映画・DVD「マーダー・シェフ ~学園天国で大暴れ~」2009/11/23 01:30

緊急で募集したシェフによって惨劇が行われた女子寮の物語。

緊急で募集した女子寮のシェフは英語が話せない男。
このシェフの料理は、女子寮にいる女子生徒を殺して…。

女子寮に男性シェフですか。
どうなんでしょうね。
住み込みみたいですけど、
普通、女子寮って男子禁制みたいな感じだけど、
シェフだったらいいんですかね?

シェフは英語が話せないんですよね。
どうして、英語が話せないシェフを雇ったんだろう?
その前に、誰がこの人に決めたんですかね?
寮長?
そんな人いなかったですよね。

「女子寮って、こういう所なのかな?」と思ってしまいます。
いつも一緒にいる訳だから、普通の友達関係よりも
深い関係になりそうですよね。
同性愛が生まれるのも自然かもしれないですね。

勉強している女の子にシェフが
飲み物とクッキーらしきものを持って、近寄ったんですが…。
何の為に持っていたんだろう…。
まさか自分で食べる為に…とか?

ガリ勉の女の子と同室の活動的な女の子がいいですね。
彼女の発言、面白いです。
いやらしい事もズバッと言っちゃうのもいいですね。

寮には4人グループがいるんですが、
このグループにも空気の読めない勘違いな人がいるんですね。
もう見ていて、ムカムカしました。
この人は演技上手ですね。

最初の犠牲者は本当に勘違いな人でしたね。
タイトルにもあるように、シェフが殺すんですが、
シェフはちゃんと警告してるんですよね。
それなのに…。
こんな食い違いのシーンがこの後もあるんですが、
食い違いのシーン、面白かったです。
シェフは行動を起こす前に、正直に言ってるんですからね。

最初の犠牲者がいろいろやってる時の
シェフの顔が恐かったですね。
どこかに行ってましたよね。

最初の犠牲者の殺され方があまり面白くなかったですね。
すぐ終わってしまいましたが、
この後のシェフの行動に「まさか…」と思いましたら…。
やっぱり…そうでしたか…。

クリスチャンの子にアプローチしてる人は凄いね。
見た目がちょっと恐い。
イメージは魔女って感じですね。
食卓で水を取る時の…は、ちょっと驚きました。
他の人に見られたら、どうするんでしょうね。

夕飯に、これですか?
なんか違うんですかね。
この食べ物は夕飯で出されるものとは思えないんですけどね。
まぁ、そんな事言っておきながら、
夕飯に食べたりしてますが…。
寮の食事って、こういうものでは無いと思うんですけどね。

皿洗いを手伝いに行こうとするガリ勉の子に
活動的な子がいろいろと発言するんですが、
この発言も良かったです。
いいですね、この子。面白いです。

グループの子達がボディーショットというのをしてました。
これは一体…?
飲んでる人が得しただけでしたよね。
寝てた人、可哀想に…。

朝、シェフとガリ勉の子が話をするんですが、
このシーンでも食い違い。
シェフは正直に話していて、
それに対して、ガリ勉の子が答えているのが面白かったです。

朝ご飯、なんか油っこそうですが、美味しそうですね。
でも、これって…なんですよね…。

活動的な子に勉強を教える男の子が寮に来るんですが、
その時に、ちょっとからかわれるんです。
この時に、あの空気読めない子が
本当にむかつく態度とるんです。
殺されるシーンが楽しみになりました。

クリスチャンの子と魔女っぽい子に進展が…。
この映画、一体、なんなんだろう…。
こういうシーンの方が多い気がするんですよね。
全然恐い要素が見当たらない…。

2番目の犠牲者とシェフの食い違いも面白かったですね。
でも、2番目の犠牲者は口悪かったですね。
自分の事は棚に上げて、何でも言ってそうですね。
殺されるシーンは、うるさかったの一言ですね。

シェフがキッチンで掃除してる時に、
ある人が入ってくるんです。
これは、もしかしたら…と思ったら…。
彼女らしいですね。
シェフの慌てようがちょっと面白かったです。

クリスチャンの子と魔女っぽい子がある事をし始めましたね。
魔女っぽい子は、こんなの用意してるなんて、凄いですね。
一体、どういう考えの人なんだろう?

3番目の犠牲者は、
ちょっと面白い感じで、殺されてましたね。
リンクしてるとは思ってもないよね。

4番目の犠牲者は、ちょっと可哀想でしたね。
あんな状態でしたからね。

日曜日に入る時のシェフの笑い声が面白かったです。

活動的な子と勉強を教える男の子に進展ありましたね。
あの対決が無かったら、こうはなっていなかったかもね。
俺は、この2人いいカップルだと思いましたよ。

シェフがガリ勉の子にあるモノを渡すんですが、
あとで、それが何か分かって、ビックリ。
ガリ勉の子、飲んだんでしょうね。
だから、あんな風になっちゃったんだよね…。

シェフがある部屋に入ると、ベッドの上に1人いたんですが、
この人は完全にどこかに行っちゃってましたね…。
ここまで笑えるなんて、幸せかもしれないですね。
でも、やっぱり、あるモノでこうなってるんですから、
駄目ですよね。

次にシェフはバスルームに入るんですが、そこでは…。
これでは何も出来ないですよね…。
それにしても凄い迫力でした。

週末だけのシェフだからなのか
最終日には、次々に人が殺されていくんですが、
あまり面白くなかったですね。
やっぱり、いろいろあった方が面白いです。

「まさか…」と思われる人も殺されちゃいましたね。
「この話、ラストは、どうなるんだろう?」と思ったら…。
ありきたりなラストでしたね。
でも、どうして、シェフは、ちゃんとしなかったんだろう?
変ですよね?

シェフの正体も分かりましたが、
ここまでして、やりたい事なんですかね?
俺には分かりません。

エンドロールにNGシーン集が流れていましたが、
ちょっとワザとっぽい…。
それに、そんなに面白くなかったです。

やっぱり、こういう映画では殺すシーンが面白くないと…。
違う所に力を入れていたようにも見えましたね。
ちょっと残念でした…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/11/23/4714084/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。