映画・DVD「スリラー」2010/09/23 00:44

ある館に息子と新しい男と住む事になった遺産を相続した女の物語。

新しい男の提案で、
主人公と息子はイギリスのある館に住む事になった。
その日から、息子は、ある友達と遊ぶようになり、
主人公もあるモノが見えてしまい、
次第に精神が不安定になってしまい…。

この映画の主人公は、あまり好きになれませんでした。
あまり綺麗じゃないし、声も椿鬼奴みたいでした。

冒頭のシーンで、主人公が仕事をしているんですが、
とてもこんな事をしている人には見えないです。
たぶん、こんな事をしているから、
「未来が見える」とか言ってんでしょうが、
肝心な事についての未来は見えていませんでしたね…。

主人公と息子、新しい男は、
イギリスのある館に住む事になるんですが、
着いてそうそうに、
主人公は母親らしからぬ行動してました…。
これは、ちょっと酷かった。
この主人公、母親としての本能よりも、
女としての本能の方が勝ってるみたいですね…。

主人公の新しい男には、謎の行動がありました。
イギリスのある館は彼が用意したモノなんです。
しかも、主人公と出会う前に買ったみたいなんですが、
どうして、この館を買ったのかが分からないんです…。
後に分かる事なんですが、
この館には、ある出来事が起きてしまっているんですが、
それでも買った理由がちょっと分からなかったです…。
何かしたかったんでしょうか…?

主人公の息子が館にあった人形を見つけるんですが、
この人形、かなり不気味でした。
顔にあのような傷がついているんですからね…。
何で、こんな傷がついているんだろう…。
しかも、息子は人形にある事をするんですが、
息子は「遊んでいた」と言うんですよね…。
このある事がとても遊んでいる行動には見えなかったです…。
息子は、どうして、こんな事していたんですかね…?

主人公は、新しい男との間の子供を授かるんですが…。
これは可哀想でしたね…。
でも、なんか急になった感じでしたね。
館の周りには何も無い感じでしたから、
危険な目に遭っても助けてくれる人もいないですよね…。

主人公が風呂に入っていると、
新しい男が入ってくるんですが…。
何なんでしょうか、このシーンは。
思わせぶりなシーンでしたが、本当に中途半端。
男の行動もちょっと変でしたね。
しかも、全くセクシーに感じませんでした…。
理由は、なんとなく分かりますけどね…。

主人公の息子と新しい男の隠れんぼのシーンは、
ちょっと恐かったです。
いろいろと想像してしまいました…。

主人公は館に住んでから、
いろいろと見えるようになるんですが、
このシーンがオカルトでしたね…。
特に一番印象的なのは、
大きな木が主人公を…するシーンでした…。
このシーン、驚きました。
まさか、主人公がこんな事になってしまうとは…。
かなり現実離れしていました。
しかも、現実の主人公もいつの間にか、
あんな所にいましたからね…。

主人公の新しい男には、ある問題がありました。
その問題を解決する為に、
彼は、ある行動をしてしまうんですよね…。
これは酷かったですね。
やっぱり、そうだったのか…と思いました。

主人公がある動物に襲われていました。
これは本当に可哀想。
偶然、中に入ってきたんですかね?
それとも、あの人が…?

主人公は何かに導かれて、ある所の壁を壊してみると…。
どうして、こんな風になっていたんですかね?
もしかして、これは、あの人がやったんですかね?
この事が発端で、館について調べてみると、
過去に館で、ある出来事が起こった事が分かりました…。
酷い出来事でした…。
でも、どうして、
主人公の息子がある事を知っていたんですかね…?
もしかして…?

主人公が精神的に不安定な状態になってしまった時、
主人公の新しい男は、主人公の身内に対して、
凄い失礼な事を言っていましたね。
これも酷かったですね。

主人公は、新しい男に、ある話をしてみると、
新しい男は怒ってしまうんですよね。
怒るという事は、ある意味、その話を肯定してますよね。
尚更、彼が館を買った理由が分かりませんでした。

とうとう主人公が危険な状態になってしまい、
精神科医が入院させると、新しい男に言うと、
新しい男は耳を疑うような事を言うんですよね…。
本当に主人公を愛しているんですかね?

主人公と新しい男の間で、ある事について裁判をする事に。
どうして、こんな事になってしまったんですかね?
かなり変ですよね…。
どう見ても、新しい男の考えがみえみえです。

裁判の結果は、当然の結果でしたね。
ちゃんとした証拠もありましたからね。
あの人も証言していたとは…。

裁判が終わって、終わりかと思いきや、
また主人公は見えてしまうんですよね…。
今度は、現実だったんでしょうか?それとも…?
そこで、主人公は、あるモノを発見してしまうんですよね…。

一連の出来事がある人によって
行われていた事を知った主人公は、
その人から逃げるんですが、
主人公、頑張りましたね。
人間、いざとなったら、力を発揮するんですね。

主人公の息子がよりにもよって、あんな所に隠れるとは…。
これは、ちょっとやり過ぎでしたね。
どうして、これが部屋にあったのか不思議でした…。

やっぱり、あの人も只者ではありませんでした。
何か関係あると思ったら…。
この人は、ちょっと可哀想でしたね…。

ラストは、人間の執念を見ました…。
こんな風になっても動けるもんなんですね…。

タイトルからして、どんな話かと思っていたんですが、
想像していた話とは違っていました。
もっと恐い話だと思っていましたが、
そんなに恐くはありませんでした。
でも、やっぱり恐いのは人間ですね。
誰がどんな考えを持っていて、
どんな行動をするか分かりませんからね…。

タイトルロールが昔の映画みたいでした。
「ちょっといいなぁ…」と思ってしまいました。