映画・DVD「鉄板ニュース伝説」2009/09/05 00:39

信頼されているニュース番組で流されるニュースのあれこれ。

信頼されているニュース番組で、放送される数々のニュース。
しかし、その事件には、起こるまでの様々な原因があった…。

最初のニュースからショッキングでした。
シートベルトに次いで、このベルトですか…。
だいたい想像つくと思うんだけど、
一体、これ、誰が考えたんだ?
これは恐かった。笑えない。

子供が父親に…というニュースも笑えないですね。
皮肉ってるんだろうけど。

軍隊に若者を入らせる為の餌が凄いですね。
こんな事、本当にあったら、ヤダなぁ。
でも、任務を成功させて、
帰ってきた時のモノがなんか面白かったです。
それに対する若者の反応も良かったですね。

ある家族の母親がニュース番組に事件を報告。
取材班が来るんですが…。
こんなんでいいんですかね?

銀行に覆面の男が入ってくるんですが、
彼の目的は金じゃないんですよね。
ある意味、賢いかも。
でも、このままってのが凄いですね。

肥満人口が増加している問題を解決する為に、
とった方法がちょっと酷くないですかね?
インタビューに答えてる人も凄かったですね。

ある女性アーティストの曲の歌詞についてのインタビュー。
ここに出てくる女性アーティストって、
あの人がモデルですよね?
歌詞は、いろいろと想像させてくれますね。
PVは、もう曲のイメージを確実にしてますよね。
それでも違う事を言う女性アーティストが面白かったです。
PVも良かったです。
くまの着ぐるみ、いいですよね。

ある事が出来なくなって、生産性がアップ。
なるほどねぇ。
実際に、ある事が起きたら、こうなるかもしれませんね。
これ、ちょっと面白かったです。

テロリストのビデオ、凄いですね。
アニメの部分が気になりますね。
「本当かよ」って。

こういう映画に、まさか出てくるとは思わなかった
有名俳優が登場しました…。
この映画の世界で、公開される映画の主人公なんですが、
名前が凄いですよね…。
攻撃も凄いですよね…。
ちゃんと、アソコしか攻撃してないですからね。
確かに、アソコを攻撃されたら、動けないですからね。
この映画のCM、面白かったです。

黒人気取りの白人が強盗の罪で逮捕。
強盗したのは、黒人だったらしいんですけどね。
この部分は、ちょっと分かりづらかったです。
たぶん、アメリカの人だと分かるんだろうね。
ある意味、差別のシーンだったのかな。

ある豪華客船のCMが流れるんですが、これは…。
こういう映像が流れた事に驚きました…。
でも、ここに乗る人達は、
周りを気にせず、楽しめそうですよね…。
普通の人は乗っていないだけでも気が楽そう…。

人種のあれこれは、偏見ですね。
「映画の見過ぎ」って思ってしまうような事も。
でも、ペルー人は、ちょっと違うんじゃ?
これじゃあ、人間じゃなくなるからねぇ。

アメリカには、「犯人当てゲーム」のようなのがあるんですね。
ここでやろうとしていたのは、「犯人当てゲーム」でも、
ちょっと気分的に事件の犯人でしたね。
こんなゲームやる人いるんだろうか?
招待された人の行動は正解だよね。
最初から、あの人が被害者をやれば良かったのにね。
ちょっと嬉しそうなのが面白かったです。

パソコンを買う男が起こした事件の原因が
すごーく分かりますよね。
現実では、ちょっと違いますが、かなり皮肉ってますね。
名前もちょっと似せてるしね。

刑務所に囚人が入りきれない問題を解決する為に行った事は…。
ちょっと普通じゃないですよね…。
監視する人がいるんですかね?
たぶん、いませんよね…。
何かあったら、どうするつもりなんだろう…。

ある男性がある権利を主張した事が
ニュースになっていたんですが、
「何、考えてんだ?」って感じでしたね。

映画評論家がこの映画について、
ある事を催促するんです。
そして、それが実現されるんですが、
ちょっと無理ありますよね。
何で、ここで出てくるんだ?
しかも、あんな事を聞いてるし。
これに対しての皆さんの反応がちょっと面白かったです。

返却口にあるモノを入れる男。
そんなにいいもんなんですかね?
しかし、あるトラブル発生し、そこに登場するのは…。
こういうのあるとは思えないんですが、
あったら、面白そうですね。
そんなに、このトラブルあるんですかねぇ…。

少年達のゲームクラブに、大人の男性がやってきて、
ゲームを始めるんですが…。
こいつ、酷い奴だね。
でも、この後、まさかと思う事が起きてしまうんですよね。
ここは、非現実的でしたね。
あんな事を言っておきながら、この結果とはねぇ…。

ある女性が主張するんですが、
何か言おうとする前の顔の表情が最高でした。
これは、何度見ても笑います。
このシーンだけでも見たいです。
いい顔してました。

女性アーティストのPVを見るおじいさん、良かったです。
合間合間にいろいろとやってくれるのが面白かったです。
いい反応してました。

ある財団のCMが流れるんですが、これは酷いですね。
何で、この子だけなんですかね?
他の子も同じようにしてあげればいいのに…。

あるモノのセールスマンが車に乗り込んだ後のシーンは、
ちょっとハラハラしました…。
あんな事になるんじゃないかと思ったんですけどね。
あるモノのCMが作成されたんですが、
この使い方は、どうだろうね?

あるアイスホッケー選手のドキュメンタリーを放送。
その中で、他の選手も紹介していたんですが、
レーサーと飛び込みは、どうなんだろうね?
レーサー、かなり度胸ありますよね。
飛び込みは、あれを「飛び込み」って言っていいんだろうか?

女優達の主張もニュースになるんですね。
相手役の人、傷つくだろうな…。

対立している国の大統領を1人の若者に
仲介してもらうんですが、
このシーン、なんかワザとらしく、白けてしまいました…。

キャスターがある決断をして、発表しようとしたら、
テロリストが襲撃し、キャスターが捕まるんです。
「どうなるんだろう?」と思っていたら、あの人が登場。
「これ、宣伝?」と思ってしまいましたら、
どうも違うみたいで、もう1人登場。
この人なりに攻撃してました。
でも、この攻撃を防ぐ為の手段が…。
こうなりますかねぇ…。
最後に登場したのは…。
もしかして、これをやりたかった為に、
あのシーンがあったのかなぁ…。

スタジオで大騒ぎするのはいいですが、
「いつの間に、あんなのを用意したんだ?」
と言うような事をやってる人もいました…。
とっても不自然なラストでした…。

未公開シーンがちょっと流されるんですが、
これは流さなくて良かったかも…。
気持ち悪かったです…。
でも、これが未公開シーンになる前に、
あのシーンは流して良かったんですかね?
エンドロール前に、ちょっと出るシーンです。
自由な国だからいいのかな。

エンドロール後のキャスターの挨拶も良かったです。
こういう言葉、使うと思わなかったので、
ちょっと「えっ?」と驚きますけどね。

コネタをどんどんやっていくような感じでした。
全部が全部、ニュースと関係ある訳じゃないですよね…。
面白いのもあれば、白けるのもありましたが、
どちらかと言えば、面白かったです。楽しかったです。

たぶん、続編は無いですよね?
でも、この映画の世界の映画、見てみたいです。
もちろん、あの有名俳優が主役で。
実現できたら、面白そうなんですけどね。
どうだろなぁ…実現できたらいいのになぁ…。