映画・DVD「フィッシャー・キング」2009/06/03 23:39

助けてもらった男を助けようとする元DJの男の物語。

ある事がきっかけで仕事を辞めてしまった元DJの男は、
危ないところをある男に助けてもらう。
その男がある事と関わりがある事を知った元DJの男は、
その男の何かを助けたいと思い、
彼が好意を持つ女性との仲を
どうにかしようとするのですが…。

最初の方で、主人公がある事を言ってしまったために、
あんな事になってしまうんですよね。
これは恐いですね…。
主人公もこうなるとは思っていなかったですよね。
ある事を知った時の主人公の表情が凄かったですね。

風呂に入っている間も、ある事を練習していましたからね。
後にある事が主人公にとって考えてしまう事になるとはね。
別に見なくてもいいのに、見てしまう気持ち、
なんとなく分かるなぁ…。

主人公は付き合ってる女の店で手伝いをしてましたね。
あんな状態ですから手伝いとは言えないけど…。
主人公にアドバイスを求めた女性客はインパクト大でしたね。
主人公が渡したモノを女性客、もしかして…?

主人公、夜の街を歩いていたら、
子供にあるモノを貰いましたね。
主人公、間違えられてる…。
この後の主人公があるモノを持って、
いろいろと言ってるのがちょっと可哀想でしたね。

主人公は、ある場所へ行ってしまった為に、
危険な目に遭ってしまうんですよね。
これは本当に恐いですね。
たぶん、実際にもあるんだろうなぁ…。

危険な目に遭う主人公なんですが、
主人公を助けてくれる人が出てくるんですよね。
ちょっと普通の考えでは無さそうな人なんですが、
もしかして、作戦だったのかな?
最後の決着はカッコ良かったな。

ある事で慌てる主人公が面白かったですね。
こんな事になっていたら、誰でも慌てるよね。
主人公と周りの人達の様子が良かったですね。

主人公は助けてもらった人からある話を聞かされるんですが、
これには「んー」って思ってしまいますよね。
どう考えても現実的では無い話ですからね。

主人公はある人物から助けてもらった人の
事について教えてもらうんですが、
これには驚かされましたね。
「まさか…」と思いましたよ。
こんな偶然ってあるんですかね。
なんかありそうな気がしますね。

主人公、やっぱり、あの事が忘れられないんですね。
ぶっきらぼうに見えて、繊細なんですね。
「関係無い。勝手にやった事だ」とか言いそうなのにね…。
主人公も傷ついてるんですね。

主人公を助けてくれた人は、
ある女性に好意を持っているんですよね。
彼女の昼休みの行動を尾行。
というか、これはストーカーでは…?
窓際の席にいた人達、ちょっと可哀想でしたね。
主人公が一言、言ったのが面白かった。
彼女の行動、変ですよね。
こんな人いるんだろうか?
もしかして、こんなんだから好意を持ったのかな?

主人公を助けた人の前に、ある者が登場するんです。
これは凄いですね。
どっから、こんなのが…?
こういうのが出てくると、
「テリー・ギリアムの映画だ」と思ってしまんですよね。
主人公を助けた人の慌てようが凄かったですね。
ある者は彼に何をしようとするんですかね?

主人公と助けた人がある人を助けて、
病院へ行くんですが、この病院も不思議な感じでしたね…。
普通の病院では無さそうですよね。
何で、この病院にしたんだろ?
怪我してるんじゃないの?

主人公を助けた人が好意を持つ女性の帰りを待ち伏せ。
ここで不思議なシーンになるんですよね。
こういうのも面白いですね。
よく考えてますよね。

主人公を助けた人、公園であんな事するとは…。
確かに気持ちいいかもしれませんね。
でも、これは、ちょっとなぁ…。
彼、凄いですね。

主人公を助けた人がこの映画のタイトルにもなっている
「フィッシャー・キング」の話をするんですが、
これって、主人公と同じですよね。
主人公に置き換えてみれますね。
どうして、この映画のタイトルが
「フィッシャー・キング」なったのか分かるシーンでしたね。

主人公は助けてくれた人と
彼が好意を持っている女性をくっつけようと
ある作戦に出るんですが、最初は失敗しましたね。
2番目は強烈なインパクトありましたね。
こんな事をやってしまう人も凄いですがね。

