映画・DVD「ワナオトコ」2010/10/01 00:12

事件に巻き込まれてしまった大工の男の物語。

宝石商の屋敷の改装をした主人公の大工の男は、
ある目的の為に、宝石商の屋敷に侵入する事に。
しかし、屋敷の中には、罠が仕掛けられていて、
主人公は罠を仕掛けた男に
気付かれないように行動するのですが…。

原題と邦題が異なっているんですが、
邦題として、「ワナオトコ」するのは当然かもしれませんね。
全部の罠を1人で仕掛けたとしたら、相当、器用な人ですね。
自分が仕掛けた罠に掛ってはマズイですからね。

冒頭のシーンは、メインとなる屋敷の前に起こった事でしたね。
自分の家に見知らぬ箱がある事が変ですからね…。
こういう場合は、自分達だけで開けずに、
警察に来てもらってから開けた方がいいですね…。

オープニング映像と曲がちょっとカッコ良かったです。
特に曲が良かったです。
これから何かが始まるのを感じられますね。

主人公は、「ワナオトコ」じゃなくて、
宝石商の屋敷を改装した大工でした。
屋敷にいる少女の相手をする優しい人なんですが、
裏の顔も持っているんですよね…。
こんな事をするのも理由があるから、
何とも言えないんですが…。

屋敷に住む奥さんが鏡に向かって、
ある事をやっていました。
この時の台詞がちょっと面白かったです。
そんなに簡単には無くならないと思いますけどね…。

主人公が温室にいた時に、ちょっと恐いシーンがありました。
何で、主人公の腕に…?
やっぱり、こういう時は動かない事が一番ですね…。

主人公には、妻と娘がいるみたいなんですが、
なんか離婚しているようにも見えました。
一緒に暮らしてるような感じではないんですよね…。
妻から、ある事を告白された主人公は、
宝石商の屋敷に乗り込む事になってしまうんですよね…。
これが無ければ、主人公はねぇ…。

主人公が屋敷の中に入ると、もう既に罠で一杯。
そのうちの1つに主人公も掛ってしまうんですよね…。
これは観ていて、痛かったです…。
犯人も人の行動が分かっているんですね。
恐いです…。

主人公は屋敷の中で、屋敷の主人と会ってしまうんですよね…。
屋敷の主人の反応は正しいですよね。
ここにいないはずの人がいるんですから…。
こういう状況でも、ちゃんと分かるんですね。

屋敷の主人と奥さんを助けようとする主人公は、
屋敷の主人に教えてもらったモノで助けようとするんですが…。
肝心のモノが無いとどうにもなりませんよね…。
その間に、屋敷の主人は、
あんな事になってしまうんですよね…。
この犯人、かなり残酷ですね。
ここまでする意味が分かりません。

主人公は奥さんから頼まれて、
少女を探す為に移動しようとするんですが、
犯人に気付かれてはいけないと思い、
奥さんに協力をお願いするんですが、
この事によって、奥さんは…。
これはヒヤヒヤしました…。
ちゃんと映されていないので、
結局どうなったのか分からなかったですけどね…。

奥さんを助けようとする主人公は、
奥さんにある忠告をするんですが、奥さんは…。
やっぱり、こうなりますよね…。
あんなグロいモノを見てしまったら、
冷静ではいられないよね…。

主人公は、かなりの時間、犯人に気付かれずに行動してました。
ニアミスになるところは、やっぱりハラハラしますね。
そんな主人公が一番やばかったのが、
ある部屋に入ると床一面に…。
こういうのも用意する犯人、凄いですね。
この部屋には、猫もいたんですよね。
この猫がいた事によって、
ちょっと面白いシーンになってました。
この部屋での最後のシーンは、
ちょっとしたホラー映画?のお約束でした。
やっぱり面白かったです。
ちょっと笑いました。

宝石商の屋敷にも、あの箱がありました。
開けてみると、あの人が入っていました…。
この人から犯人の目的が分かるんですが、
分かっても理解できないですね…。
そして、箱が置かれる目的もあったんですよね…。
なるほどねぇ…。
確かに、この箱によって、犯人には都合良くなりますよね…。
この犯人も賢いですね…。

