映画・DVD「死神」2009/03/11 00:22

娼婦連続殺人事件の捜査をする刑事の物語。

娼婦が残酷な殺され方の死体で発見された。
主人公の刑事は捜査を担当するのですが、
手がかりが掴めなかった。
しかし、主人公は、捜査を続けていくうちに、
あるモノに辿り着き、目的を知るのですが…。

主人公に共感できませんでした…。
どうして、こんな奴が刑事なんだろう?って。
いろいろと悪い事ばかりやってるし。
あまりカッコ良くなかったです。

次々と娼婦が殺されていくんですが、
娼婦の殺され方が残酷。
皆、共通して、ある所をやられてるんですよね。
これは、グロい…。

主人公が逃げていく男に対して、発砲しようとすると…。
これは、今までの報いかな…って思っちゃいました。
この後、ホラー映画の定番シーンが出てくるんですが、
完全に…でしたね。でも、CGよりかはいいか。

2回も「バーン」となる強烈なシーンがあるんですが、
これは1回で良かったかも…。
2回目が気持ち悪かった。
しかし、どちらとも酷かったですね。
やらなくてもいい事でしたよね。

主人公が部屋の中で縛られている女性を助けるんです。
こんな事をした奴は…。これは笑えない…。
そして、この後、主人公は…。
どうして、こうなりますかね?
このシーンは、あまり…。

やっと「死神」らしきモノが出てくるんですが、
これが本当に「死神」?
なんか想像していたよりも…。
化けもんと言った方が正解かも。
しかし、例のモノを仕舞うシーンは、
なんだか機械みたいでしたよね。

「死神」らしきモノには、ある秘密があって、
こんな事件を起していたんですよね。
だったら、「死神」じゃないじゃんと思ったのは
俺だけじゃないはず。

最後の方で、予想していた事が起きました。
あの人が変な行動していたんで、
もしかしたら…と思ったら、正解でした。

主人公は「死神」らしきモノと対決するんですが、
この結果は…。
やっぱり「死神」じゃないですよね?
しかし、主人公、何で?
なんか急過ぎません?
いきなりだったように見えたんですけどね。

ラストは勿体ぶった感じでしたね。
こんなシーンで、見ている人を驚かせたいんですね。
たぶん、この後、何にも無さそうですけど…。

人間と「死神」との戦いだから、
CG使った映像とかを期待していたんですが、
これは、もしかして、ノーCGですか?
「死神」らしきモノはCGですかね?
俺にはCGには見えなかったんだけど。
話の内容は、ちょっと面白かったんだけどなぁ。
こんな設定なら、もっとHにすれば良かったのに…。
こういう内容のAVとかありそうですね。
でも、やっぱり主人公に共感できないのが痛かったですね。
主人公が捜査するシーンが少なく、
他の事をやってるシーンの方が多かったかも…。
残念でした…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/03/11/4166466/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。