映画・DVD「ファイナル・デッドサーキット」2010/06/08 00:41

サーキットの大惨事から逃れられた青年の物語。

サーキットでレース観戦していた主人公は、
大惨事が起きる事が分かり、外へ出るように呼び掛ける。
すると、本当に大惨事が起こってしまう。
それから数日経ち、
大惨事の死から逃れられた人々が次々と死んでしまう。
前兆の見える主人公は、人々の死を防ごうとするのだが…。

ファイナルディスティネーション最新作を
やっと見ました。
毎回、どうやって殺されるのか、
その過程を見るのも楽しみでしたが、
今回もハラハラさせてくれました。

最初のサーキットで起きた大惨事は凄くグロかったです。
ここまでなりますかねぇ…。
タイヤって、あんなに飛ぶもんなんでしょうか?

サーキットにいた子供2人が
母親にあるモノを耳に入れるように渡されるんですが、
これは、いかんですよね…。
子供は分かってるんですかね。
ちょっと可哀想でした…。

タイトルロールは、たぶん、過去のシリーズで起きた
殺され方がお洒落な感じで流れてました。
有刺鉄線やハシゴ、クギとか懐かしいですね。

最初に殺された人は、自業自得のようにも見えますね。
でも、この殺され方は、ちょっと哀れでした…。

2番目の人は、
散々、ハラハラさせておきながら…って感じでした。
肩透かしされましたね。

こんな美容院あるんですかね?
でも、ちゃんと時間通り来ていたら、
変わっていたんですかね?

ある原因を作ったオヤジがのんびり仕事をしているのが、
ちょっと面白かったです。
本人、気が付いてませんからね。

3番目の人は、常に危険と隣り合わせなんですよね。
これは危ないと思っていたら…。
こういうパターン多いですよね。

4番目は、ありそうで無さそうなパターンですよね。
誰かしら気が付かないといけないと思うんですけどね。
これが一番、ハラハラしたかもしれません。

5番目は、これもちょっとどうなんだろう…。
問題ですよね…。
そのままにして、普通、立ち去りますかね?
立ち去る時には、結構ありましたからね。
それによって起こった事もちょっと酷いですよね。
これは、無理あると思いました。

6番目は、「えっ?」と思わせてくれました…。
これは意外でしたが、
一緒にいた人がなんとも無いのがなぁ…。
どうにかなっても変じゃないのに…。

7番目は、ちょっと笑ってしまいました。
意地張って、あんな風になるんですからね。
ちゃんと人の忠告は聞いた方が身の為ですね。
でも、面白かったです。良かったです。

8番目は、グロかったです…。
普通、こんな状態になっても動いてるもんなんでしょうか?
安全装置とか働きそうな感じなんですけど…。

主人公がある事を阻止する為に頑張ります。
ここだけ、アクションヒーローみたいです。
でも、こんな所に何故、可燃物があるんですかね…。

ある人が「安心して下さい」と言った後に、
ある事が起こったのには、笑いました。
どう見たって、状況からして、
安心できる状態じゃないのにね。

主人公の彼女と友達がラジコンにからかわれるんですが、
そのラジコンを操作している人達が…。

主人公の彼女と友達が観る映画は、
タイトルからして、恋愛映画かなと思ったんですが、
どうも違ったみたいでした…。
ちょっと変なタイトルですよね…。

ラストは、「やっぱり、こうなりますか…」という感じでした。
まぁ、これはお決まりのパターンですからね。
でも、最後にあのような映像にするのは、
ちょっと面白かったです。

主人公がよく行くカフェの名前が変ですよね。
どういうつもりで付けたんだろう…。
気になりました…。

主人公は殺され方をイメージで知るんですが、
最後だけ違うんですよね…。
何で、こんな風になったんだろう…?
同じ流れならば、イメージのはずなのに…。
そう言えば、最初もイメージでは無かったですよね…。

確か、子供2人もサーキットにいたんですよね。
この2人は、どうなったんでしょうね?

今回も見終わった後、
自分の周りには危険なモノがあると実感させられました…。
後、事故死だけは嫌だなぁ…と思わせます。

今回は、過去のシリーズと似たような感じで、
殺されてる人がいたように感じました。
そろそろネタ切れかなぁ…。
人の手じゃなくて、いろいろな事が重なって、
起こってしまいますからね。

このシリーズ、好きなので、どうにか続けて欲しいです。
次は何でしょうね?
楽しみです。

この映画、3Dで劇場公開されたんですよね。
どんな風に観えたんでしょうか…。
いろいろと飛んでくるんですよね。
ちょっと恐そうですね。
この短さで映画館で観るのはなぁ…。
でも、3Dで観てみたい気もしますね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2010/06/08/5145816/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。