店に来た女性、凄かったですね。
どうしたら、こうなる?
今と違って、この映画の当時は、
こんな風になっていたのも
悪かったかもしれませんね。

主人公を助けた人と主人公と付き合ってる女性が
ある事で意気投合?するシーンがあるんですが、
ここで主人公を助けた人が
思わぬ行動に出ようとするんですよね。
これには、ちょっと…。
「彼、本当に大丈夫なんだろうか…」って思いますね。

主人公が助けてくれた人の顔にある事をするんですが、
これは懐かしいですね。
今、こんな事する人いるんでしょうか?
時代を感じますね。

主人公が付き合ってる女性と、
主人公を助けた人が好きな女性の会話は面白いですね。
2人対照的ですね。
主人公が付き合ってる女性が主人公を助けた人が好きな女性に
言った最後の言葉からすると、悪ぶりたいのかな?
目立つ女性になりたいとは言っていたけど、
そう思われたいんですかね。
面白いですね。

4人で食事に行く前の女性2人のやりとりの
決着が良かったですね。
これ、面白かったです。
笑いました。
はっきりしていて良いですよね。

店に行くまでの主人公を助けた人の話が良かったですね。
物考え方次第で良くなるって事なんですよね。
あのようなモノを渡すのも凄いですよね。

店での食事のシーンは楽しそうでしたね。
主人公と付き合ってる女性が家に帰る時の様子からすると、
凄く面白かったんでしょうね。
あそこまで笑えるのは、ある意味、幸せですね。
ここまで笑ったの最近無いなぁ…。
うらやましいです。

主人公を助けた人と彼が好意を持つ女性。
彼女は、今までいろいろとあったんですね。
そんな彼女に彼は…。
ここまで言いますか…。
ちょっと言い過ぎのような気もしたんですけどね。
この時、彼がある事を何度も言うのが面白かったですね。

主人公を助けた人にある事が起こってしまうんですよね。
どうしちゃったんですかね。
彼が移動するシーンは見ていて…。
そんな彼の前にあの者が登場するんですよね。
これに対しての彼の一言が印象的でした。
何故、彼がこの一言を言ったんですかね?
何でなんだろう…。

主人公は付き合ってる女性に、ある事を言うんですが…。
これは、ちょっと酷過ぎますね。
何で、こんな事を思いついちゃったんですかね?
彼女、可哀想でした…。
「今まで何だったんだ?」って思っちゃいますよね。
主人公の考えが分からなかったです。

主人公を助けた人があんな状態になってしまったんですが、
主人公は調子いいと思ったら、違うみたいで…。
主人公、やっぱ良い人だね。
助けてもらった人を見に行ったら、あの人がいましたね。
これには、ちょっと驚きましたが、良かったと思いましたよ。
「あのまま、どうにかなってしまうんじゃないか?」
と思ってましたからね。

主人公は助けてくれた人の為に、ある事をするんですよね。
主人公、よくやりましたよね。
ちょっと間違えれば、危なかったですよね。
主人公、この事で2つ良い事をしてしまうんですよね。
まさに「フィッシャー・キング」の話ですね。

主人公を助けた人は、本当に良かったですね。
これで彼の生活も変わりますね。
仕事には戻ったんですかね?

主人公の方は、こうなって良かったです。
かなり強烈でしたけどね。

ラストシーンは、主人公と助けた人が2人で…。
こういう終わり方をするとは思ってもいなかったので、
正直、驚きましたが、2人の間には、
ある確かなモノがありましたね。
こういう終わり方で良かったです。
2人の間に、アレがあったのもいいですよね。

ロビン・ウィリアムズの演技が凄かったです。
やっぱ役者ですね。
他の3人も良かったんですが、別格ですね。

主人公と助けてもらった人の2人の関係が
どんどん変わっていくのがいいですよね。
主人公の気持ちの変化も良かったです。
悪ぶれないですね。
根が良い人なんだな。

この映画見て良かったです。
実は連続して2回見てしまいました。
この映画はオススメできそうです。
ただ、ちょっと長いんですよね…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/06/03/4341044/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。