映画・DVD「ラブ・ダイアリーズ」2009/10/07 23:38

娘に、妻との馴れ初めを話す男の物語。

離婚する妻との間に1人娘のいる主人公は、
娘を迎えに行き、娘から妻との馴れ初めを知りたいと言われ、
話す事にするのですが、どの女性が妻かを教えず、話す事に。
主人公の前には3人の女性が登場し、
それぞれ付き合い、問題も起こり、
別れたり、再会を繰り返すのですが…。

主人公は妻と離婚する事になった男で、
1人娘がいるんですよね。
離婚の原因が分からなかったんですが、
一体、何だったんだろう…。
娘は離婚して欲しくなかったみたいでしたね。
そりゃ、当然か…。

主人公が娘を迎えに行く時に、音楽を聴きながら、
歩いて行くんですが、最初、その曲に「ん?」と驚きました。
この曲だったら、凄いよね。
でも、主人公、こういう曲も聴くんだね。

音楽を聴きながら、歩いている主人公は、
車に気が付かず、前に出ようとすると…。
こういうのいいですね。
お互い様って感じで。

ある看板(?)を持っている人が面白い事を書いていましたね。
こういう人いるんでしょうか?

娘を迎えに行くと、大騒ぎになっていましたね。
何があったのか?
主人公が聞いてみると…。
このぐらいの子だと、こういう反応になるんですね。
俺もこのぐらいだったら、
こういう反応になっていたのかなぁ。

そんな騒ぎの中、登場してきた
主人公の娘の表情がいいですね。
この後の主人公の娘がいろいろと言うんですが、
これが凄い面白かったです。
ズバズバ言いますよね。

娘が同級生のある子が話していた事について、
主人公に質問して、その答えを聞いて、
娘も不安になるんですよね…。
そんな事無いのにね。
主人公の答えがちょっと悪いですよね。

主人公が娘に、妻と結婚するまでの話をする事に。
娘も知りたいと言ってますからね。

主人公の前に、3人の女性が現れるんです。
大学時代の恋人、恋人の友達、そして、コピー係りの女。

主人公は、ある政治家の選挙活動の手伝いを
していたみたいなんですよね。
でも、ある目標があったからしていたみたいなんですが…。
そんなに上手くいくもんだとは思えないんだけど。
同じ活動で出来た親友も同じ事を考えていましたよね。
皆、そうやってなるんですかね。

主人公は、選挙活動の手伝いの為に、NYへ。
大学時代の恋人はNYへ行かず、
主人公に、あるモノをNYにいる友達に
渡して欲しいと頼むんですよね。
そのあるモノを見た主人公は…。
こういう事があったとはねぇ…。
複雑ですなぁ…。

主人公は、ある事がきっかけで、仇名が付くんですよね。
そのある事をやった時に、主人公がある事を言うんですが、
これ、ちょっと面白かったです。
この後も、ある場面で、同じ事を言うんですが、
主人公、変わってますね。

主人公があるモノを買った事を話すと、
娘が止めましたね。
知らなかったんですね。
主人公も変わったんですね。
この事を知った娘の表情、面白かったです。

主人公、コピー係りの女と話をするんですが、
彼女は賢いね。
どうして、選挙活動の手伝いをしているかの理由を聞いて、
そう思いました。

主人公が大学時代の恋人に電話尾を掛けている時に、
仲間が外で、やっていた事が面白かったですね。

主人公は、大学時代の恋人から頼まれたモノを
彼女の友達に渡すんですが、
これは、モノがどういうものか知っているので、
ちょっと気まずいですよね。
大学時代の恋人の友達も言っていましたが、
大学時代の恋人は、何で、主人公に届けさせたんですかね?
もしかして、主人公に過去に遭った事を
知ってもらいたかったとか?

娘の質問、面白いですね。
主人公も何でこんな事をちゃんと言うのかなぁ。
自分が答え辛くなるのに。
大学時代の恋人に対しても、
娘は鋭い事を言っていましたよね。
確かにそういうのありますよね。

主人公は、選挙活動の手伝いで、
ある仕事を任されるんですよね。
その為に机も用意してもらって、その机の上には…。
でも、主人公、嬉しそうでしたね。
任された仕事は大変そうでしたけど…。
このシーン、ちょっと良かったですよね。

主人公、頭、良かったんですね。
だからなのか、この活動からチャンスを掴もうと思ったのかな。

主人公とコピー係りの女がある事で賭けをするんです。
結果は…。
負けた方がお金を出そうとしたら、
勝った方がカッコイイ事を言うんですよね。
んー、凄い。

翌日、大学時代の恋人がNYに来て、
主人公は、ある事をする事になっていて、
コピー係りの女に、あるモノを見せるんですよね。
あるモノが出た時の2人の反応がいいですよね。
こういう映像も面白いですね。

