映画・DVD「THE CELLAR」2010/09/18 00:21

別荘に泊まる事になった4人の若者の物語。

それぞれの仕事をはかどらせるために、
別荘を借りて、そこで泊まりながら仕事する4人。
しかし、別荘で次々と変な事が起こってしまい…。

凄く短い映画だったので、
大丈夫かなぁ…と思いつつ、観てみました…。

最初に登場する男に女は甘やか過ぎ。
一体、どういう関係?

別荘の鍵を渡すおばちゃん、分かっていたけど、
やっぱり、こういう登場の仕方は、ドキッとするね。

別荘には地下室があって、男2人が探索。
行き止まりみたいな所に、あるモノがありましたが、
これは、どうして、あったんだろう…?

作家が恐怖体験話を告白するんですが…。
結末にちょっと…。

作家がトイレに入ると…。
ダイニングに戻ると…。
そして、部屋に行くと…。
こうなると、
どのシーンを信じていいんだか分からない…。

作家が皆を録ったビデオを観ていると…。
んー、どこがどうだったんだろうか…。

カメラマンの彼女がカメラマンを追って、地下室へ。
そして、追いついたと思ったら…。
何が起こったんだろうか…。
分からない事ばかり起きてる…。

作家が近くの店に行って、買い物をして、
店の主人と話をすると…。
まさか、こんな風な答えが返ってくるとは…。
だったら、皆は、どうなったんだ?

懐かしい方法で写真を撮っていました。
現像した結果…。
これは、方法に問題がありそうなんだけどなぁ…。

画家もあるモノを見てしまった為に…。
これは、どうだったんだろうなぁ…。
画家自身にも、ちょっと問題ありそうだったからね。

カメラマンの彼女、地下室である行動を…。
この行動をした事によって、何かが起きたんだったら、
なんとなく分かるような気がするんだけど、
違うんだよなぁ…。
この行動する前から、いろいろ起こってるみたいだし…。

作家がある事に気付いて、急いで戻って、確認したら…。
ちょっと、作家が可哀想でしたね。
ここまでなるとは…。
作家が気付いたのは「凄い」と思った。
よく分かったなぁ…。
でも、何が起こっているのか、さっぱり分からない…。

画家が描いていた絵、
これは、ちょっと流石に気持ち悪いかも…。
どうして、こんな絵を描いていたんだ?

カメラマンの彼女の異常な行動に出てましたね。
何で、こんな事したんだ?
本当に、よく分からない…。

ある人があの地下室に入って、探索するんですが、
ライトのコードの長さにビックリ。
結構、歩いていると思うんだけどなぁ…。

探索している人が最後に行き着いた所には…。
やっぱり、こうなるか…と思っていたら、
もっとビックリする事が起こってました…。
音からすると、どこかに…。

エンドロール前に、
思わず、「はぁ?」と言ってました…。

久し振りに訳の分からないのを観てしまいました…。
誰かに説明してもらいたいです…。

このタイトルを和訳すると、「地下室」になるそうです。
カタカナで「セラー」だったら、
なんとなく「ワインセラー」から想像できたかも。
と書いたけど、それも気付かないかな…。

俺にとって、この映画は内容も分かりにくく、
タイトルさえも分かりにくかったです…。