映画・DVD「屋根裏のエイリアン」2010/10/06 00:19

貸し別荘に現れたエイリアンと戦う少年の物語。

貸し別荘に家族で来た主人公の少年は、アンテナの修理の為に、
屋根に上ると、そこでエイリアンに遭遇してしまう。
主人公と妹従兄弟たちは、エイリアンの地球侵略を阻止する為に、
エイリアンと戦うのですが…。

最初のシーンで、主人公の少年、かなり凄い事してました。
でも、タイミングが悪かったですね…。
今は、こうやって、親が確認する事が出来るんですね…。
凄い世の中になったもんだ。

主人公の叔父さん、凄い運転してましたね…。
どんな人かと思ったら…。
この親なら、子も子でしたね…。
ちょっと嫌な奴…。

主人公の姉の恋人がバカっぽいと思ったんですが、
違う事の方で賢かったですね。
主人公の父親もまんまと思い通りにされてるし…。

主人公の姉と恋人がプールサイドで楽しんでるところを
主人公と従兄弟が邪魔をするんですが、
このシーン、面白かったです。
お約束のシーンは、やっぱり笑いました。
単純な笑いって、いいですね。

主人公の父親があまり好きになれませんでした…。
なんか主人公の言い分を聞こうともしない感じで。
頭、固そう…。

テレビのアンテナを主人公の姉の恋人が
直すと言ったんですが…。
やっぱりね…。
こういう奴だと思ったよ…。

テレビのアンテナの壊れ方が半端なかったですね…。
これじゃ、直せないよね…。
でも、どうやったら、あんな風に壊れるんだろう…。

主人公の姉の恋人がエイリアンに操られるようになるんですが、
これが本当に面白かったです。
湖から上がる時とか回ったりとか。
湖での主人公の姉に対する行動も良かったですね。
笑いました。

エイリアンの持っている機械が凄いんですよね。
目的地までの地図を表す機械とか、
皆の動きを不自由にする機械とか。
技術が進歩してました…。
未来で登場しそうな機械でしたね。

エイリアンがある映画の1シーンを観ていました。
登場する2人の最後の行動に照れるエイリアン2人が
ちょっと可愛かったです。

皆で地下室に行った時に、
双子の1人があるモノを持っていたんですよね。
こういう時に日本製のモノが出てくると、
なんか嬉しいもんですね。
やっぱり海外でも人気あるんですね。

エイリアンに対して、主人公が武器を作ったんですが、
凄いモノを弾にしましたね…。
確かに当ったら痛そうだけど、重くないんですかね…。
ちょっと、それが気になりました…。

エイリアンの目的は、まずは地下室に行く事なんですよね。
その為にエイリアンは排気口を通って行くんですが、
それに対抗して、主人公達は…。
ちょっと間違えば、別荘が危ないですね…。
効果あったけど…。

次の攻撃では、ちょっと変わった方法だったので、
主人公と父親が対立してしまうんですが、
ここで、主人公は父親に、ズバッと言ってましたね。
これで父親が落ち込むかな…と思ったんですけど、
違ってましたね…。
こんな事を言われたら、少し改めようとか思うんですが…。

主人公達は大人達を別荘から追い出す作戦を実行。
その為に、あの人が活躍してましたね。
これも面白かったです。
ちょっと可哀想でしたけどね。

主人公の妹がエイリアンの1人を助けるんですが、
このシーンでは、鳥肌が立ってしまいました…。
主人公の妹は、瞬時に、このエイリアンは
悪者じゃないと見抜いたんですよね。
凄いです、主人公の妹。

主人公の妹と親しくなったエイリアン、可愛かったです。
楽しそうに、楽器を弾く姿は観ていて楽しかったです。
皆の目の前で、あるモノを使って、
教えたりするのは、凄かったです。
エイリアンが持っていた機械は何の為に使うんでしょうね?
凄い機械だったけど。

エイリアンに操られてしまったのは、
主人公の姉の恋人だけじゃないんですよね。
もう1人いたんですが、この人が凄かったです。
主人公の従兄弟に、ある事をして、あるモノを残したり。
でも、一番良かったのは、
主人公の姉の恋人との対決ですね。
動きが凄かったです。
あの必殺技を繰り出すとは…。
思いっ切り笑ってしまいました。

主人公の姉の恋人が主人公の姉に
サラッと言ったのも面白かったです。
本人が言ったんじゃないんですけど、
潜在意識にあった言葉のように思えました。

主人公の姉は、理解あるんですね。
どうして、父親は違うんだろう…。
俺だったら、こういう父親は嫌ですね…。

エイリアンが地下室に行くのは、
ある機械があったからなんです。
一体、エイリアンって、
いつ、この機械を地球に送ったんですかね?

