映画・DVD「ワールド・オブ・ライズ」2010/05/08 00:23

テロ組織のボスを追い続ける男の物語。

主人公の男はテロ組織のボスを捕まえる為に、
地元の協力を得ようとするが、
主人公のボスは信用するなと言う。
しかし、主人公はボスの言葉を無視して、行動するのだが…。

こういう人達の間でも騙し、騙されがあるんですね。
一体、誰を信用していいのか、分からなくなります。

主人公がいつも監視されているのが面白いですね。
これじゃ、いろいろと出来ないですね。

主人公はテロ組織から抜け出そうとする男と会い、
情報を得るんですが、情報提供者の男の要求には…。
これ、可哀想でしたね…。

その情報提供者がテロ組織の仲間に連れて去られる時に、
主人公がある事をしたんですよね。
それ見た時は、「何で?」と思ったんですが、
後の説明で納得しました…。
確かに連れ去られた後の事を考えると、
主人公の行動が正しかったかもしれませんね…。
嫌な仕事ですね…。

主人公と相棒がある事をした後に
カーチェイスが始まるんですが、
これは凄いですね。
車だけじゃなかったですからね…。
その為に、あんな事が起きてしまったんですけどね…。
これは嫌なシーンでした。

主人公があるモノをマッチ箱に入れるんです。
主人公の気持ちが分かるシーンでした。
それにしても、主人公のボスは本当に冷たい人ですね。

主人公は地元の協力を得て、
テロ組織のアジトを発見しようとする為に、
ある人を見張っていたんですが…。
こういう事は現場に任せられないんですかね。
遠くから見ているから、こんな結果になるんですよね…。

主人公が犬に絡まれるシーンは、
ちょっと恐かったです。

拷問シーンが2つあるんですが、
両方とも、それぞれ恐かったです…。
でも、後の方が凄かったですね…。

地元の人が情報屋を雇うのに、ある事をするんですが、
これは効果的ですね。
上手い事しますね。
こんな事になったら、断り辛いですよね。

主人公のボスは、主人公を信用していないんですかね…。
内緒でいろいろとしてしまうんですからね。
その為に、主人公は…。
主人公が可哀想でしたね。
いろいろと頑張ってるのに…。

主人公とボスがある作戦を実行するんですが、
これは本当に恐い作戦でした…。
巻き込まれたくないですね。
あの人が本当に可哀想でした…。

緊迫したシーンが多いんですが、
ちょっと和むシーンもありました。
主人公が好きになった看護師の女性の家に呼ばれて、
そこに住んでいる彼女の姉の子供との
やり取りをするんですが、
このシーンが面白かったです。
子供たちも可愛かったです。

主人公の部屋にあるモノが届けられていて、
それを見た主人公は、ある場所へ急ぐんですが…。
ここから先はハラハラしっ放しでした。
もちろん、恐かったです…。

主人公に監視があるのを知っているのか、
あんな事をして、監視から逃れようとするとは、賢いですね…。
この後のあの人の一言に「なにぃ?」と思ってしまいました。

ラストは、ハラハラ、ドキドキさせられながら、
上手くやられてしまいました…。
やっぱり事件は現場で起きてるんですね。

そんなラストにあった1つシーンに、
ある人が車に乗り込むシーンがあるんですが、
これは、ちょっとあっけなかったですね。
こんな風になるとは…。

現実に起こってるような感じがして、
本当に恐かったです…。

とてもじゃないですが、主人公のような事はできません…。
主人公は本当に勇敢だなぁ…。
そして、主人公のボスは…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2010/05/08/5071188/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。