犯人は、あるモノを見つけると意外な行動をしたんです。
どうして、こんな事をしたんですかね?
ますます犯人が分からなくなりました。
人間は、どうなってもいいけど…って事なんですかね…。

奥さん、うるさくわめくから、
犯人は、ある事をしてしまうんですよね…。
いやぁ、これは嫌ですね…。
犯人、よくこんな事が出来るなぁ…。
屋敷の主人にした事と比べたら、
こっちの方が軽いかもしれないけどね…。

長女が恋人と帰ってきて、屋敷に中に入ってしまい、
2人がする事といえば…。
この時に、別のハラハラ感もあって、ちょっと面白かったです。
あと、犯人の行動も良かったですね。

犯人とご対面してしまった長女と彼女の恋人。
彼女の恋人が犯人に向かって行くんですが…。
これは酷かったですね…。
でも、一番面白い殺され方だったかもしれませんね。

長女は犯人に捕まるんですが、主人公に助けられるんですが、
長女は…。
彼女の考えは正しいですよね。
でも、主人公の言葉を信用してあげても良かったのにねぇ…。
凄い勢いでした…。
こんな仕掛けができるなんて、犯人は本当に凄いですね…。

主人公は、なんとか外に出る事に成功するんですが、
また屋敷に中に戻ってしまうんですよね…。
この選択が正しかったのかどうかは別として、
折角、外に出れたんだから、警察を呼べば良かったのにね…。
そしたら、もっと早く事が済んだかもしれなかったのに…。

主人公が屋敷に戻ったのは、少女の為なんですが、
こんなタイミングって、有りですかね…。
今まで、どうしてたんだろ…?って思いました。
屋敷内には一杯、罠があるのにね。
よく無事だったよね…。
この件に関しては、あまり深く考えない方がいいのかな?

主人公は少女と協力して、犯人をやっつけようと、
ある罠を仕掛けるんです。
「罠には罠を…」って感じがちょっと面白いですね。
でも、犯人は、その罠を…。
こういう事になるとはねぇ…。
犯人、やっぱり賢いですね…。

主人公が犯人のナイフ攻撃をかわすシーンがあるんですが、
これがまるで、あるアクション映画のシーンを
真似てるみたいで、ちょっと面白かったです。

主人公と犯人が対決して、
主人公が犯人のマスクを取ってしまうんですが…。
これは、こういう感じで良かったかもしれませんね。
今までの事を思い返してもみても分かりませんからね…。

犯人に捕まってしまった主人公は、
犯人に酷い事をされてました…。
1つ目はノミとかなづちを使って…。
2つ目の方が人間として、あり得ない事をしようとしましたね。
これは、やられたら、どうなるんでしょうか…。
考えただけでも恐ろしかったです…。

危険な目に遭っている主人公に希望の光があったんですが…。
やっぱり、犯人は凄かった…。
まさか、こんな事が出来るなんて…。
いつの間に、犯人は、こんな事が出来るようにしたんですかね?
この犯人なら、何でも出来そうですね…。

主人公と少女は追ってくる、あるモノを撃退するんですが、
その方法が凄かったです。
こんな発想できません…。
主人公、よく考えついたなぁ…。

犯人に追い詰められた主人公と少女は、
ある作戦に出るんですが…。
本当に「罠には罠」って感じが面白いですね。
この作戦、あるドラマで観たのと同じだったので、
ちょっと驚きました。

屋敷から外に出る事が出来た主人公と少女だったんですが…。
これは酷かったです…。
どうして、こんな事になっちゃったんでしょうか…。
ちゃんと見ていなかったのかな?
それとも主人公が悪かったんでしょうか…?

ラストは、思ってもいなかった結末だったので、驚きました…。
でも、これは、ちょっと無理がありますよね…。
どう考えても、こうなるには無理があると思うんだけど…。

今回の犯人の目的が達成されたのか?
それともされなかったのか?
全く分かりませんでした…。
もしかしたら、達成されたのかな?
犯人だけが分かっているんでしょうね…。

それにしても、いろいろな罠があって、凄かったです。
そんな罠に引っ掛からなかった少女が一番凄かったのかも…。