映画・DVD「ザ・クリーナー 消された殺人」2010/01/01 02:45

ある現場の掃除をしてしまった清掃業を営む元刑事の物語。

主人公の元刑事は、ある現場の掃除を行った。
しかし、主人公は、ある目的の為に現場に再度訪れると…。
主人公は調べていくうちに
自分が利用された事に気が付き、
事の真相を暴こうとするのですが…。

主人公の現在の職業は清掃業なんですね。
でも、普通の場所を掃除するって訳でも無いんですね。
これは大変な仕事ですよね。

主人公の部屋の鍵、結構ありますね。
やっぱり元刑事だから、こんなにあるんですかね?
刑事の仕事も大変ですよね。

主人公は社長なんですね。
これは凄い。
でも、社長でも掃除するんですね。
2つ現場を任されましたが、
1つの方はあるモノの数が凄いですね。
想像できない…。
でも、行きたくない現場ですね。

主人公、優しいですね。
ある社員に対しての気遣い。
普通の社長さんだったら、
こういう気遣いしてくれるんだろうか。

主人公はある現場の掃除を始めるんですが、
その前にいろいろとやるんですよね。
これは元刑事だから、やってるんですかね?
それとも、こういう現場の時はやるもんなんですかね?

主人公の掃除、凄いですね。
こういう事するんですね。

主人公は娘と2人暮らししてるんですが、
娘が歴史上の人物についてのレポートの課題があって、
彼女が書こうとしている人物が…。
彼女の気持ち、分かるような気がします。
いろいろと知りたいんだろうなって。

主人公はあるモノを返し忘れて、
ある現場に行くんですが…。
これがどういう事か後々分かる事なんですが、
主人公が利用されたって事は分かりますよね…。
これはまずかったですよね。
よく考えてみれば、
誰もいないってのも変だと思ったんですが、
実際は、どうなんですかね?
やっぱり誰もいないんですかね?

やっぱり主人公の娘は、
いろいろと知りたいみたいですね。
ちょっと違う事も聞き始めましたし…。

主人公は元相棒の刑事にある事を聞く為に
久々に会うんですよね。
やっぱり気になりますよね。
そこで、他の刑事ともばったり会って、
主人公がした事が明らかになりましたね。
やっぱり利用されたんですね…。

主人公の事務所に、ある人が訪ねてきましたが、
主人公の対応は流石、元刑事でしたね。
こうなりますよね。
でも、訪ねてきた人もよく分かってますよね。
はっきりと「信用してない」ような事を
言っていましたし。

主人公は元相棒の刑事に、ある事を話すんですが、
ここで、主人公の刑事時代の事が少し分かるんですよね。
主人公もいろいろとやっていたんですね…。
軽くショックでした…。

主人公がある現場の仕事で、ある人を目撃するんですが、
こういう場面に出くわしたくないですね。
仕事と思って、割り切ってやるしかないですね。

主人公、やっぱり良心が痛んだんですね。
あんな事したら、絶対何かあるって思われますよね。
どうしたかったんだろう?
やっぱり本当の事を言いたかったのかな。

主人公の事務所に、ある人が訪ねてくるんですが、
このシーンはヒヤヒヤしましたね。
「もしかしたら、主人公は…」って思っちゃいましたからね。

主人公と元相棒の刑事が
主人公の娘が出ている試合を見ながら話すんですが、
主人公、ちょっと酷かったですね…。
タイミングが悪いとも言えますが、
ちゃんとしなきゃ…。
主人公の娘が可哀想でしたね。

主人公は、とうとう、ある人に本当の事を…。
その代わり、あるモノを見せてもらうんですよね。
そのあるモノには…。
これはマズイですね。
主人公にとっても不利ですが、
こういうのあるんですね。

主人公が本当の事を話した事によって、
あの人の気持ちも変わったみたいですね。
知らなかったから、大丈夫だったんですよね。
知ったら、この人のように思うのは当然ですよね。

主人公は社員の家を訪れるんですが、
そこで社員の子供とちょっと遊ぶんですよね。
この時の主人公の顔がちょっと凄かったです。
こういう顔もしてくれるんですね。

「人生最悪の経験」を主人公が話すんですが、
やっぱり、あの話になってしまいますよね。
主人公も言っていましたが、
あの人は、しっかりしているんですね。
それにしても嫌な出来事ですよね…。

