映画・DVD「ザ・バンク 堕ちた巨像」2010/05/06 00:31

女検事と一緒に大手銀行を調べる男の物語。

主人公の目の前で相棒が倒れてしまい、
それを機に主人公は大手銀行の調査に本気になった。
大手銀行の頭取の証言と事実が
食い違う事に気付いた主人公は、
その事について、銀行に乗り込むのですが…。

この映画に出てくる銀行、恐いですね…。
あるモノを買うという変な事をするんですが、
これもちゃんとした理由があるんですね…。
利益の為なら、何でもするような感じでした。
まさか、こんな事をして利益を得ているとは
思ってもいませんでしたので、驚きました…。

主人公と女検事が地元の警察?に
ある調査を要求するんですが、
「やっぱり…」と思う結果になってました…。
こうなると、どうしていいか分からなくなりますね…。

主人公が記憶を呼び起こす為に、ある事をするんですが、
これは効果あるんですかね?
主人公だけなのかな?
いつも用意してあるみたいでしたね。
ちょっと面白かったです。

主人公と女検事がある大物に話を聞き、
続きは後となるんですが、
ここで、もうどうなるのか分かってしまいました…。
ましてや、この大物、あんな事するんですから…。
「どうにでもしてくれ」と言ってるような感じですよね。

ある計画を実行する為に、銀行の手下たちは、
手の込んだ事をしてました。
モノを渡すにも、こんな風にしないといけないんですね。
最終的にモノが渡った人を見て、やっぱり…。
これじゃ、どうにもなりません…。
でも、「何でこんな事を?」を思っていたら…。
なるほどねぇ…。
こういう風にしたかったんですか…。
ここまでするもんだったのかなぁ…。

主人公と女検事は、ある人を追うのですが、
ここで、驚く事が起きました…。
逃げる為に、ここまでしますか…。
やっぱ凄いですね…。

主人公と女検事は、ある人を探そうとするのですが、
やっぱり…。
こんな風に止められる事件って、
現実にも何件もあるんですかね…。
嫌な感じです…。

女検事がある事をきっかけに、
ある人を探すヒントを見つけるんです。
これは、なかなか気が付かないですよね。
俺だったら絶対気が付きません…。

主人公が地元の刑事達とある医師の部屋を訪れるのですが、
最初、拒否されてしまうんです。
そこで、主人公がある事を言うと…。
この医師、自分の事になると協力するんですね…。
ちょっと面白いシーンでした。

主人公と刑事達が探していた人を発見し、
尾行するシーンがあるんですが、
これがハラハラできて、良かったです。
いつ尾行がばれるんじゃないかと。

主人公がある場所で銃撃戦をするんですが、
ここで、ちょっと嫌な事がありました…。
主人公も慌てていました。
こうなって欲しくなかったです…。

ある場所の銃撃戦で意外な味方が登場するんです。
まさか、こうなるとは…。
でも、見ていて楽しかったんですけどねぇ…。
最後がなぁ…。

主人公は、いよいよ銀行関係者の1人と
2人きりで話をするんですが、
ここで聞かされた話だと、
もう、どうにもならない感じですね。

主人公は、銀行関係者の協力を得て、
ある作戦を実行して、証拠を得ようとするんですが…。
まさか、こういう事になるとは…。
相手もいろいろと考えているんですかね?
無意識でも、こういう事が出来るなんて、賢いですね。

ラストの出来事には本当に驚かされました…。
最初、「誰?」と思いましたが、
その人の台詞で意味が分かりました。
なるほどねぇ…。
そういう事でしたか。
これはこれで解決かもしれませんが、
本当の解決にはならないのかなぁ…と思っていたら、
エンドロール前の説明?で、
あの人がやってくれるような事が書かれていたので、
ホッとしました…。

女検事はナオミ・ワッツだったんですね。
いつもと印象が違うので全然気が付きませんでした…。
エンドロールの名前を見て、驚きました。
ホラーとアクションのイメージが強かったんですが、
こういう知的な役もいいですね。
あのシーンでの勇敢さは、いつもの感じかもしれませんが…。
とても良かったです。

最初、「難しい内容かなぁ…」と思ったんですが、
そんな事なく、賢くない俺にも少しは理解できました。
銀行という事を考えなくても見る事が出来たと思います。

ハラハラさせるシーンもあったり、
驚かされるシーンもあったりと飽きずに楽しめました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2010/05/06/5065187/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。