにか出来たかもしれなかったんですからね。

冒頭のシーンは、ちょっと恐かったですね。
何が恐いって、起こった事じゃなくて、
被害に遭った人が…。

主人公には娘がいて、少女2人と親しくなるんですよね。
1人がちょっと変わった能力の持ち主で、
娘は、気持ち悪く思わずに食いつくんですよね。
彼女、変わってますね。

3人でいるところに、男1人が声を掛けるんですが、
こいつが主人公と関係のある奴だったんですよね。
んー、笑顔が気持ち悪い…。

主人公と娘に近付く男が対面。
驚きますよね。
主人公があんな態度をとったのは分かりますが、
娘は分かってないんですよね…。
当然か。

主人公がある夢を見るんですが、
これは、ちょっと問題ありますね。
もしかして、この夢って…?
じゃないとしたら、大問題ですよね。

庭師の男は、この仕事しか無いんですかね?
そこに、あの人が登場して…。
このシーンは、なんか嫌でしたね。
別に悪い事してないのに…。

ある者が復活するシーンは、ちょっと気持ち悪かったですね。
もっと気持ち悪くても良かったような気がしました。

主人公がある人に電話するシーンがあるんですが、
これにはやられましたね。
いやぁ、これも嫌な感じしますね。

冷蔵庫の中に…のシーンは、衝撃的でしたね。
凄かったなぁ…。
ちょっとグロいかな。

警察?保安官の態度に腹が立ちますね。
ちゃんと捜査してくれるのか疑いますね。
明らかに上から目線だよね。

娘の女友達がトイレに行ったシーンは、
ちょっとゾクッとしましたね。
こういう逃げ場の無いようなところで出会うと恐いですね。

ホラー映画の定番シーンもありましたね。
男女が夜の森の中で…。
まぁ、オチもありましたけどね。

お届け物のシーンは、届けた人が気持ち悪かったですね。
物も悪かったけどね。
こんな事があると気が狂いそうですね。

娘の女友達がダムで…のシーンが一番嫌なシーンでしたね。
これは残酷でしたね。
ここまでするとは…。
やっぱり彼女が能力を持っているからなんですかね。
それにしても酷かったです。

ホラー映画でやってはいけない事をしてしまいましたね。
「1人で行動しないこと…」。
やっぱり、こうなりますよね。
でないと、話が進みませんよね。

対決シーンでは、主人公、やってくれましたね。
ここまでしないと駄目なんですね。
相手が電気で感電するのがちょっと変ですよね。

エンドロール後のシーンは、何ですかね?
これ、どういう事なんでしょうか?
参りますね…。

恐いと言うよりも全体的に気持ち悪かったです。
特に、主人公の娘に近付いてくる男。
こいつがいろいろとしないといけないので、
しょうがないのですが、
話し方とか行動とか全身が本当に気持ち悪い。
ホラーという感じは、あまりしませんでしたね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/05/07/4289909/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。