エイリアンとの最終決戦の前に、
主人公達は、あるモノを使って、先制攻撃するんです。
この攻撃、ちょっと懐かしいと思ってしまいました。
面白い攻撃ですよね。
子供らしい発想ですね。

最終決戦では、主人公の姉と女のエイリアンとの
対決もありましたね。
もうちょっと面白かったら良かったのになぁ…。
ちょっと残念…。

仲良くなったエイリアンと主人公の妹の別れのシーンは、
これまた鳥肌が立ってしまいました…。

エンドロール前には、
忘れていた方が可哀想な事になってましたね。
他の方々は、どうなったんですかね?

エンドロールちょっと流れたら、
主人公の姉の恋人(?)が登場しましたが…。
これも面白かったです。
ずーっと、この状態にしておくんですかね。
ちょっと可哀想ですが、仕方ないですね。

「ATTIC」って「屋根裏」という意味なんですね。
邦題は、原題を和訳したモノだったんですね。

楽しませて頂きました。
単純な笑いが多かったのが良かったです。
やっぱりベタが一番です。
何と言っても、あの人の活躍ですよね。
もっと観たかったです。

この映画は、また観たい映画ですね。
時間も短いのもいいんですが、
楽しい気持ちにも温かい気持ちになれますからね。

映画・DVD「フェーズ6」2010/10/07 00:26

原因不明の感染が発生する世界で、ある目的地に向かう若者達の物語。

全世界で原因不明の感染が発生。
若者4人は車に乗って、ある目的地に向かっていた。
途中、道路を塞ぐ車と助けを求める男を発見し、
若者4人の車は…。

兄は性格悪いね…。
観ていて、本当にイライラしました。
車の運転での悪ふざけは、本当に止めて欲しい…。

車で移動中に道を塞ぐ車を発見し、
その運転手から、あるモノを求められるのですが…。
この時の行動が正しかったとも言えるし、
正しくなかったとも言える…。
難しいですね…。
ただ、この後の行動からすると、
ちょっと自分勝手かも…。

4人の若者は親子を連れて、ある場所へ。
そこで見たのは…。
嫌な時に着いてしまいましたね…。
タイミング悪過ぎです。
あの人の判断、間違っていたのかどうかも
難しいですね…。

兄の恋人が少女に、男について話した時の
少女の反応が面白かったです。
何を言っているのか分からないよね…。
素直でいい娘なのに…。

4人の若者達は、親子に対して、ある判断をするんです…。
これも、この判断が正しかったのか分からないですね…。
ただ何もできませんからね…。
これで良かったのかなぁ…。
最初は、父親も「えっ?」と思う行動をしそうで、
観ていて、嫌だったんですが、
最後は、娘を気遣う父親が頼もしかったです。
やっぱり、親子ですね…。

親子を連れて、ある場所へ行く途中で、
かなり残酷な状況を見てしまいました…。
どうして、こんな事するんですかね…。
今の日本には、洒落にならないですね…。

ゴルフ場付きのホテルに到着した4人の若者達は、
ちょっと悪ノリしていましたね…。
特に、兄が…。
こいつ、本当にバカだね…。

弟の女友達がゴルフが上手いんですが、
彼女が言っているような人には観えないんですけどね…。
気難しくて、冷静でないのに…?