主人公は車を運転中、警官に止められるんです。
主人公が何かしたのかと思ったら…。
これは酷かったですね。
たぶん、あれが原因なんでしょうけど、
どうして分かったんだろう…。
誰かの命令だったのかな。

主人公と娘が口論になってしまいましたね。
娘の気持ち、分かるなぁ…。
もう誰も失いたくないって事なんですよね。
だから、忘れたくないって気持ちもあるんですよね。

主人公もある箱にあるモノを使いましたが、
これって、もしかして…。
主人公も娘と同じ気持ちなんですよね…。

主人公は、主人公が持っているあるモノのおかげで、
ある事に気が付くんですよね。
なるほどね…。
確かに、あの人が犯人なら、
あるモノを奪えばいい訳ですからね。

主人公は、昔の知人から有力な情報を得るんですよね。
この情報が正しいとなると、
あの人が言っている事が不自然な事になるんですよね。

主人公は、ある人の部屋に行き、
あるモノを見てしまうんですよね。
これで主人公の頭の中で繋がったんでしょうね。
主人公、凄いですね。

主人公はある人にある事を確認してもらうんですが…。
こういう事になっていたとはねぇ…。
ここで展開が変わりましたよね。
どうして、こんな事が起きてしまったのかも分かりましたね。

この物語の結末は、ちょっと意外でしたね。
あの人が決めるとはねぇ…。
でも、なんか悲しいですね…。

ラストカットには驚かされました…。
これは、やられましたね。

サミエル・L・ジャクソンが普通でしたね。
やっぱり怪演が見たかったです。
それが少し残念でした…。

予想していた展開と違っていたので、良かったです。
まさか、こういう事で起こっていたとはね…。
やられました…。

映画・DVD「モール☆コップ」2010/01/02 01:42

1人で強盗達に立ち向かう警察官になりたいモール警備官の物語。

警察官になりたい主人公の男はモールの警備官。
モールには好きな人がいて、つい見とれてしまい…。
ある日、主人公のいるモールに強盗達が入り、
モールが占拠され、
何も知らずにある事をしていた主人公は、
モールに残ってしまい…。

主人公は警察学校に入って、学科はパスしているんですね。
後は、ある事だけなんですが…。
何で、こうなるかなぁ…。
このシーンは笑いよりも、ちょっと悔しいですね。

主人公は体に似合わず、ある病気を持っているみたいですね。
こういう人、実際にいるんでしょうか…。
「本当に?」って疑っちゃいますね。

主人公は母親と娘と暮らしているんですが、
2人とある約束をしていたんですね。
この時の母親が面白かったです。
いろいろと分かってらっしゃいますね。

主人公の家からの出勤がとても変わってますね。
これ、いいんでしょうか?
許可得てるんですかね。
ちょっと羨ましい…。
でも、出勤時のあるハプニングには…。
どうなったんですかね。
あまり想像しない方がいいかな。

主人公はモールの警備官なんですが、
ちょっとした所で主人公の性格が出てますね。
ある家族の対応には、
「ちょっといいなぁ…」と思ってしまいました。

主人公には好きな人がいるんですね。
ちょっと釣り合わないように見えるんですけどね。
主人公、いくら彼女の事が好きだからって、
あぁいうモノを私用で使うのはどうなんですかね…。

主人公、あるモノを上司に提出していたみたいですね。
こういう事をするなんて、主人公、凄いですね。
なかなか出来ないですよね。

主人公は新入りの世話をする事になったんですが、
主人公の後について行く新入りがちょっと面白かったですね。
主人公も分かっているなら、ゆっくりしてもいいのにね。

主人公がある事をしている人を見つけて、
その人を止めるんですが…。
これは単純で面白かったですね。
主人公が止めようとした人の行動が良かったですね。

主人公、ある店で起きた客同士のトラブルを
解決しようとするんですが、ちょっと間違ってますよね。
これに対する客の行動が凄かったですね。
普通の人じゃないですよね…。
面白かったです。

