映画・DVD「ウィズアウト・ユー」2009/09/22 01:22

あるモデルと出会い、恋に落ちた映画監督の物語。

初映画監督作品を撮ろうとしている主人公の男の前に
ファッションモデルの女が現れ、恋に落ちた。
2人は同棲を始め、私生活は順調に見えたが、
映画の撮影は困難となっていた。
そんな主人公とモデルの間に、ある問題が起こってしまい…。

映画監督って、大変なんですね。
自分の好きなように映画が作れるって訳じゃないんですね。
そんな事も分かる映画でした。

主人公は製作の2人から
「主演女優を裸にしろ」と言われるんですよね。
内容に沿う沿わないに関係無しみたいですからね。
「エロチック・サスペンス」って言葉が面白かったです。

主人公は映画の主演男優と女優に誘われて、
ファッションショーを見に行くんですが、
この時の止まった時の主人公の顔が面白かったです。

ファッションショーのモデルに一目惚れした主人公。
そのモデルと偶然なのか再会するんですよね。
なんとも都合がいいですよね。

再会のシーンから、すぐにあのシーンへ…。
ここで、主人公がちゃんと説明するのが面白いですよね。

主人公とモデルが付き合い、
公園でお互いに撮影し合うんですが、
この時のモデルが可愛かったですね。

主人公が姉家族を呼んで、モデルも一緒に食事をするんですが、
この時の姉の息子が面白かったですね。
このぐらいの歳だと、こういう事、言いますよね。

映画の撮影中にモデルから電話があるんですが…。
電話が終わった?後の主人公の行動が…。
助手、可哀想に…。
この後、どうしたんだろう…。
でも、この助手、ちゃんとしてましたよね?
賢い。
何度もされちゃ、困りますよね。

主人公は一度、監督を降りると言い出すんですが、
主演男優と女優が来て、説得させられるんですよね。
この時の主人公が面白かったです。
2人とも味方なんですね。

電話会議のシーンは、映像が面白かったですね。
1人1人見る事が出来ませんでしたが、これも面白いかも。
しかし、主人公は何を考えてるんだろうね。
こういう時は、何かあるかもしれないと考えて行動しないと。
主人公の余裕の態度に、ちょっとムッとしました。

電話に出たモデルは、よく言いましたよね。
主人公の事を思って、こんな事を言ったんだと思うんですが、
ちょっと言い過ぎだったかも…。
それを聞いた主人公の反応には、ちょっと驚かされましたが、
ちょっと見直したかも。
逆の反応すると思っていたから。

モデルがバレンタインに主人公に
あるモノをプレゼントするんですよね。
この後、2人はシャワーを浴びるんですが、この時に…。
何度も何度もしようとするのが可愛いですよね。
ちょっと可笑しかったですけど。

主人公とモデルの間に、大きな問題が発生しましたね。
「どうなるのかなぁ…」と思って、見ていたら…。
主人公、ちゃんと考えてないですよね?
モデルの事も考えたのかな?
「これは、ちょっと違うんじゃないかな…」と思いました。
ここで、主人公が逆の事を言っていたら、
この後の話も全く違っていましたよね…。

製作の2人が「主演女優を裸にしろ」と言う要求に対して、
主演女優が行動を起こしましたよね。
さすが、女優ですね。
あるモノを製作の2人に見せるんですが、
そのモノを預かろうとした製作の2人の
考えがミエミエで気持ち悪かったです。

映画の緊急会議が行われて、主人公、可哀想な事に…。
これって、大変な事ですよね。
どうして、こんな事できるんだろ?
金の事しか考えてないから、しょうがないのかな…。

主人公が製作2人の姿があるモノに見えるんですが、
見えて、当然ですよね。
このシーン、ちょっと面白かった。
でも、何で、赤だったんだろう…。

モデルが主人公の下から去ってしまうんですよね…。
やっぱり、こうなりますよね。
この後、主人公がどういう行動するか、
ちょっと期待していたんですけど…。

映画の撮影最終日に撮影現場に
製作の1人が現れるんですよね。
当然の如く、邪魔してましたよね。
これに対する主人公の行動には見直しました。
本当によくやった。
見てるこっちもスッキリしました。

主人公の姉にある事が起きるんですよね。
この後、主人公は姉に会うんですが、
この状態を見た主人公は…。
ここで、ちょっと考えが変わりましたよね、きっと。
ちゃんといろいろと考えていればねぇ…。

主人公は、いろいろな女の人とデートするんですが…。
最後に主人公がとった行動がちょっと面白かったですね。

主人公は映画の撮影終了後、元の仕事に戻るんですよね。
これが無かったら、違っていたかもしれないですよね。

仕事の打ち上げで、バンドをやっている女と出会い、
主人公は、その女にある事をするんですよね。
「これは、ちょっと凄いなぁ」と思いましたよ。
「主人公、もうどうなってもいい」って感じでしたね。

部屋に戻った主人公は、ある人とやり取りするんですよね。
これ、面白かったです。
ある人があの人だった事もありますし。
この後の行動も面白かったですから。
一瞬、「シャレか?」と思いましたよ。
「ロック」と「ロック」で。

部屋から出られなくなった主人公は、
ある行動に出るんですが、
これは酔っているから出来たんですかね?
俺は、ちょっと無理です。
主人公、凄い。

主人公はバンドをやっている女とある場所へ向かうために
飛行機に乗るんですが、
ここで、女がある事を始めるんですよね。
いやぁ、これは本当に凄いなぁ。
この後、少し慌てる主人公がちょっと面白かったです。
次に飛行機に乗った時のシーンも良かったですね。
完全に嫌われてるし。

ある有名人のそっくりさんを呼ぶのに、
「初期」と「後期」と言うのには、ちょと笑いました。
なるほどねぇ。
バンドやってる女の言い方では傷ついちゃうのかな?

主人公を目覚めさせるために、
ある人が行動を起こすんですが、
これは本当だったら、凄いですよね。
しかも、主人公に関係する人がその場に現れるし…。
主人公、ちょっと可哀想だったかもなぁ。
でも、主人公の行動の方が凄いか。

主人公は、ある助言からモデルに会いに行くんですが、
助言をした方には驚きましたね。
あんな事もしたかったんですね。
今まで見ていて、我慢できなかったから助言したんだね。

主人公はモデルと再会するんですが…。
「こうなるだろうなぁ」とは思っていましたが、
やっぱりそうですよね。

どんな行動をするのかを判断するのが、
凄く大事だという事を教えてもらった気がします。
主人公も成長したと思うんだけどなぁ…どうだろう…。
俺もそうなんですが、男って、素直じゃないなぁ。
素直に生きたいんですけどね…。