映画・DVD「ハゲタカゾンビ 感染注射」2009/10/01 01:47

ゾンビ達に襲われる若者達の物語。

キャンピングカーで、森の中を走っていると、
人を撥ねてしまった。
キャンピングカーは木に激突し、動かなくなってしまう。
外に出た若者達の前に、ゾンビが現れ、
そして、ハゲタカゾンビも現れてしまい…。

最初、「普通のゾンビ映画」だと思ったんですが、
ちゃんとハゲタカ登場してくれました。
ハゲタカ見ても、そんなに恐くないのは何故だろう…。
でも、集団で襲ってくるのは、やっぱり恐いですね。
あくまでも「集団で」ですからね。

ここに出てくるゾンビ、ちょっと違うんですよね。
考える事が出来るし、話す事も出来るんです。
研究している博士の説明からすると、
怒りを増幅させる事でゾンビになるようですね。
だから、完全にゾンビにならないように、
落ち着かせていたみたいでしたね。

最初に殺されたのは、
ホラー映画のお約束の事をしていた人でしたね。
殺され方は、そんなに面白くなかったです。
笑わせて欲しかったですね。

朝、目が覚めた白人男性が隣にいた女性と話をしていると…。
これは、気持ち悪かったですね。
急に来るとは、女性、可哀想でしたね。

釣りに行った叔父さんと甥姪の3人が…のシーンは嫌でしたね。
こんなシーン撮って、大丈夫なんでしょうか?

金髪女性と彼女の彼氏に言い寄る女性が喧嘩するんですが、
この2人、何にも考えてないんですね。
こんな事するから…。
被害に遭った方のやられ方、ちょっと面白かった。
もっと派手にやっても良かったですよね。

若者5人は、襲ってくるハゲタカゾンビから身を守るために、
キャンピングカーの中にいるんですが、
外からハゲタカゾンビが攻撃してくるんです。
このハゲタカゾンビが作り物だって、すぐ分かりますよね。
こういうシーンを撮りたいために、
若者5人にキャンピングカーに入ってもらったんですよね。

キャンピングカーから出る時に、
若者の1人が犠牲になってしまうんですが、
ここでも、ホラー映画のお約束が出てきましたね。
もう少し面白くしてもいいのになぁ…。

金髪女性の彼氏に言い寄る女性が
「秘密を知ってる」とか言うんですが、
「秘密」って、何?
手に持ったモノと、どんな関係が?
全然、分かりませんでした…。

ハゲタカゾンビの巣を発見。
そこには、ご丁寧に、アレもありましたね。
どうして、あるの?
あまり深く考えない方がいいか…。
これを見た若者の1人がショックの為か、
あんな事になってしまいましたね。
助けようとしたんですが…。
ハゲタカゾンビだけじゃなかったんですね…。
これは実際にいるんですかね?
それとも、やっぱり突然変異?

ハゲタカゾンビの攻撃を防ぐために、
ある場所へ逃げ込む若者達。
ここに入ったの正解だったんですかね?
あまり効果無かったようにも見えたし、
もう少しではぐれるところでしたしね。

若者達が着いた所は…。
これもお決まりのパターンですね。
それにしても、ここに辿り着くなんて、
本当に都合がいいですよね。

若者の1人が研究の実験台にされてしまうんですが、
その準備段階のシーンがちょっと気持ち悪かった…。
出てくるのが特に嫌でしたね。

辿り着いた場所に留まる事が出来ない状態になったため、
逃げようとする時に、
ある若者がある事を言うんですよね…。
これも定番の台詞ですね。
気持ちは分かるんですが、
「その後、どうするの?」と言いたくなります。
ちゃんと考えないと、自分が危ない目に遭うのに…。

目の見えない相手に対して、
ギャーギャー叫んでる若者は、どうなんですかね…。
あまり利口じゃないですね…。

あるゾンビに対して、
ある若者が後ろから攻撃するんですが、
もしかして、攻撃した所は…。
何か出てきましたよね?
もしかして、そうなんでしょうか?
食事時には見たくないですよね。
というか、こういうゾンビ映画は食事時には見ないか…。
いや、世の中には見る人もいるかもしれませんよね。

最後のゾンビの殺し方は地味でしたね…。
最後なんだから、もっと派手にして欲しかったです。
残念…。

ラストもお決まりのパターンでしたね。
この後、どうなったんですかね?
だいたい想像はつくけど…。

久し振りに酷い演技を見た…。
金髪女性の台詞が棒読み…。
なんとかなってるのは叫んでるところだけ。

敵が2種類いるのは、ちょっと面白い。
だけど、全然恐くなかったし、
不気味とも思わなかったです…。
何でだろ…?

笑えるシーンも無かったのが残念でした。
ホラー映画には付き物なのにね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/10/01/4608137/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。