主人公が好きな人を隠れて見ている姿が可愛かったですね。
人を好きになると、こうなっちゃいますよね。
この後、主人公にとって嬉しい事が起きるんですが、
主人公が素直な感情を顔に出さないようにしているのが、
なんか主人公らしくて良かったです。
それにしても楽しそうでした。

主人公は好きな人が飲んでいる店に行くんです。
好きな人を見つけた主人公は近くに行くかと思いきや…。
このシーン、ちょっと面白かったです。
やっぱり気になりますよね。

主人公は、好きな人の前で、
ある事をやってしまうんですよね。
主人公に、こういう所があったとはねぇ…。
これは、まずかったですよね。
隣にいる人に対してする主人公の行動は、
ちょっと面白かったです。
しかし、よくこんな事できますよね。
いくら見えない力が働いたとはいえ。

主人公の娘、優しいですね。
主人公を慰めるシーン、良かったです。

主人公、あるモノを持っていなかったんですね。
あるモノを買う代わりに借りるんですが、
普通、こんな事しませんよね?
いくらなんでもなぁ…。

主人公の好きな人は銀行に行くんですが、
ある人にちょっかいされるんですよね。
この人、本当にしつこそう…。

主人公がモール内の様子が変わったのも気付かず、
ある事に熱中していたシーンは、そんなに笑えませんでした…。
たぶん、笑える所なんですよね…。

銀行にいた人々が強盗の人質になるんですが、
強盗のリーダーがあの人だったんですよね…。
なるほどねぇ…。
だから、あの時、ちゃんとしなかったのか…。
ある情報を得る為に…だったんですね。

主人公は貸してもらったモノを持っていたばかりに
ちょっと疑われるんですよね。
主人公の話は経験上の話ですから説得力ありましたね。

強盗の目的は金なんですが、各店に行って、
ある情報を得ようとするんですが、
どうして、この情報が必要なのかが
ちょっと分からなかったです。
もう少し簡単な事にしてもらいたかったです…。

主人公は、あるモノを見て、
モール内の様子が変な事に気が付くんですよね。
このあるモノを見て、気が付くのが主人公らしいですよね。

主人公が好きな人にちょっかいを出していた人、
やっぱり、こういう奴だったんですね…。
この言い訳には呆れてしまいました。

主人公は一度はモールの外に出ようとするんですが…。
あれを見ちゃったら、戻りますよね。
どうして戻ったのかの理由を聞いて、
「カッコイイ」と思ったんですが…。
まさか、自分で…とはねぇ…。
主人公、いろいろとやってそうですね。

主人公は強盗2人に追い掛けられて、ある店に入るんです。
ここで、主人公は、ちょっと変な行動に出てしまうんですよね。
これは、ちゃんと考えた結果の行動だったんですかね。
とてもじゃないですが、そうとは思えないですよね。

主人公はある事によって、
強盗2人に気付かれてしまうんですよね。
これは、ちょっと情けなかったですね。

主人公、ピンチになるんですが、
ある事によって、強盗の1人を倒してしまうんですよね。
これは運が良かったですよね。
でも、主人公、力も無いんですかね。
この体格で、こういう事できないのはなぁ…。

主人公が銀行の様子を見る為に、近くまで寄るんですが、
この動きで、全く見つからないのは、どうなんでしょうね?
ちょっと動きが面白かったです。

主人公、強盗の1人に追われて、ある店に入り、
あるモノの中に入ってしまうんですよね。
そして、外にいる強盗の1人は…。
これは当然の行動ですよね。
主人公が耐えてる姿が面白かったです。
でも、これに対して、主人公もやりましたよね。
最後のあれは主人公の優しさが出ていて、良かったです。
ちょっと面白かったです。

棒を持った強盗に対して、
主人公が持った武器?が面白かったですね。
あの音、場違いで笑ってしまいました。

ある所から主人公が登場するシーンは
ちょっと変ですよね。
これは実際には、こうはならないですよね。
主人公の顔が大魔神みたいでした。

どうして、こうもいい展開になってしまうんですかね。
まさかの人がモールに入ってきちゃうんですよね。
普通、全ての入り口には誰かしらいると思うんですけどね。

主人公は、ある店で、あるモノを見つけて、
店の中に入ろうとするんですが…。
このシーン、良かったです。
予想はつきましたが、リアクションがいいですよね。

主人公、苦しがっているんですよね。
壁にもたれかかって、傷の手当てをするんですが…。
なんとも言えないシーンでしたね。
主人公の体、どうなってるんですかね?

