映画・DVD「悪魔の棲む家」2009/11/05 23:07

ある家に住み始めてから変な出来事に遭う家族の物語。

主人公の男は、子供3人を持つ女と結婚していた。
掘り出し物の家を見つけて、家族で住む事となるが、
その家では過去に殺人事件が起こっていて、
主人公は徐々に殺人を犯した男と
同じような精神状態になってしまい…。

実際に起きた話を基に作成された映画なんですね。
こういう事、本当に起こったとは、恐いですね。

冒頭のシーン、嫌なシーンですね。
特に最後が嫌ですね。
本当に、こんな事あったんですかね…。

後々の展開から考えると、家を見学しているシーンで、
奥さんの「これが私達の望む生活よ」みたいな事を
言っていたのが、なんだか可笑しいですよね。
まぁ、こんな事になるとは思っていませんでしたからね。

自分達が買おうとしている家で、
あんな事が起こったのを知ったのに、
家を買ったのは勇気ありますよね。
俺だったら、買わないなぁ…。
家で何が起こったのか調べてから、
家を買うか買わないか決めても遅くないと思うんですけどね。
早く決めないと誰かに取られると思ったのかな?

家を案内したおばさん、何があるか知っていましたよね?
明らかに、影に反応してたし。
何で、主人公達に教えてあげなかったんだろう?
やっぱり、この家を早くどうにかしたかったんですかね。

家に住むようになって、1日目から始まってちゃいましたね。
主人公は、あのようなモノを見ても、
「疲れてる」とかで済ましちゃったんですかね。

主人公の態度が変わってしまったのは、奥さんのせいでは?
ちょっとだけ思ってしまいました。
末っ子がいなくなって、ある場所で発見された後、
奥さんが主人公にボソッと一言、言うんですよね。
この言葉、俺だったら、ちょっと切れるかも…。
主人公だけが悪いとは思えないんですよね。
末っ子も危ないと分かってる事をしてるんですからね。

次男が夜、トイレに行くシーンは、
次男の行動から心境が分かりますよね。
広い家だと、夜って恐いですよね。
水道は、実際にありそうだよね。

主人公の上半身裸が目立つシーンが多かったのは、
俺の勘違いですかね…?
主人公の体、凄いですね…。
これは女性に対してのサービスかな?

主人公と奥さんが外出するのに、
ベビーシッターを頼んだんですが、
最初、長男は反対するんですよね。
どんな人が来るかと思ったら…。
こんな格好で…?
奥さんは何とも思わないんですかね?
普通だったら、子供に悪影響だとか言いそうなのに…。
変わってますね…。

長男と次男はベビーシッターから
この家で起こった事を知るんですよね。
遅かれ早かれ、誰かから知ると思うんですが。
こういう話をちょっとコミカルに話していたのが
面白かったです。
特に効果音。

ベビーシッターは、以前にも
この家に来た事があったんですね。
その為に、あんな事になっちゃったんですね…。
可哀想に…。
あんな事させられたら、
誰だって、ビビリそうですよね。
感触もありそうだし、ちょっと嫌な感じでした…。

ベビーシッターがあんな事になっても
奥さん、動かないんですよね。
「何か変だ」とも思わないんですね。
あの状態だと普通じゃないと分かると思うんですけどね。

長男があるロックバンドのファンで、
着ているTシャツにバンド名が書いてあるのがいいですよね。
しかも、そのバンド名、英語じゃないんですよね。
このTシャツ、どうしたんだろう?
本当に売ってるんですかね?

主人公の風呂のシーンは違う解釈もできそうですよね。
眠っちゃったとか…。
でも、実際、あんな風になると焦りますね。
これは現実にも起きそうなので、ちょっと恐かったです。

末っ子が凄い事をして、主人公と奥さんをお出迎え。
「2人を驚かせたかったのかな?」
と思ったら、違ってましたね。
ちゃんと目的あったんですね。
末っ子の気持ちも分かりますがね…。

この末っ子が起こした騒動の後の
長男と次男の立ち去る姿がちょっと面白かったです。
そーっと立ち去ってるんですよね。
まるで、関係無かったように。

末っ子がいい味出してました。
顔が大人っぽいんですよね。
やっぱり、この子には見えたか…。
子供の時の方が見える確率高いそうですが…。
で、奥さんは末っ子の事を信じない…。
冷静でいなきゃいけないのにね。

奥さん、ある人に話をしに行きましたよね。
ちょっと遅いような感じもしますが…。
その人もどうにかしようと
家に来てくれましたが…。
これも恐いですね…。
実際にいるモノでしたからね。

薪割りの手伝いをする長男が可哀想でしたね。
これって、いじめですよね。
大の大人がいじめ…。
大人でも、これは恐くて、なかなか出来ないですよね。

主人公には犬があんな風に見えてしまったんですね。
これは、前々から主人公が犬に対して、
あまり良い思いを抱いていなかったらから…
って事じゃないんですかね?
違うかな?

これは普通じゃないと思ったのか奥さん、
やっと、この家の事を調べましたね。
いやぁ、でも、こんな事をしていた所の
家だったとはねぇ…。
これ知っただけでも嫌な気分になりますね。

家の秘密を知った奥さんは家に電話しましたが…。
奥さん、状況がよく分かってないみたいですね…。

奥さん危機一髪のシーンは、ちょっと凄かったですね。
まさか、こんな事になるとはねぇ。
シリアスなシーンなんですが、なんか笑っちゃいました…。
奥さんの反応も良かったですしね。

人間って逃げようと思えば、
危険な場所でも行けるもんなんですね。
激しい雨の中、あんな所にいったのは凄いです。
やっぱり追われる恐さの方が勝ってるんですね。

長男が立ち向かっていましたね。
その勇気は凄いと思ったけど、
攻撃が子供でしたね…。
こういう時は何か道具使わないと。

主人公が奥さんを…のシーンには驚きました。
「これから、どうなるんだ?」と思ったら…。
これは、ちょっと反則ですよね。

主人公も最後の最後に頑張りましたね。
愛を感じますね。
それに対しての奥さんの行動は賢かったですね。
「子供達を守る為なら、何でも出来るのかな?」
と思ったんですが、この奥さんは違いましたね。

家との決着は、少しあっけなかったですが、
やっぱり、こういう事なんですね。
家そのものだったんですね。

ラストシーンには、ちょっと驚きました…。
こういう事があっても変じゃないんですよね。
普通ではないんですから…。
でも、驚いた。

この家、今、どうなってるんですかね?
燃やしたりとか出来なさそうですよね。
誰も住まないのが一番かもしれないですね。
それでも、あのおばちゃんが家を売りたいんだろうね。

いろいろと調べてみれば、現実的な事でもありそうですね。
どっちにしても、人間が豹変して、
こんな事になってしまうのは恐いもんですね。
しかし、最後には「愛」なんですね。
子供達、よく頑張ったと思います。
次男よりも末っ子の方が強そうだよね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/11/05/4677567/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。