そして、主人公はコピー係りの女を相手に…。
これは、凄い事を主人公、言いましたね。
それに対するコピー係りの女も本当の反応みたいでしたね。
勘違いする人もいますよね、これじゃ。

コピー係りの女の部屋で、あるモノを見た主人公は、
彼女から、ある話を聞くんですよね。
俺も彼女と同じような事になったら、同じ事しますね…。

NYに来た大学時代の恋人を見掛けた主人公は頑張りましたね。
その結果があれとはねぇ…。
主人公の親友、いい奴だね。

主人公が大学時代の恋人に、ある事をし始めるんですが、
大学時代の恋人の反応が変なんですよね。
主人公が真面目にやっていると、大学時代の恋人は…。
主人公、可哀想に…。

主人公と大学時代の恋人の友達が再会。
彼女はライターだったんですね。
その彼女と主人公、付き合うんですよね。
周りの目を気にしないバカップルになってますね。
お互いに、足で…は、ちょっと見ていて、面白かったけどね。

主人公達が企画したパーティーでトラブル発生。
しかし、主人公、冷静に判断していましたね。
なんか成長しているのか、それとも、元々こうだったのかね?

主人公の携帯に女性からの電話が…。
このシーン、ちょっとハラハラしましたが、相手の女性は…。
この後、ちょっと切ないシーンになるんですよね。
流石、鋭い娘は気が付いていましたね。
主人公にちゃんと説明していましたね。
よくお分かりで。

主人公、運が無いですね。
付き合っているライターの女性が
主人公にあるモノを見せるんですよね。
それを見た主人公は彼女に頼むんですが…。
こういうもんなんですかね。
誰かがやると言っていたけど、
彼女がやらなくてもねぇ…。
こっちを取ったという事なんですよね…。

ライターの女性がやった事に対しての
娘の一言が面白かったです。
主人公もこの言葉が入ってる曲、聴いてるくせにね。

主人公、引きこもってるのかな?
仕事とかしてるようには見えないけど、
大丈夫なんだろうか?
かつて、頑張って、応援していた人が
こんな事になっていたら、
主人公のような反応しちゃいますよね…。
やっぱり人間だからね。
これは本当の映像使ってるのかな?

コピー係りの女が主人公をある場所へ連れて行きましたね。
主人公、いい人達と巡り会ってますね。
うらやましい…。

主人公はコピー係りの女に、ある事を話すんですが、
普通の状態じゃない事に彼女は…。
そして、主人公も彼女に…。
仕舞いには、あれでしたからね。
これは効くなぁ…。
上手く行かないもんですなぁ…。

ここで、娘が複雑な事に気が付くんですよね。
本当に、よく観察してるなぁ。
この子は、利口だよ。賢いね。
娘の説明を聞いた主人公の顔が面白かったです。

主人公は、あるモノを見つけるんですが、
それをどうにも出来なかったんですよね。
分かるなぁ…主人公の気持ち。
同じ状態だったら、主人公と同じ事していたかも。
悲し過ぎます。

主人公とライターの女性が再会し、
ここで、娘がある結論を言ってしまうんですよね。
この子、想像力も豊かですね。
こう考えても変じゃないですよね。

娘は話が終わらないうちに、
自分の母親が誰なのか分かったみたいなんですよね。
でも、これって、ちょっと変なんですよね。
映像付きじゃないと分からないんじゃないのかなぁ。
主人公の話で分かるような事じゃないと思うんですけどね。
あまり深く考えない方がいいですよね。
失礼しました…。
でも、娘が操作するのは、ちょっと面白かったです。

この人が主人公の妻だったのか…。
なるほどねぇ。
あんな事を言っていたのに、こうなっちゃったんだね。
俺の予想は外れましたけど、
これがいい結果になるとは、この時は思ってもいませんでした。

やっぱり娘は2人の仲が
復活する事を期待していたみたいですね。
あれをするかと思っていたんですが…。
娘の表情が切なかったですね…。

主人公と娘が別れるシーン、切なかったです。
鳥肌までは立ちませんでしたけど。

主人公は何年か掛りましたが、あるモノをどうにかしましたね。
その結果は…。
説明聞かずに、こうするのは、ちょっと早くないですかね?
まぁ、知ってるくせに…と言われたら、言い返せないですよね。

主人公が娘に聞かせる話は終わったんですが、
新たな話が始まったんですよね。
今度は娘も登場。
娘が積極的で、主人公、引っ張られてましたね。
やっぱり、この子は分かるんだなぁ。

ある人の部屋に入れてもらおうと、
外で待っている時の娘の顔が可愛かったですね。

ラストは、物語の自然の流れとなりましたね。
こうならなかったら、ちょっと嫌でしたけどね。
娘が本当によくやったよ。

ちょっと変わった映画で面白かったです。
主人公の娘と一緒に、登場する女性の誰が母親なのか
推理するみたいで、楽しかったです。
でも、これは娘にしか分からないですよね。
やっぱり子供には勝てないですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/10/07/4619512/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。