主人公、いよいよ最後の決戦に備えて、
いろいろと準備するんですが、
ここまでしなくても…って事までしてましたね。
やっぱり気分から…って事ですかね。

主人公、カッコイイ所で…。
「どうなるんだろう」と思ったら…。
何か見えるモノがあるんですよね。
「まさか…?」と思ったら…。
主人公も考えたみたいでしたよね。
でも、こうなったら、こうするしかないですよね。

主人公は、ある店に強盗達を誘き寄せるんですよね。
こういう店あるんですね。
ちょっと行ってみたくなります。
この店でのシーンは、
まさにあの有名なアクション映画の
ヒーローのような感じでしたね。
でも、気分はそうだろうな。

強盗のリーダーにある事が知られてしまい、
人質達に問いただすと…。
やっぱり、あの人ですか…。
もうヘタレですね。

ある店に入った強盗の前にあるモノが現れるんですが、
強盗が変な反応するんですよね。
普通だったら、「何かある」と思うはずなんですが…。
この後の主人公が
ちょっとカッコイイ動きを見せてくれました。

強盗のリーダーもちょっと単純でしたね。
主人公が、あんな風に来ると思っていたんですかね?

主人公が人質を助けようとする方法が…。
この方法は、よく考えてみれば、
「ちょっと無理だろう…」と思うはずなのになぁ…。
この方法で逃げられると思ったんですかね。

主人公は強盗のリーダーにあるモノを渡すように言われて、
放り投げるんですが、この後にある事をするんですよね。
「これは効果的…」と思ったんですが…。
何だったんですかね。
主人公もどうして動かなかったんだろう…。

主人公が強盗のリーダーの車を見つけて、
ある行動にでるんですが、この行動が無茶な事でしたね。
結果は、まんまと期待を裏切られました。

主人公と強盗のリーダーの対決がありましたが、
ここでも、まんまとやられました。
これは賢かったですね。

まさかまさか、あの人が…。
そう言えば、車の行き先が
ちょっと普通の人では入れない所でしたからね。
行き先が分かった時点で
勘がいい人は気が付くかもしれませんね。

ラストは、カッコ良く行くのかと思ったら…。
こういう邪魔が入るとはねぇ…。

エンドロールでは、その後の事が流れていましたが、
ここまで行きましたか…。
人生、どうなるか分からないもんですね。

主人公の体型からして、
「ちょっと無理あるんじゃないかなぁ…」と
思ったんですけどね。
こういう人が活躍するだけでも面白いですよね。

大爆笑するシーンはありませんでしたが、
ちょこちょこと笑えるシーンがあって、面白かったです。

主人公のキャラも良かったです。
主人公が好きな人の表情も良かったですね。

映画・DVD「ホテル・バディーズ ワンちゃん救出大作戦」2010/01/03 01:48

両親のいない姉弟と仲間達が犬達を助けようとする物語。

両親を亡くした姉と弟は、
ある事をして、警察に捕まってしまう。
2人がこんな事をするのは、自分達の犬の為。
ある夜、2人は警察に間違えられて、追い掛けられてしまい、
犬の後について、廃墟のホテルに入ってしまう。
そこで、2人は2匹の犬と出会うのですが…。

白い犬、可愛いですね。
でも、食べ物には目が無いんですね。
人の物なのに、催促していましたからね。
でも、この人も意地悪かったですね。
だから、あんな事になったんでしょうね。
白い犬が食べ物を持っている人に向かう間に、
他の臭いに反応したのがちょっと面白かったです。
演技してますね。
凄い。

