映画・DVD「XYZマーダーズ」2010/06/21 00:34

好きな女性を追い掛ける殺し屋から彼女を守ろうとする男の物語。

主人公の警備員の男は、ある女性を好きになり、
彼女を追い掛ける事に。
彼女がいる店の近くにある会社では、
殺し屋がある人物を殺そうとしていたが、
彼らはあるミスを犯してしまう…。
殺し屋の動きを見ていた女性が
今度は命を狙われう事になってしまう…。
そして、ひょんな事から
主人公の好きな女性も殺し屋に追われる事になり…。

急いで車を走らせてるシスター達。
ラジオである事が流れると、
一斉にある事をするのがちょっと面白かったです。
でも、シスターがこんなにスピード出して、
いいんですかねぇ…。

ある人の煙草の煙がある形になったのがいいですねぇ。
こういうの好きです。

殺し屋にある人物を殺す依頼をした男の
机の上に飾られてある奥さんの写真がインパクト大でした。
どうして、こんな顔の写真を飾ってるんでしょうか…。

主人公が好きな女性を誘うんですが…。
この主人公、全く空気が読めないですね…。

主人公とエレーベーターが一緒になった大佐が
ちょっと変わったキャラで面白かったです。
この大佐、興味あります。

ハリケーンの凄さを表してるシーンは、
とても極端で、まるでコントのような展開でした。
特に車ですね。

殺し屋2人が車で移動中の時に、
1人が煙草を取ろうとするんです。
それを見た、運転している、もう1人は…。
このシーン、叫び合うのが面白かったです。

殺し屋を依頼した男が奥さんに頼まれて、
ある事をしてしまった為に…。
まさか、こういう展開になるとは…。
ここから、どうなるのか全然検討つきませんでした…。

殺し屋を依頼した男の奥さん、殺し屋を見てしまった為に、
命を狙われてしまうんですが、
この2人の攻防戦が長いんですが、ちょっと面白かったです。
この奥さん、結構、頑張るんですよねぇ…。

奥さんが殺し屋に対して、
いろいろとモノを投げるシーンは凄かったですし、
殺し屋が奥さんに近付く為に、
あるモノを動かしたり、
ある所でのドアを使った攻撃。
そして、最後は奥さんが…。
最後の奥さんの行動は気が緩んだんでしょうね。
この奥さんもいいキャラしてました。

黒人の男の人が殺し屋に目をつけられた奥さんを
助けようとするんですが、
可哀想な結果になってしまうんですよね…。
でも、その顔がとってもいいんですよねぇ。
場違いなんですが、笑ってしまいました。
目がギョロッとしていて、良かったです。

主人公は好きな女性と楽しい時間を過ごす事になるんですが、
主人公、本当にタイミングの悪い人ですね…。

主人公と好きな女性がある事に参加するんですが…。
「ちょっと都合良過ぎ…」とも思いましたが、
映画ですからね。
結果後の主人公の笑顔がなんか憎たらしかったです。
よく笑顔でやってられますよね…。
好きな女性と一緒なら…って事なのかなぁ…。

主人公が好きな女性も可哀想な人でしたねぇ…。
彼に振り向いて欲しいからといって、あんな事したのに…。
主人公にとってはラッキーでしたけどね。

主人公が好きな女性も殺し屋に狙われてしまうんですよね。
殺し屋が主人公が好きな女性を連れ去ろうとした時、
1階にいた犬を連れたおばさんがちょっとカッコ良かったです。
いいなぁ、こういうおばさん。
面白かったです。

主人公が好きな女性を振った男に、
ある悲劇が訪れましたよね。
「もしかして、こうなるかなぁ…」と思っていたら、
やっぱり、思った通りになってくれました。
彼は、どうなったんですかねぇ…。

エレベーターに子供が乗っていたんですが、
殺し屋がエレベーターに乗る為、
子供が邪魔だったので…。
このシーン、ちょっと面白かったです。

その子供が警官にある質問をされるんです。
その質問に対しての子供の答えには驚かされました…。
その答えを聞いた警官の行動にも…。
これはコントでしたね。
良かったです。

カーチェイスシーンがあるんですが、
これは、とても不自然でしたね。
「こんな事できるはずない」って事をやってくれました。
こてこてのコントで良かったです。

殺し屋との最後のシーンは、ちょっと緊張感があって、
ハラハラさせられました…。
どうなるか分かっていても、ハラハラするもんですね。

主人公が電気いすに座らされて、もうすぐ死刑執行。
電気のレバーを持つおじさんがやってくれました。
お偉いさんもやってくれましたね。

最後の方に、あの人達が登場してくれましたね。
よーく見たら、その中に、あの人が…。
この人達とのやり取りは少し面白かったです。

ラストは、自然(?)の流れでしたね。
やっぱり見た目じゃないんですね。

エンドロール後に、ちょっとしたシーンがありました。
本当に…だったんですね…。
この後、どうなったんでしょうか…。

主人公は何で捕まったのか、ちょっと分からなかったです…。
誰を殺した犯人だったんでしょうか…。

かなり古い映画でしたが、
クスクスと笑えるシーンが多く、楽しむ事が出来ました。
この映画はコントですね。
また見たい映画の1つが増えました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2010/06/21/5173516/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。