夜になり、ホテルに泊まろうとしていた若者達は、
ある集団に襲われてしまうんです…。
まぁ、若者達が悪いんですけどね…。
いくら、こんな世界でもやっていい事と悪い事はあるし…。
この時、ある重大な事が分かってしまうんですよね…。
これに対して、どう判断するのかと思っていたら…。
この行動には、「あれ?」と思いました…。

ある標識を見た兄は、ある判断をしました…。
やっぱり、こうなりますよね…。
どうにもならないんですかね…。
なんとも嫌な世界…。
人間の本性が分かりますね…。
恐い世界…。

対向車を発見した兄は車を止めて…。
この後の行動がかなり酷過ぎて、観ていて、嫌でした…。
こうしなければ、いけなかったんですかね?
こんな世界、嫌です…。
人間って自分勝手ですね…。

兄と弟が喧嘩。
兄の言い分は凄く分かりました…。
やっぱり、あの判断の時は苦しんでいたんですね…。
弟がこう言われるのも仕方ない…。
何もしなかったんですからね…。

この映画で、何故か、少しハラハラしたシーンが
弟がベッドを見るシーンでした…。
何か変だなぁ…と思ったら…。
久し振りでした、こういうの。

薬を貰おうと、ある家に弟が入ると、
そこには、あるモノがいて、弟は…。
これは何故だか、ハラハラしなかったんですよね…。
気持ち悪くもなかったです。
何でだろ…?

ある事が発覚した夜、兄と弟がやり取りをするんですが、
このシーン、たぶん、
感動させるシーンだったかもしれないんですが、
残念ながら、何とも感じませんでした…。
今までの事を観てきたからなんですかね…。
兄のルールについての言葉が印象的でした…。
やっぱり、こうなるよね…。

弟の女友達、この女は、やっぱり曲者です。
ある意味、恐い女だね…。

夜が空けた時に、
ちょっとショッキングな状況が映ってました…。
ここまでするとは…。
違う方法でも良かったんじゃないかなぁ…。

若者達の目的地は海なんですが、
海は大丈夫なんですかね?
全世界的に感染しているのに…。
よく分からない感染ですね…。

ラストは、あまり希望が観えない、
先の観えない終わり方でした…。
この後、世界がどうなったのか教えて欲しいです…。

嫌なシーンばかりの連続でした…。
「人間の自分勝手さ」が沢山出ていたように思えます。

感動するシーンも無かったし、
この映画で何を伝えたかったんだろう…。
「人間の自分勝手さ」なのかなぁ…。

観た後は、切なさが残るだけでした…。

こんな世界、来て欲しくないですね。

飲み物「ザ・プレミアム カルピス」2010/10/08 00:08






やっぱり濃いですね。

でも、この濃さがいいんですよね。

その分、カロリー高いんですけど…。

後味がしつこくないのが好きです。

映画・DVD「ケース39」2010/10/09 00:58

少女を助けた為に恐怖に襲われる社会福祉士の女性の物語。

子供の虐待問題を扱う社会福祉士の主人公の女性は、
ある少女を担当する事になった。
主人公は、少女から、ある事を聞き出し、
少女を守ろうと思い、少女に主人公の電話番号を渡す。
ある夜、少女から電話があり、
主人公は少女の家に急いで向かうと…。

主人公の仕事、大変ですね…。
精神的にもきつそうなのに、
同時進行で多くの件数を扱ってるなんて、
凄いですね…。

主人公には恋人の男がいるんですが、
彼は凄い事を主人公に言いますね…。
主人公が精神的に大変な仕事をしているから、
こんな事を言ったかもしれませんが、
これは、ちょっと言い過ぎかも…。

主人公は大勢の人と面会していると、
変な風に思ってしまうみたいですね…。
でも、この気持ち、分かる気がしました。

主人公が新しく担当する少女の家に行くと、
窓から母親が外を見ているんですが、
この時の母親の顔、恐かったです…。

主人公は少女の両親とも話をしたかったんですが、
父親が不在…と思っていたら…。
何で、こんな事をしたんですかね?
単に主人公に対して怒っていたから?

主人公は両親と離れた少女から、ある事を聞くんですよね…。
ちょっと恐い言葉でした…。
自分の両親から、こんな事を言われたら、嫌ですね…。

主人公は少女からSOSの電話を受けて、
刑事と一緒に少女に家に向かうと…。
これは凄い映像でした…。
まさか、少女の両親が
こんな事をしようとしていたとは…。
かなりショッキングな映像でしたので、
覚悟して、観た方がいいかもしれませんね…。

主人公は少女と一緒に住む事になって、
少女の荷物を取りに少女の家に行くんです。
主人公は、少女の両親の部屋で、
ちょっと変なモノを見てしまうんですよね…。
これは、ちょっと異常だと思いましたが、
後で、こんな事をする訳が分かって、納得しました…。