主人公は両親を亡くした姉と弟なんですが、
のっけから、やってくれますね。
これ、明らかに犯罪ですよね。
「大丈夫なんだろうか?」と思ったら…やっぱりね。

主人公達の里親がちょっと酷かったですね。
出された食事は見た目が…。
これは、ちょっと嫌ですね。
主人公が可哀想です。

主人公は里親に犬の事を話してないみたいなんですよね。
犬が自分達の部屋から脱走してしまい…。
こういうシーンありますよね。
変にヒヤヒヤさせられる。
でも、よくジッとしていられますよね。
その前に気が付かないもんなんですかね。
臭いとかで…。
分からないもんなのかなぁ…。
スプーンを…のシーンは、ちょっと可笑しかったです。
何も知らない方が身の為ですね。

主人公達の部屋の外には、あるモノがあるんですね。
これは凄い。
あるモノを使えるのも凄いですよね。
この時に猫が反応しているのが、ちょっと面白かったです。

主人公達は動物管理局へ行き、犬を見つけるんですが…。
係員の男が嫌な奴でしたね。
何もあんな風に目の前でしなくてもいいのに…。
こういう人達は動物をモノとしか思ってないんですかね。
このシーンは見ていて、嫌でしたね。

ある手段で、犬を取り戻す事が出来たんですが、
主人公達がこういう手段を使うとはねぇ…。
まだ子供なのになぁ…。
なんか悲しいですね。

主人公達は、ある場面に遭遇してしまうんですよね。
運が悪いですね。
でも、何で逃げたんだ?
ちゃんと話しても信じてもらえないからなのかな?

主人公達は犬の後を追って、
廃墟と化したホテルに入るんです。
ここで、2匹の犬と出会うんですよね。
この2匹、対照的でいいですよね。
微笑ましいです。

主人公達は犬達の為に、
里親の家で、ある行動をするんですが…。
これは、マズイですよね。
いくら里親でも、何も言わずに、
こういう事するのはねぇ…。
言っても反対されると思うけれど。
主人公達がどうにかなっちゃいますよね。

主人公達が夕飯を食べるシーンがあるんですが、
もう2人の顔の表情からして、どんなもんか分かりますよね…。
いや、本当に2人が可哀想です。
里親は平気なんですかね?
それとも自分達は別とか?

廃墟のホテルにいる犬がある事をしてしまうんです。
これによって、犬達が見つかってしまう
ピンチになるんですよね。
どうして、犬がある事をするのか?
この原因がちょっと変わっていましたね。
犬も人間みたいな所があるんですね。

犬達に食べ物を与えようとするんですが…。
犬達も正直ですね。
まるで訴えるような顔をするのが面白かったです。

姉がペットショップに行って、店員と話しているうちに、
そうしなければならない状況になってしまうんですよね。
この店員、勝手に話を進めているのが、
ちょっと気に入らないですね。
「同じでしょ?」みたいな事を言ってましたけど、
同じじゃないですよね…。

弟はやっぱ凄いですね。
その辺にあるモノで、
あんなモノを作ってしまうんですからね。
この知識は、どこから得たんですかね?

主人公達とペットショップの店員達によって、
廃墟のホテルが綺麗になっていくんですが、
これって、大丈夫なんですかね?
誰かしら、ホテルの持ち主がいますよね?
この点について、
後々、問題になるかと思ったんですけどね…。

主人公達が犬の散歩をしている時に、
里親に目撃されそうになるんですが、
隠れるんですね。
この時に、里親から見た景色?が面白かったです。
誤解しちゃいますよね…。

弟、やっぱ賢いですね。
どういう事が問題点か心得てる。
いろいろと工夫があるのも凄いですよね。
こんなに上手くいくとは思えないんですけどね。

姉の思いつきの一言で、
主人公達は、ある行動を開始するんですよね。
限度無しでやってるのが凄いですよね。
いろいろと問題も増えると思うんですけどね。
こういう事は深く考えない方がいいんですよね。
しかし、こんなに上手くいくもんなんですかね?

