映画・DVD「ソウ ザ・ファイナル」2013/09/22 16:53

再び、ゲームに参加する事になった男の物語。

ゲームに参加し、見事、生還した男は、
その経験を元に本を出版、テレビ出演と有名となった。
しかし、またゲームに参加する事になってしまい、
生還した男は愛する者の為にゲームに挑むのだが…。

本当は、もっと早く観るつもりでしたが、
「ソウ6」を観てから、3年も経っているんですよね…。
もうすっかり前の話は忘れていましたが、
最後、どうなるのか気になって観てみました。

最初のシーン、本当に痛々しい…。
「この人、こうするのかな?」と思ったら、
やっぱり、そうした…。
分かっていても、こういうシーンは、
顔がゆがんでしまいます。

今回は、変な例えで書いてしまいますが、
ミニゲームが2つとメインゲームという感じでした。

1つ目のミニゲームは、いつもと違って、
何か変な感じでした。
あんな風にゲームをするのは、
シリーズ初だったんじゃないかと思います。
それにしても、残酷なシーンでした。
ゲームの結果は予想していた通りでした。
ちょっとスッキリ。

2つ目のみにゲームは、いつもと同じ感じ。
結果は残酷だけど、見方によっては、
コミカルにも見えますね。

今回のメインゲームに参加する事になった人は、
一度ゲームに参加して、
見事に生還した人なんですよね…。
「どうして、またゲームに参加しなければないのか?」
の理由は何となく予想していたんですが、
外れました…。
その上を行っていたとは…。
この理由だったら、こうなったのは仕方ないですね…。

メインゲームの1つ目の罠は、
ゆっくり行動すれば、何とかなりそうに見えました。
わざわざ、あんな行動しなくても、
大丈夫だったように見えました。

メインゲームの2つ目の罠から、
関係者が登場するようになりますね。
これは前作と同じような感じでしたね。
2つ目の罠、こんな事を書いたら、
怒られるかもしれませんが、
ちょっと笑ってしまいました。
罠が止まった時の関係者の表情が
ちょっと面白かったです。

メインゲームの3つ目の罠は、
生還した男が頑張れば、
関係者を救えるんですが、
これは何となく先が見える罠でしたね。
真正面じゃなくて、横からやっても駄目ですかね?

メインゲームの4つ目の罠は、
前の2つの罠のインパクトが大き過ぎて、
ちょっと物足りなかったですね。

メインゲームの5つ目の罠は、
もっと簡単に出来ても良かったんじゃないですかね?
戻す時に強力にしたのかな?

メインゲームの最後の罠は、
なるほど…という感じでした。
嫌味ですね…。
結果に思わず…。

生還した男のゲームと同時に
ゲームの主催者と警察の話もありましたね。
こういう感じになってしまったのが、
ちょっと後味が悪かったです…。

それにしても、
ゲームの主催者、強過ぎです。
そして、頭が良過ぎです。
全部、計算されているんですかね。
こんな風に上手く出来るもんなんだろうか?

あと、
毎作観て思うんですが、
よくこんな罠が作れますね?

ミニゲーム1つ目なんて、
1人で用意できるとは思えないんだけどなぁ…。
気付かないもんなんですかね?

今作で「ファイナル」という事で、
最後に誰が「ゲームオーバー」を言うか、
観てましたが、
あの人ですか…。
全く読めませんでした。
誰か予想できた人いたんですかね?

最後のシーンは決着という事なのかな?
何となく、そう思いました。
これで最後なんだと思わされました。

今回も「ここまでやるか?」と思ってしまうくらい、
残酷なシーンが一杯でした。
やっぱグロい…。

「ファイナル」という事なので、
これで最後だと思いますが、
本当に最後なんですかね?
また違った形で出て来そうな気がします…。
そしたら、また観ちゃうんだろうなぁ…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2013/09/22/6989802/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。