主人公は上司から、
ある少年の事について連絡を受けるんです。
主人公がその少年の下に向かうと…。
これも、ちょっとショッキングな映像でしたね…。
かなり酷い状態でした…。
こんな事をする少年には観えなかったので、
正直、驚きました…。

少年がこんな事をする前に、
ある事があった事が分かるんですが…。
これで、ちょっと何が起こったのか分かりましたね…。
それにしても、何の目的で、
こんな事をしたのかが分かりませんでしたね…。

主人公の恋人と少女が面談するんですが、
この面談、恐かったです…。
ゾーッとする感じでした…。

主人公の恋人がバスルームで…のシーンは凄かったです…。
こんな事あるはずないと思うんですが、
主人公の恋人には、そんな事関係ないですよね…。
これもショッキングな映像でした…。
最後のあの動きが嫌でしたね…。

主人公が少女の父親から聞いた話で、ゾッとしました…。
これは、実際に起きた人でないと分からないですよね…。

少女の母親が可哀想でしたね…。
あんな状態になっていたとは…。

主人公は、あるモノから追われてしまうんですよね…。
よく考えれば、分かるような感じなんですが、
普通の状態ではないですからね…。
雨の中を走る主人公がちょっと面白かったです。
真剣なシーンなんですけどね。

どうして、少女の両親の部屋が
あんな状態になっていたのか…。
主人公も身を持って、分かりましたね…。
これも凄かったです。
どうしたら、あんな風になるんだろう?ってぐらい。
よく考えたら、変なんですけどね…。

何度も協力を頼んだ刑事がやっと協力的になるんですが、
やっぱり刑事は証拠が無いと駄目なんですね…。
この証拠、不気味でした…。
普通じゃないですね…。

少女の父親が昼食を取ろうとした時、
ある事が起きるんですが、これも嫌でしたね…。
これでは、頭が変になってしまいますね…。
少女の父親、可哀想でした…。

やっと協力するようになった刑事にも
ある事が起きてしまうんですよね…。
これもよく考えれば、変だと思うんですよね…。
でも、あんな事になったら、パニックになりますよね…。

主人公、とうとう我慢の限界となって、最後の手段に…。
この方法、確実ではないんですよね…。
だいたい、こういう時って、確実じゃないと駄目ですよね…。

ラスト前に、主人公が自分自身との戦いがありましたね。
このシーンでの主人公、凄かったです。
カッコ良かったですね。
迫力ありました。

最後は、こういう話にしては珍しい結末でした。
だいたい、こういう終り方しませんよね。
でも、まだ何かありそうな感じもあって、
この後、どうなったのか、気になりました…。

この映画を観終って思い出したのは、あの映画でした…。
シリーズ化されたホラー映画で
少の周りの人々が次々と危険な目に遭ってしまう映画です。
ただ、こちらの方は最後で、変わりましたからねぇ…。
全然違いますけどね…。

この映画で起こってる事は現実的ではありませんが、
こんな様な事が実際にも起こるようで恐いですね…。
自分がどういう立場か分かってるからこそ、
こんな事が出来るんじゃないかと思うんですよね…。
自分の立場を利用してるんですよね…。
分かっていて、やっているからこそ、恐いです…。

話が進むに連れて、いろいろと分かってきて、
徐々に恐さが増えてくる映画でした。

映画・DVD「特捜刑事 スパルタン」2010/10/10 00:14

大統領の娘を助けようとする兵士の物語。

大統領の娘が行方不明になり、
探す事になった主人公の兵士は情報を得て、
ある場所へ行ってみるが、そこには居なかった…。
しかし、ある犯罪者が居場所を知っている可能性があり、
主人公は、ある作戦を実行するのですが…。

部隊の最終テストは、有りそうで、無さそうな内容でしたね。
本当の部隊でもやっていたら、どうなんだろ?