ホテル内にはいくつか娯楽もあるんですね。
犬って、こういう事したいんですかね?
1つ目は、実際にやっている犬を見掛けたりしますから、
たぶん、やりたいんですよね。
こういう事を思い付いたのが凄いですよね。
俺だったら、思い付かないですよ。

犬達の恋愛もありましたね。
雄犬が雌犬を見る目が切ないですね。
雄犬が追い掛けて、雌犬の隣に座って、
雌犬の顔を見る時の雄犬の顔がなんかカッコ良かったです。
とてもハンサムに見えましたよ。
ちょっと人間っぽく見えました。

犬の食事シーン、凄いですね。
これも…なんですね。
エサ代とか考えない方がいいんですよね…。
一体、何匹いるんだろう…。

あるモノを見つかられてしまった弟は、
里親に質問されるんですが、
この時の弟が凄い大人に見えました。
特に最後の返しが良かったですね。

姉はパーティーに出席するんですが、
ちょっとしたハプニングが起こってしまうんですよね…。
元はと言えば、姉も悪いんですけどね。
ちょっと可哀想でしたね…。

主人公達がそれぞれトラブルに遭っている時に、
ホテル内でも、ある事が起こってしまい、
騒動になってしまうんですよね。
この騒動で、犬達がいろいろと可愛い事してくれてます。
大変な事なんですが、和んでしまいますね。

1匹の犬があるモノを取るんですが、
これによって、騒動がもっと大きくなってしまうんですよね。
でも、あるモノを取った犬、ある所で、
「SASUKE」っぽい事してましたね。
ちょっと面白かったです。

里親が弟を追って、ホテル内に入ってしまうんですよね。
ホテル内が暗くなったので、
「もしかして、よくあるパターンになるかな?」
と思ったら、予想通りでした。
でも、ホテルを出る所は、ちょっと予想外でした。

犬達が全部、捕まってしまい、主人公達も…。
これは、主人公達、可哀想でしたね。
でも、こうなる事も予想できたはずですからね…。

それぞれの新しい生活が始まりましたが、
それぞれ、あまり良い感じでは無いんですよね。
でも、ある事が起こって、再び、行動を開始するんですよね。
やっぱり、分かるもんなんですかね。
それにしても勇気あるなぁ。
関心してしまいます。

主人公達は、ある作戦を開始。
犬達の逃亡シーンは凄かったですね。
協力してもらわないと撮れないシーンですよね。

あの人が再び登場するとは思ってもいなかったので、
ちょっと意外でしたね。
「前とは違う事になるんだろうな」と思っていたら…。
ちょっと面白かったです。

ある犬がパトカーに対して、
ちょっと面白い事をしてくれました。
それにしても力強いですね。

作戦成功と思っていたのですが…。
これが俗に言う…ってヤツですね。
思い浮かんじゃったんですね。
この行動は、この時点では間違いですけど、
本来だったら、嬉しい行動ですよね。

皆、ある場所へ集合。
そして、あの人がやってくれましたね。
このシーン、なんか良かったです。
犬達もいいんですよね。
やってくれた人が自己紹介時に、
あるモノを見せた後の
他の人達の反応が面白かったですね。

ラストは、「えーっ?」と思うような事になってました。
本当に大丈夫なんでしょうか…。
でも、楽しいそうですよね。
いいなぁ…。
犬達も幸せそう…に見える。
それぞれ可愛いですね。

ラストカットは、あの場面と似ていて、
思わず、鳥肌立ってしまいました。
主人公達の犬が主人公達に
同じ場面をプレゼントしたんですね。

子供向けのコメディ映画ですよね。
話の内容は、ちょっと有り得ないかもしれませんね。
でも、犬が可愛く、いろいろしてくれて、楽しかったです。
やっぱり動物ものって、癒されますね。

映画・DVD「ガチデン 堤防伝説」2010/01/04 12:38

学生時代、喧嘩ばかりしていた幼馴染3人の物語。

学生時代に喧嘩ばかりしていた幼馴染3人が再会。
再び、仲間を集めて、
自分達の場所を取り戻そうとするのですが…。

医者の人が患者さんにある事をするんですが、
これはマズイですよね…。
「もしかして…」と思ったら、そうなんですからね。

カラオケ練習の人は教えてる時の行動が面白いですね。
オーバーですが…。
最初は少ない人数だったのに、
最終的に、あんな風になるとはねぇ…。

医者の人が家に帰ると…のシーンは可哀想でしたね。
何もこんな時に…って感じですよね。

カラオケ練習の人がバーから帰る時の行動が面白かったです。
この人らしさが出てますよね。
学生に対しての時も出てましたね。

医者の人とカラオケ練習の人が2人で話している時に
他グループの奴らが来るんですが、
こういう事して、楽しいんですかね…。
ちょっと可哀想に見えました。

医者の人が同棲している人に、ある事を言うんですが、
ピンと来ないもんなんですね。
まさか、目撃されているとは思ってないのか…。
医者の人が帰ってくる時間じゃなかったからかな。

