CM「ミルクシーフードヌードル」2010/03/06 20:59

「ミルクシーフードヌードル」で


外国人女性が叫んでますよね。


さっき久し振りに見たら、


外国人女性の叫び声の


音量が下がっているように思いました。


あの叫び声、結構、気になっていたので、


もしかしたら、


クレーム来たんですかね?

B'z - LIVE-GYM 2010 "Ain't No Magic" at 東京ドーム 2010.3.72010/03/08 00:31

B'z - LIVE-GYM 2010 "Ain't No Magic" at 東京ドーム 2010.3.7
今日は、いつもライブに一緒に参戦している
友達のご好意により、B'zのLIVE-GYMに参戦しました。

今日も残念ながら、雨でした…。
B'zのライブの日は雨が多いと友達から聞いていましたが、
本当にそうなんですね。
でも、今回はドームですから、雨は関係ないですよね。

今回の席は、なんとアリーナでした。
位置は後方でしたが、
初めて、東京ドームのグラウンドに下りました。
これだけでも感動しました。
父親に自慢できますからね。

開演までは、スクリーンに、お客さんを映して、
いろいろとやってもらったりしてましたね。
エアギターはスタッフの方に見本を見せてもらいましたね。
あのテーマソングも流れましたので、歌いました。
この曲、皆で歌うには、少し難しくないですか?
俺には、ちょっと難しく感じるんですけどね。

ライブ、スタートは、
地球の歴史を映しているような映像でした。
どういう意味が込められていたんでしょうかね?
何かあると思うんですが、俺には分かりませんでした。

ライブ1曲目は、ニューアルバムの1曲目のインストで、
そのまま「DIVE」へと流れました。
これは、カッコ良かったです。
炎のトンネルみたいで凄かったです。

稲葉さんの最初の衣裳が
全て金色というのも凄かったですね。
これは、なかなか普通の人では着れないですよね。

稲葉さんの「B'zの~」を
松本さんが何度か横取りする事がありました。
稲葉さんもまた、松本さんが言うのかと
身構えていると、言わなかったんです。
このやりとり、面白かったです。

前半の早い段階で、バラードが何曲か演奏されました。
その中には、お気に入りの曲「OCEAN」もありました。
サビの部分では、思わず、鳥肌立っちゃいました…。
やっぱ、この曲、好きです。

(ここから先は曲順不同です。セットリスト分かりませんので。)

「LOVE PHANTOM」は頭の演奏を聴いて、
何かしら、叫んでました。
この曲も好きです。
光線が綺麗でした。
「LOVE PHANTOM」には光線がつきものなんですね。

「MAGIC」の頭の松本さんの演奏で、
「FIREBALL」と勘違いしてました。
何で、こんな勘違いしたんですかね。
勉強不足ですね…。

座席票にサブステージがあったんですが、
実際、会場で見ると、黒っぽい何かがあった感じだったので、
「下からステージが出てきたりするのかな?」と思ってました。
しかし、予想は外れて、「Mayday!」で
稲葉さん、松本さん達がいるステージ自体が移動し始めました。
ステージがお客さんの上を移動して、
サブステージになるなんて、
予想外の事だったので、驚きました。
ライブ前に、友達がサブステージに対して、
振ったにも関わらず、ちゃんと見てなかったんですね…。
友達に申し訳なかったです…。
ステージ移動中に、
稲葉さん、松本さんの顔がばっちり見る事が出来ました。
これには興奮しました。
アリーナだと、こういう楽しみもあるんですね。

ステージが移動し終わって、「love me, I love you」。
この曲は懐かしいですね。
これは盛り上がらない訳いかないですよね。

ステージに戻る時には「ultra soul」。
これまた、盛り上がりました。
今回もジャンプしましたが、ちょっと遅れてたと思います。
席が狭いので、思い切って、ジャンプ出来なかったんです。
最後の方には、そんな事、忘れてましたけどね。

ニューアルバムの曲の中で一番好きな「誰にも言えねぇ」では、
井戸が登場して、松本さんが告白してくれましたね。
「Freedom Train」の坂がきつかったとか。
見過ごしてました…。
失敗しました…。
稲葉さんは、井戸に向かって、
告白する時の体勢がちょっときつかったと言ってましたね。
で、井戸が好きになって、自宅に持ち帰りたいとも。

ちょっと、どの曲か忘れてしまったんですが、
ある曲で、松本さんがギターソロするんですが、
「ゴッドファーザー」のテーマらしき曲を弾くんですが、
その時にカメラ目線を稲葉さんと一緒にしていたのが
とても面白かったです。
こういうの好きです。

「愛のバクダン」では、
爆弾型の大きな風船があちこちに現れました。
自分達がいる所にも風船が来たんですが、
残念ながら、俺は触れる事が出来ませんでした。
友達は触れる事が出来たんですけどね…。
折角のチャンスだったのに…。
今は、全然気にしてません。
いいネタが出来ましたからね。

本編ラストは「long time no see」でした。
ここで、あの稲葉さんの叫び(?)が聴く事ができました。
それにしても、凄い肺活量ですね。
よく、あんなに声が長く出ますよね。
毎回聴く度に驚かされます。

アンコール1曲目は「愛のままに…」でした。
まさか、やってくれるとは思ってもいなかったので、
嬉しかったんですが、
B'zファンの方々に怒られてしまうかもしれませんが、
最後のサビ前の皆で歌う部分が歌えませんでした。
すっかり忘れてしまってました…。
次回、歌えるように、勉強しときます…。
やっぱり皆で歌うのは気持ちいいですからね。
歌えなくて、悲しかったです…。