主人公に緊急事態を知らせる為に、
ちょっと変わった方法で教えてましたね。
外部に知られてはいけないかもしれませんが、
この方法には…。

行方不明になった大統領の娘は、
らしからぬ行動をしていたみたいなんですよね…。
後から、その理由が分かるんですが、
彼女の気持ちも分かるような気がしますが、
「もっと自分を大事にすればいいのになぁ…」と思いました。

大統領の娘を護衛していた男に話を聞いてみると…。
そういう理由で行動するとは、
「この人も男だなぁ…」と思いつつも、
「ちょっと変だなぁ」とも思っていたら…。
こういう行動に出るとは…。
何か変でしたね…。

関係者を演じてる人の中に、
ちょくちょく他の映画で観る俳優さんがいたんですよね…。
この人が単なる人ではないはず…。
この考え、単純に映画を観ていないですよね。
いろいろ観てるとこうなっちゃいますよね…。

主人公と一緒に行動する事になった部下の男が
デートクラブに行った時に、ある事に気が付くんですよね。
これは、なかなか気が付きませんよね。
観察力もあるし、推理力もありますね。

デートクラブのオーナーがちょっと嫌な感じでしたね…。
あまり好きになれないタイプでした…。

ビーチハウスのあるモノに気が付いたのも部下の男でしたね。
この人、本当に凄いなぁ。
一体、どうして、こんなに気が付くんだろう…。

ある犯罪者が大統領の娘の居場所を知っていると思い、
ある作戦が実行されるんですが、
この作戦、凄いですね…。
撃たれた警官は、どうなったんだろう…。

大統領の娘の居場所を知っているかもしれない犯罪者、
もしかして…と思う行動に出てしまうんですよね…。
あんな車が来る方が変なんですけどね…。

ある作戦を実行しようとしたら、
テレビのニュースで、ある事が報道されるんです。
今までの話とは全く違う事になっていたので、
凄く違和感を感じました…。
大学教授が可哀想でしたね…。
自業自得かもしれないけど…。

主人公は部下の男から、ある事を見つけたと聞き、
それを確かめに、ある場所へ向かうと…。
これには、ちょっと驚きました…。
ちょっと衝撃的でしたね…。

主人公は大統領の娘について、
大統領夫人に近付こうとするんですが、
ある女性に止められるんですよね…。
「この女性、何者なんだ?」と思っていたら…。
とてもその様には見えませんでした…。
主人公がその女性から、
あるモノを見せられた時のシーンは、
鳥肌が立ちました…。
まさか、この映画で鳥肌が立つとは…。

どうして、こんな事になってしまったのか…。
その理由は、ちょっと腹が立つ事でしたね。
こういう事が実際にもありそうで嫌ですね…。

主人公は協力者と共に大統領の娘がいると
思われる場所へ行ってみると…。
こんな偶然あるんですかね…。
それにしても、あまりにもあっけなかったですね…。

大統領の娘、悪ぶってましたね。
タバコが吸いたいからといって、あんな事するし…。
この行動には呆れました…。

主人公も賢い部分を出してましたね。
タバコの匂いから、ある事に気付かれてしまうと。
これには、「なるほどなぁ…」と感心しました。

ある場所での銃撃戦をするんですが、
他の人もいるから、地味だったんですかね…。
もっと派手なのも観たかったです…。

銃撃戦をしている場所に、あの人が登場しました。
さり気なく登場したので、ちょっとビックリしました。
この人がアレを見せたシーンで、
鳥肌が立ってしまいました…。
どうも、このアイテムに弱かったみたいです。

主人公とさり気なく登場した人のシーンにも、
鳥肌が立ってました…。
この人、好きだったのかもしれませんね…。

ラストは、テレビで、ある人が説明していたんですが、
上手く言うもんですね…。
何でもかんでも、そうとは限らないのかもしれませんね…。
そう思うと、ちょっと恐いですね…。

大統領の娘の警護が甘くなった本当の理由が
ちょっと酷かったですね…。
これは嫌なもんですね…。

アクション映画だと思っていたら、
アクションがちょっと地味でした…。
これはちょっと残念でした。

あの俳優さんをあの役で出すのは、どうなんですかね…。
いい俳優さんですが、出た時点で、
誰もが「あっ…」と思うと思うんですが…。

笑えるシーンも無く、セクシーなシーンも無く、
ちょっと物足りない感じでした…。

タイトルに「特捜刑事」とあるけれど、
本人は一度もそんな事を言っていませんでしたよね…。
「兵士」とは言っていたけど…。
「特捜刑事」って言葉、どこから出てきたんですかね…。