喧嘩が強い人は、やっぱり、あぁいう世界に入ったんですね。
結構、活躍していたんですね。

喧嘩が強い人が属していた組も今では…。
組長とナンバー2のやり取り、面白かったです。
本人達は真剣なんでしょうが…。
こういう世界も大変なんですね。

喧嘩が強い人が3人組に絡まれるシーンは、
何も知らずにいろいろと言っているのが面白かったですね。
結構、年も離れてますからね。
知らなくて、当然か…。
3人組の1人のリアクション、良かったですね。

幼馴染の3人は、ある場所で再会するんですが、
この後、どうなったんですかね…。
いろいろと交差していて、ちょっと面白かったです。

医者の人は、ある決意をするんです。
先輩に、ある事をされるんですが…。
結構、効いたみたいでしたね。
面白かったです。
また、医者の人の捨て台詞が格好付け過ぎでしたね。

喧嘩の強い人が属していた組のナンバー2が
ある人の居場所を聞き出す為に、
ある事をするんですが、これは凄かったですね。
逆のように思えるんですが、違うんですね。
これはこれで実際にやられたら、恐いですね。
俺も話しちゃうかも。

ある場所の住民達が立ち退きを迫られるんですが、
この時の住民の反応が面白かったです。
特に一番目立ってる人。
反撃シーンも良かったです。

幼馴染3人で寝転ぶシーンがあったんですが、
ここでのカラオケ練習の人が面白かったです。
あんな事、言っていたのに…。
たぶん、無理だろうね。

カラオケ練習の人の父親が
ある場所に決まっているんですが、
この人は一体、何者なんですかね?
親子で食事してるシーンは、
2人の仲の良さが出ていて、良かったです。

ある場所に、喧嘩の強い人以外、殆ど集合。
やっぱり、最後には、こうなるんですね。
こういうの好きですね。
面白かったです。

喧嘩の強い人は、他の2人が立ち向かってる時に、
ある行動をしたんですよね。
どうして、こんな事をしたのか、
過去の経験からみたいなんですが、
こんな事があったら、
喧嘩の強い人がとった行動にも納得できますね。
やっぱ恐いもんは、恐いですからね。

喧嘩の強い人が属していた組のナンバー2が
ある人と対決するんですが、
この対決は、ある意味、凄い対決ですね。
上の人じゃないと出来ないですよね。

喧嘩の強い人が属していた組の組長が
外に立っているシーンがあるんですが、
「何してるんだ?」と思ったら…。
素早いですね。
でも、これは、ちょっとショックでしたね。

喧嘩の強い人がある事をされるんですが、
これは一体、何なんですかね…。
どうして、手の上に手を…?
分からないけれど、ちょっとした恐さがありますね。

カラオケ練習の人の父親の問題は
解決していなかったんですね。
この人、本当に何者なんだろう…。
よく、あんな事を言えるよなぁ…。
でも、顔の表情は違ってましたよね。
面白かったです。

最後は、やっぱり喧嘩シーン。
こういう状況の中だと、迫力ありますね。

ラストは、それぞれ、どうなったかという事でしたが、
喧嘩の強い人があぁなるとはねぇ…。
他の2人は分かりましたけどね。

エンドロールでは、
喧嘩の強い人が属していた組のナンバー2の質問の答えが
ちょっと分かるような映像でしたね。
なるほどね…。
だから、喧嘩の強い人は…だったのか。

こういう世界は、やっぱり喧嘩が強くないと駄目なんですね。
でも、鉄砲使わないのは偉いですよね。
武器使用してますが、あくまでも喧嘩で勝負みたいですし。
こういう世界で、やっていくのも大変ですね。