アンコールラストは、「イチブトゼンブ」でした。
しかも、最初はバラードバージョン。
そして、オリジナルバージョンに戻りました。
こういうのもいいですね。

今回のライブは、
ニューアルバム「MAGIC」の曲が殆ど演奏されて、
唯一、演奏されなかったのは、
「夢の中で逢いましょう」だと
ライブ後、友達に教えてもらいました。
新旧織り交ぜていたセットリストだったので、
全然気が付きませんでした。

今回、東京ドームでアリーナ席のライブ参戦、
凄く楽しかったです。
遠くの席にいる人も楽しめるような
ステージと映像、とても綺麗で凄かったです。
友達がライブ前に「今回のライブは期待していい」
と言っていた意味が分かりました。
東京ドームのライブもいいもんですね。

今回のライブに誘ってもらった友達に感謝します。
次回もよろしくお願いします。

TV「とくダネ! 」2010/03/08 09:22

  さっきテレビをつけて、
 
 「とくダネ! 」を見ていたら、
 
 エンタメ情報を続けて情報するコーナーで、
 
 昨日のB'zのライブ映像が流れました。

 曲は「Mayday!」で、
 
 あの移動されているところが映ってました。

 運良かったです。

 他のワイドショーでも、

 この映像、流れるかもしれませんね。

映画・DVD「デフロスト」2010/03/08 18:50

北極で研究している博士の基地で起こる物語。

北極で研究している博士の基地に
博士の娘と学生3人とヘリのパイロットが到着した。
しかし、基地には誰もいない状態で、
基地内を探してみると、
研究室で、あるモノを見つけてしまい…。

博士があるモノを発見できたのも
地球温暖化が原因なんですよね。

博士の手伝いに学生3人が選ばれるんですが、
その内の2人が恋人同士ってのは都合良過ぎですよね。
その2人が基地に来て、そうそう…。
このシーンに行く前の好青年の一言に笑いました。

博士の助手の女性は正しい事をしたんですね。
彼女があんな状態になってしまうのが、
ちょっと恐かったです。

博士は娘を基地に連れて来ないようにと言ったんですが、
もしかして、
博士は学生をある計画に利用するつもりだったんですかね。
なんか、そんな感じがしました。

ヘリのパイロットを助ける為に、
好青年がある事をするんですが、上手くいかず、
博士の娘が頑張ってましたね。
何度もやってるのが、ちょっと可笑しかったです。
そういうシーンではないんですけどね…。

虫嫌いの青年は本当に酷い奴でしたね。
自分が助かる為に何でもするみたいで、
まさか、恋人の女性に対して、あんな事をするとは…。

ヘリのパイロットは勇気ありますね。
もう、どうなるか分かるから、
あのような行動に出たんだと思いますが、凄いですね。

博士の計画、凄い考えでしたね。
これは、もう恐いですね。
こういう事じゃないと変えられないんですかね?

好青年も勇気のある人でしたね。
博士の計画を止める為の行動は、
なかなか出来ないですよね。
ちょっと可哀想でしたね。

博士の娘も計画を止める為に、
ある行動をするんですが、
なんか、あまり考えずにやったような感じに見えました。
少しは悩んだりすると思うんですが…。
でも、彼女は正義感強いですね。

ラストシーンは、予想通りでした。
こういう映画だと、こういうラストですよね。
定番でした。

実際に起きてもおかしくない話だったので、
少し恐かったです。
この映画のように、
今後、いろいろと出てきたりするんですかね…。

映画・DVD「ファイナル・デッドゲーム」2010/03/09 18:59

隠してあったゲームをする若者達の物語。

自分達だけで楽しむ為に島にやってきた若者達。
滞在している家で隠されていたゲームを発見し、
面白半分で、ゲームを始める若者達だったのだが…。

このゲーム、嫌なゲームですね。
俺だったら、絶対やりたくないですね。

胸を大きくした女優の映画、パッケージからすると、
某有名SF映画のパロディでしょうか?
ちょっと見てみたい気もしますね。

双子の姉妹とそれぞれの彼氏が2階に行って…のシーンは、
見ている方も期待しますよね。
双子の姉妹は、完全に乗る気でしたよね?

殺されるシーンで一番印象に残ったのは、
最後から2番目に殺された人のシーンでしょうか。
とっさの判断で、
あのような行動をしてしまったんでしょうね。
その行動に、ちょっと笑ってしまいました。

地下室で殺された人の遺体は、ちょっとグロかったですね。
これは食事時には見れないですね。

島に仕掛けられた罠も、どこかで使われるかと思ったら、
ちょっと笑えるような感じで使われてましたね。
他の話でも、こういう使われ方しますよね。
定番ですね。

実際に見た事じゃないにも関わらず、
本当の事だと思ってしまうのは、どうなんでしょうかね?
普通、夢だとか思わないもんなんですかね。

ラストには、ちょっと驚かされましたね。
この後、どうなったのか、とても気になりました。
たぶん、結果は決まってるように思えますけどね。

予想していた話と全く違っていましたが、
これはこれで恐いかもしれませんね。
一番恐いのは…って思いました…。
やっぱり隠してあるモノを使ってみるのは、
何かしら危険ですね。