映画・DVD「アンダーカヴァー」2010/07/16 00:55

警察官の父と兄を持つ、クラブを任されてる男の物語。

主人公は警察官の兄の昇進パーティーに招待されて、
恋人と出席する事になるのですが、
招待されたのは、別の目的もあった…。
主人公は返事をせず、その話は終わったが、
後日、主人公が任されてるクラブに警察がやってきて…。

主人公は兄の昇進パーティーに呼ばれたのですが、
ただ呼ばれただけじゃなかったんですよね…。
これは、いくらなんでも、ショックだなぁ…。

主人公の恋人が主人公に
あるモノをプレゼントするんですが、
その渡し方が可愛かったです。
こういう渡され方もいいですねぇ…。

主人公と兄は、ある事で口論になってしまうんです。
これは主人公からしたら、
ちょっと裏切られた気分でしょうね。
しかも、この夜、ある悲劇が起こってしまい…。
これは、ちょっと恐いシーンでした。
実際、こんな風になったら、どうにも出来ないですね…。

主人公は、この悲劇によって、
ある事をする決意をするんです。
主人公、悪ぶっていますが、
根っからの悪じゃないんですね。
でも、これは本当に恐いシーンでした…。
主人公、相当、勇気がいったと思います。
しかも、アレを言っても、なかなかでしたからね…。
本当にハラハラ、ヒヤヒヤしました…。

麻薬の売人の手下が警察に捕まったんですが、
そこですかさず、麻薬の売人がある事を言うんです。
この事によって、麻薬の売人の手下は…。
こういう世界なんですかね…。
関係無いのに、恐いもんです…。

主人公は麻薬の売人から命を狙われるようになって、
恋人も一緒に身を隠すようになったんですが、
恋人がどういう状況か分かっているのに、
あんな行動をしてしまうんですよね…。
恋人の気持ちも分かるけどね…。

この映画の警察もやってくれましたね…。
麻薬の売人が逮捕されたんですが、
ある事によって、脱獄…。
一体、どういう警備してたんでしょうか…。
そんなに簡単に脱獄って
出来るもんじゃないと思うんだけどなぁ…。

主人公が隠れている場所がバレたと分かり、
移動する事になるんですが、
ここで、また悲劇が起こってしまうんですよね…。
これも恐かったです…。
しかも、最後に、あんな事になってしまうなんて…。
このシーンが一番嫌なシーンでしたね…。

この悲劇によって、主人公は、ある決意をするんです。
なんだか、この主人公、悲劇がある毎に決意してますね。
この決意に対して、恋人が激怒するんですよね。
恋人の気持ちも分かりますが、
こんな悲劇が起こってしまったら、
主人公のような決意をするのも分かりますよね…。

主人公がある儀式を受けるんですが、
このシーンは、そんなに派手ではありませんが、
とても印象的で、とてもジーンと来ました。
鳥肌、立ちました…。

ある儀式の後に、主人公と兄が話をするんですが、
この時の兄の表情がとても複雑でしたね。
やっぱり、弟には…って気持ちがあるんですね。
最初の方で、兄が「弟には関係ない」
みたいな事を言っていたのも、
弟の事を思っていたからなんでしょうね。

どうして、隠れている場所がバレたのかが、
ある人によって分かりました…。
これは、主人公が激怒するのもしょうがないですよね…。
でも、ある人もまさか…と思っていたみたいで…。

麻薬の売人には仲間がいたんですね…。
しかも、あの人とは…。
主人公、ショックみたいでしたね…。
相当、信頼していましたからね。

警察が麻薬の取引場所に突撃するんですが、
また警察が初歩的なミスをしてるんですよね…。
取引場所の裏に誰もいないんですよ…。
どうして、誰もいないのかは、
この後の展開の為なんでしょうけど、
これは、ちょっと間抜けに見えました…。

麻薬の密輸方法がこれまた考えてましたね…。
これなら、パッと見、分からないですね。
こういう事してでもするとは凄いですね。

警察が突撃した時に、
ある人が動けなくなっていましたね…。
やっぱり、あんな事があると、
トラウマになってしまいますよね…。

主人公は逃げた麻薬の売人を1人追う事になって、
いよいよ対決となるんですが…。
このシーンは、主人公の気持ちが出ていましたね。
ここまでしても…って感じでした。

麻薬の売人の仲間に対しての主人公の言葉が
ちょっと切なくも感じられました。
信頼していた人に裏切られたんですからね…。

ラストは、ある儀式の主人公が参加していました。
そこで、主人公は、ある人を見るんですよね…。
まだ、主人公の心の中には…。
切ないですね…。
でも、それと引き換えに…
と言ってはいけないかもしれませんが、
主人公は、ある絆がより強くなったんですよね。

結構、ハラハラ、ヒヤヒヤするシーンが多かったです。
実際にあったら、本当に恐いですね。
ここまでするとは、麻薬の売人は酷いもんですね。

最初の方の主人公と最後の方の主人公は別人ですね。
やっぱり、2つの悲劇によって、
主人公のある力が目覚めたんでしょうね。
それにしても、ここまで変わるとは、人間って凄いですね。

主人公の父親への愛、兄への愛、恋人への愛
といろいろな愛が見る事も出来た映画でした。