映画・DVD「デュプリシティ」2010/01/05 11:16

企業スパイとなった男の物語。

元諜報部員の主人公の男は企業スパイとなり、
ある任務についた。
そこで、好きな女性と再会。
彼女も、ある任務についていた。
相手会社が新製品を出す事が分かり、
新製品の情報を盗もうとするのですが…。

タイトルバックの2人の社長のシーンが面白いですね。
声が聞こえないのが逆にいいですよね。
社長でも、こんな事するんですね。

主人公は任務中に、好きな女性を見つけるんですが、
あんなに遠くても分かるんですね。
ちょっと遠過ぎなようにも思えるんですが…。

好きな女性の会社のセキュリティが結構厳しいですね。
毎日、違うカードでやってるんですかね。
ここまで徹底してるとは。

主人公が属している側の社長も外出する時は、
ある事をするんですが、これも凄いですね。
こりゃ神経、使いますね。

相手会社が新製品を出す事を知った
社長の反応が面白かったですね。
あの自信満々の態度は、
どこに行っちゃったんですかね。

相手会社のあるモノに細工していたとはねぇ…。
こんな事、可能なんでしょうか。
凄いですね。

いろいろな情報から、
新製品の情報が分かるもんなんですね。
なるほどねぇ…。
確かに説明されると、納得できますね。

主人公と好きな女性の再会では、
いつも主人公は、ある事を言うんですね。
これはワザとなんですかね。
それとも自然に出てるのかな。

主人公と好きな女性は、お互いの職業柄、
なかなか上手くいかない所もあるんですよね。
出会った後に、いろいろとありましたからね。
こうなっても変ではないですけど、なかなか難しいですね。

主人公は任務の為に、バーにいる女性に近付くんですが、
上手い事やるもんですね。
女性が可哀想でしたね。
彼女の話からすると、良かった事もあったみたいですが、
あんな話をされたらねぇ…。

好きな女性に、主人公が仕事を辞めた事について
質問されるんですが、この時の2人も…。
簡単には辞められないですよね。
質問されるのは当然かも。

主人公は新製品に関係する男をマークするんですが…。
どうして、こんな結果になったんですかね。
隣の席の人が凄い体勢になっていたのが
ちょっと笑えました。

主人公と好きな女性は、ある事を話すんですが、
ここでも食い違いが…。
話した後の2人並んで座ってる所がなんか良かったです。

好きな女性は主人公の部屋で、あるモノを見つけたらしく、
主人公に質問するんですが…。
これは、ちょっとズルイですよね。
でも、それだけ相手の事を思ってるって事なのかなぁ。

社長と主人公が御忍びで、ある場所に行くんですが、
本人、変装しているつもりなんですね。
分かる人が見れば、分かりますよね。

社長は、ある人から情報を得ると、慌ててましたね。
主人公には教えてくれないんですね。
この後、主人公は、その情報を知る事になるんですが…。
これは凄いですね。
本当だったら、凄い事ですよね。

相手会社でトラブル発生。
でも、これは最大のチャンスになるんですよね。
この後のシーンは、ハラハラしました。
主人公がある事をするんですが、
「これは賢い」と思いましたが…。
まさか、こんな事になるとはねぇ…。

空港で待っている女性の前に現れたのは…。
どうなってるんですかね。
誰か説明してもらいたいです。
そう簡単にはいかないと思うんですけどね。
でも、本当の事が分かったから良かったですね。

社長が株主総会で演説するんですが、
ちょっとムカつきますね…。
調子に乗ってますよね。

株主総会をやっている裏では、
ある事も行われているんですよね。
結果は…。
この時の反応がちょっと面白かったです。

最後に、今までの事についての種明かしがありましたが、
いやぁ、凄いですね。
まさか、こんな事になっていたとはねぇ。
あの人が…って、ちょっと驚きました。

ラストカットはコメディらしいカットでしたね。
この後、どうなったんですかね?
上手く行くといいんですけど。

エンドロールでは、あの人の表情が面白かったです。
大変な世界ですね。
それにしても、恐いですね。
普通に勝負できないもんなんですかね。

見終わっての感想は、
まさに有名俳優が出ている映画でしたね。
当たり障りない感じに思えました。

もっと笑えるシーンが欲しかったです。
社長がもっと活躍してればなぁ…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2010/01/05/4795635/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。