映画・DVD「MONDAY マンデイ」2009/06/15 00:18

ホテルの部屋で目覚めた記憶の無い男の物語。

ホテルの部屋で目覚めた主人公は、
「どうして、ここにいるのか?」が分からない…。
主人公は記憶を振り返り、
いろいろな事をやった事に気が付くのですが…。

これは恐い映画ですね。
主人公が気が付くとホテルの部屋。
でも、記憶が無い…。
しかも、その間にいろいろとやっちゃってるんですからね。
この主人公とまるっきり同じような事は無いと思いますが、
いろいろとやってる人いますよね?

主人公はお通夜に行ったみたいでしたね。
ここで、主人公、ある事を頼まれるんですが、
こんな事ってあるんですかね?
いくらなんでも家族以外の人にやらせるってのも変だよね。
こういう時は110番か119番に電話するんじゃないの?
あのような結果でまだ良かったけどね。
皆の動きが面白かったです。

次に思い出した記憶は、恋人との会話。
主人公には、とても合わない人でしたね。
「どうして、こんな人と?」と正直、思いました。
主人公の恋人役の女優さん、
こういう役ばかりやってるような気がする。
やっぱり、こういう人だからなんですかね?

次に思い出したのは、バーでの知らない人との会話。
ちょっと見ていて、嫌な気分になりましたね。
周りの人の事を考えたら、ここまでしないですよね…。

トイレのシーンは、ちょっと長過ぎですよね。
このシーンから「パーティ7」を思い出しました。
永瀬さんも長かったんですよね。
でも、こっちの方は曲に合わせてるのが面白かったです。

トイレから出てきて…のシーンは、
全く雰囲気が違っていて、ちょっと嫌な感じでしたね。
ここで、主人公が思い切った事をした為に…。
両脇を抱えられるのがアメリカ映画で、
警備員に連れていかれる人みたいで、ちょっと面白かったです。

クラブでのダンスシーンは、
いつもと違う堤さんを見る事が出来て面白かったです。
松雪さんとのダンスシーンも良かったですね。

主人公が男と2人きりで飲むシーンでは、
男の本音がちょっと面白かったです。
苦労してるんですね。
でも、ここで、ある事が起きてしまうんですよね。
主人公、随分と思い切った事をやりましたよね。

主人公に1人の男がぶつかって…のシーンは、
「こんな偶然あり?」という感じでしたね。
でも、ちょっと面白かったです。

主人公がクラブから出る前に松雪さんに…するんですが、
この後の松雪さんの行動がちょっと変で良かったです。

ある場面を見てしまった主人公は、
ある行動に出てしまうんですよね。
これは「正義」と言えば「正義」かもしれないけど。
やり過ぎですよね…。
でも、悪い事とはいえ、
見ていて、ちょっとスッキリしました。

いろいろな事があって、
そして、現在という事になるんですが、
凄い事になってましたね。
主人公、焦ってましたけど、こんな事になるとはね…。
でも、あんな状態で、ここまで出来るのは凄いですよね。

主人公、ある行動を実行する前に、
ある事をするんですが、ちょっと長いですよね。
ここまで詳しく?
なんか違うものみたいですよね。

いよいよ主人公の部屋に…と思ったら、
主人公、凄いですね。
まるで予知していたみたい…。
この後の主人公は、もう別人でしたね。
よく、あんな状態で出来ますよね、本当に。

主人公がある事について話すシーンがあるんですが、
迫力ありましたね。
1人指名して…のシーンも凄かったなぁ。
良い方向に進むかと思いきや…。
こんな事になるとはね…。

「終わりか…」と思ったら、まだ続きがあったんですね。
この後、主人公、どうなるんですかね?
やっぱり同じようになっちゃうのかな…。

堤さんの演技が凄かったです。
やっぱり演技の上手い人が主役だと安心して見れます。
その他の俳優の方達も有名な人ばかりでしたね。
これは豪華な映画ですね。

松雪さん、話してないですよね?
でも、表情とかで分かりました。流石です。
ダンスシーンも良かったですよね。

この映画は主人公と
同じ状態によくなる人に見せると面白いかもしれませんね。
この映画見た後だと、行動が少し変わるかもしれませんね。
俺は主人公と同じ状態になる機会が無いに等しいので、
父親に見せたら面白いかもしれないです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/06/15/4366280/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。