映画・DVD「ハリウッド式 恋のから騒ぎ」2010/02/04 22:59

映画を製作しようとする男の物語。

主人公の男は、ある事がきっかけで、映画を製作しようと思い、
映画製作の話を映画会社へ持ち込む。
そこで出会った女性を好きになった主人公は、
なんとか一緒に仕事をしようとするのですが…。

主人公は、ある事をしようとするんですが、
甥に邪魔されてしまうんですよね…。
他にも邪魔されるんですが、笑えないですね…。

主人公の考えが全然分かりません。
映画の製作者として、動くんですが、
ちょっと普通じゃないようにも見えるんですよね。
映画会社に脚本も見せないで話を進めようとするんですからね。
一体、その自信は、どこから来るんだろう…。
冒頭に、あんな事をしようと思った人と
同じ人とは、とても思えません…。
こんなに頭の切り替えができる人なら、
冒頭に、あんな事しようとは考えないと思うんですけどね。

主人公の部屋から映画会社の女性が出た後…のシーンは、
たぶん、笑うシーンなんでしょうけど、
全然笑えませんでした…。

主人公は映画会社の女性を誘うんですが、
誘い方がすっごく下品でしたね。
これは引きましたね…。

脚本に変更があるんですが、これは酷いですよね。
あの人が怒るのも無理ないですよね。
本当に可哀想でしたね。
主人公の考えが全く分かりませんでした…。

主人公の車のエンジンを掛ける為に、
手伝う秘書の表情が面白かったです。

映画製作の会議が滅茶苦茶になってましたね。
これは当然の結果ですよね。
共同制作者の一言が面白かったですね。
正しい事を言っているんですけどね。

監督がラクダを使用する事によって
言った事が面白かったです。
過去にそういう経験があったみたいで。
これは別の意味で面白そうですね。

映画の撮影現場に映画会社の人が来るんですが…。
主人公、本当に何を考えてるんですかね。
わざわざ来てくれたのに、これは、ちょっと酷いですよね。

監督が人形と模型を使って、
あるシーンを説明するシーンが面白かったです。
まるで、子供の遊びみたいで笑いました。

主人公と映画会社の女性の仲が急変するんです。
どこをどうしたら、こうなるんですかね?
とても不自然に思えました。

急に映画スターに呼ばれた主人公と映画会社の女性の状態が
2人とも同じで面白かったです。
呼び出された用件の内容には愕然としましたけどね。

映画女優があるシーンについて、
主人公に質問するんですが、主人公の答えが面白かったです。
映画女優の表情も良かったですね。
このシーン、自然な流れのように変わっていましたね。
これは上手いと思いました。

いろいろと文句を言った映画スターに
主人公もいろいろと言い返すんです。
随分と言いましたよね…。
この自信、どこから来るんだろう…?

映画女優がある動きを何度もやり直しするんです。
これが本当に面白くて、一番笑いました。
何度見ても笑ってしまうと思います。
最終的には上手く行くんですが…。
これには、ちょっと驚かされました…。
これで、いいんですかねぇ…。

映画会社の女性が共同製作者に
アドバイスを貰おうとするですが…。
共同製作者の方は本当に正しいですね。
でも、面白かったです。

主人公は映画会社の女性に、ある事を話すんです。
どうして、こうなったんですかね?
主人公、ちゃんとしていたんですかね?
ちゃんとしていなかったから…のように思えるんですけどね。

ある事件が発生。
まさか、こういう事が起こるとはねぇ…。
こういう状況の中、主人公と映画会社の女性は…。
よく、そういう気分になれますよね…。

車の中で、主人公、映画会社の女性が
同時に電話で話すんですが、
わざわざ同じタイミングで、
電話で話さなくてもいいと思うんですけどね…。
たぶん、笑うシーンなんですよね、きっと…。

映画会社の女性が「皆を元気つけなくちゃ」と
言った後のシーンは、お約束ですよね。

主人公と映画会社の女性のある計画の実行を阻止するために、
映画会社の上の人が現地に来る事になるんですが、
これを妨害する作戦が面白かったです。
凄いですね、これは…。
チョコレートを…。
これだけかと思いきや、まさかの助っ人登場。
登場した時の一言が面白かったです。
残念だったのが、仕返しがどんなものだったのかですね。
どう使ったんだろう…。

覚えの悪い人の対策は上手かったですね。
賢い対策だと思いました。
工夫ですね。

ある計画の為に、
「ここまでしますか?」というような事で妨害してましたね。
一歩間違ったら、危険ですよね。
よくやったよなぁ…。

最後のシーン、長かったですね。
ワンショットでしたね。
これは、ちょっと凄かったです。
見てるこっちも緊張しますね。

空港で、主人公と映画会社の女性が別れたんですが…。
何でなんでしょうか…。
なんかムカつきました。

ラストは、ありがちな終わり方でしたね。
ここまで上手く行くとは思えないんですけどね…。

ちょっと主人公があまり好きになれませんでした…。
演じてる俳優さんは名脇役で演技も上手い方なのに、
こういう役って、どうなんでしょうか?
無理があるように思えて仕方なかったです。
折角、演技が上手いのになぁ…って思いました。

話もちょっと無理があるように思える所があって、
とっても不自然でした。
笑えるシーンも笑えない方が多かったです。
もっと面白いと思っていたんですけどね…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2010/02/04/4857684/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。