映画・DVD「デュプリシティ」2010/01/05 11:16

企業スパイとなった男の物語。

元諜報部員の主人公の男は企業スパイとなり、
ある任務についた。
そこで、好きな女性と再会。
彼女も、ある任務についていた。
相手会社が新製品を出す事が分かり、
新製品の情報を盗もうとするのですが…。

タイトルバックの2人の社長のシーンが面白いですね。
声が聞こえないのが逆にいいですよね。
社長でも、こんな事するんですね。

主人公は任務中に、好きな女性を見つけるんですが、
あんなに遠くても分かるんですね。
ちょっと遠過ぎなようにも思えるんですが…。

好きな女性の会社のセキュリティが結構厳しいですね。
毎日、違うカードでやってるんですかね。
ここまで徹底してるとは。

主人公が属している側の社長も外出する時は、
ある事をするんですが、これも凄いですね。
こりゃ神経、使いますね。

相手会社が新製品を出す事を知った
社長の反応が面白かったですね。
あの自信満々の態度は、
どこに行っちゃったんですかね。

相手会社のあるモノに細工していたとはねぇ…。
こんな事、可能なんでしょうか。
凄いですね。

いろいろな情報から、
新製品の情報が分かるもんなんですね。
なるほどねぇ…。
確かに説明されると、納得できますね。

主人公と好きな女性の再会では、
いつも主人公は、ある事を言うんですね。
これはワザとなんですかね。
それとも自然に出てるのかな。

主人公と好きな女性は、お互いの職業柄、
なかなか上手くいかない所もあるんですよね。
出会った後に、いろいろとありましたからね。
こうなっても変ではないですけど、なかなか難しいですね。

主人公は任務の為に、バーにいる女性に近付くんですが、
上手い事やるもんですね。
女性が可哀想でしたね。
彼女の話からすると、良かった事もあったみたいですが、
あんな話をされたらねぇ…。

好きな女性に、主人公が仕事を辞めた事について
質問されるんですが、この時の2人も…。
簡単には辞められないですよね。
質問されるのは当然かも。

主人公は新製品に関係する男をマークするんですが…。
どうして、こんな結果になったんですかね。
隣の席の人が凄い体勢になっていたのが
ちょっと笑えました。

主人公と好きな女性は、ある事を話すんですが、
ここでも食い違いが…。
話した後の2人並んで座ってる所がなんか良かったです。

好きな女性は主人公の部屋で、あるモノを見つけたらしく、
主人公に質問するんですが…。
これは、ちょっとズルイですよね。
でも、それだけ相手の事を思ってるって事なのかなぁ。

社長と主人公が御忍びで、ある場所に行くんですが、
本人、変装しているつもりなんですね。
分かる人が見れば、分かりますよね。

社長は、ある人から情報を得ると、慌ててましたね。
主人公には教えてくれないんですね。
この後、主人公は、その情報を知る事になるんですが…。
これは凄いですね。
本当だったら、凄い事ですよね。

相手会社でトラブル発生。
でも、これは最大のチャンスになるんですよね。
この後のシーンは、ハラハラしました。
主人公がある事をするんですが、
「これは賢い」と思いましたが…。
まさか、こんな事になるとはねぇ…。

空港で待っている女性の前に現れたのは…。
どうなってるんですかね。
誰か説明してもらいたいです。
そう簡単にはいかないと思うんですけどね。
でも、本当の事が分かったから良かったですね。

社長が株主総会で演説するんですが、
ちょっとムカつきますね…。
調子に乗ってますよね。

株主総会をやっている裏では、
ある事も行われているんですよね。
結果は…。
この時の反応がちょっと面白かったです。

最後に、今までの事についての種明かしがありましたが、
いやぁ、凄いですね。
まさか、こんな事になっていたとはねぇ。
あの人が…って、ちょっと驚きました。

ラストカットはコメディらしいカットでしたね。
この後、どうなったんですかね?
上手く行くといいんですけど。

エンドロールでは、あの人の表情が面白かったです。
大変な世界ですね。
それにしても、恐いですね。
普通に勝負できないもんなんですかね。

見終わっての感想は、
まさに有名俳優が出ている映画でしたね。
当たり障りない感じに思えました。

もっと笑えるシーンが欲しかったです。
社長がもっと活躍してればなぁ…。