映画・DVD「アイス・ステーション」2009/02/01 14:50

殺人事件が起きた南極基地で捜査を行う軍人の物語。

南極の基地で殺人事件が起こり、
主人公の軍人と上司が捜査に向かう。
主人公と上司が生存を確認したのは2人だけだった。
主人公と上司は殺人事件の容疑者を探すために、
近くにある鉱山に入るのですが…。

スティーブン・キングの原作とあって、
前々から見たいと思っていた映像です。
とても楽しみにしていたんですが…。

主人公が見た夢で、窓に突然…で脅かすのは反則ですよね?
こういうので、ドキドキしたって事で
「恐いかった」と錯覚しちゃいます。

主人公と上司は、南極の基地にヘリで向かうんですが、
運悪く、悪天候で猛吹雪。
これではヘリが着陸できないと分かって、
2人がとった行動がちょっと凄いね。
この方法って、かなり危険だよね。
でも、軍人の2人なら出来る事でもあるのかな。
俺には絶対できない。

主人公と上司は生存者2名を確認した後に、鉱山へ。
そこで、人影らしきモノを見るんですけどね。
あれは、一体、何だったんだろう?
やっぱり容疑者の指揮官だったのかなぁ。

死体の額に手を当てる人がいるみたいなんですが、
この人は指揮官だったのかなぁ…?
それとも別の誰かだったのかなぁ…?

助けた男がある事を言うんですが、
主人公は信じようとしませんでしたね。
何で信じなかったんだろう?
いろいろと変な現象を体感してるのにね。

ラジコンカーにカメラを付けて、
鉱山の様子を見る事になったんですが、
このラジコンカー、凄いですね。
地下6階ぐらいでも電波届いてるんですからね。
こんなラジコンって本当にあるの?
ちょっと変じゃないのかなぁ…って思っちゃいました。

主人公は、ある事を悔やんでいたんです。
そんな主人公に、あの人の声が…。
思わず、主人公はその声に釣られて…。
すると、そこには…。
んー、ここは、もっと恐くできる
チャンスだったと思うんですけどね。
これで終わり?って感じでしたね。
何か出来たと思うんだけどなぁ…。

主人公の思わぬ行動で、ある事実が発覚しましたね。
最初から…だったんですかね?
だから、あんな格好していたのかぁ。
オシャレだと思ってたよ。
全然気付かなかった…。

どうして、指揮官がこんな事をしたのか?
指揮官があるモノを鉱山で見つけ、
そして、ある事をするためだったようなんですが、
これって、偶然見つけたんですかね?
だったら、本当に都合いいですよね。
しかも、必要な数も揃ってるみたいですし。

主人公、エレベーターが行ってしまったからって、
こんな事をして下の階に降りようとするなんて、
チャレンジャーですよね。
ここで何かあるのかなぁ…と思ったんですけどね…。

時々、主人公にあるイメージが出てくるんです。
「何だろうなぁ…」と思っていたら、
最後の方で、イメージについて分かりました。
というか主人公にある秘密があったんですね。
でも、こんな偶然ってあるんでしょうかね?
どうやって選ばれたか分からないけれど、
捜査に向かったのが…って事が…。

最後は、主人公と指揮官の戦いでしたね。
でも、これって、
主人公の自分自身との戦いでもありましたね。
この時の決着は、念には念をいれてましたね。
ここまでする必要あるかと思ったけど、
やっぱり確実にしないとね。なんか復活しそうだしね。

んー、正直に言いますと、
「恐い」とか「不気味」と思えるシーンが無かったです…。
ハラハラもしなかったなぁ。
何でだろう…。
とても残念です。
本当にスティーブン・キングの原作?
楽しみにしていたのになぁ…。

映画・DVD「マクベス ザ・ギャングスター」2009/02/05 01:06

ある組織のボスとなった男の物語。

主人公の男は、ある組織に属していた。
女3人から、「ボスになる」と言われ、
主人公の屋敷で、祝宴が行われた夜、
主人公はボスを殺し、主人公がボスとなるのだが…。

シェイスクピアの原作を元に、
時代を現代にしてるんですが、ちょっと無理がありますよね。
とっても違和感があるのが、やっぱり台詞。
こんな事、今の人が言うとは思えない事を言ったりしてます。
どうして、こんな風にしちゃったんだろう…。
でも、これが無かったら、
シェイスクピアの原作とは言えないからかなぁ。

最初の墓地での女3人の悪戯は何なんでしょうね。
何か意味あったのかなぁ…。

「戦に負けて勝つ」とか言っていたけど、どういう意味?
分からない…。

主人公は、墓地で悪戯していた女3人から、
ある事を言われるんですが、それが本当になってしまって、
それから主人公の前に、時々、現れるようになるんですよね。
主人公が最後に女3人と会ってからのシーンは、
あまり良いシーンでは無かったですね。
なんとなく汚らしい感じにとれました。

主人公が屋敷に帰って、妻の下に行くんですが、
この時の妻の状態にビックリしました。
もしかして…と思ったら、違ってた…。
ちょっと人騒がせな妻ですよね。

主人公の屋敷で、ボスを含めた幹部の人達で祝宴をする事に。
ここで、主人公の妻がやる気満々になるんですよね。
「大仕事は私に任せて」とか言っていたけど、
何をするつもりだったんだろう?
大仕事をしたのは、主人公なのに。

主人公の妻、本当に怪しいですね。
ぶつぶつと言い出したと思えば、悪霊にお願いしてる…。
着てる服から主人公の妻が魔女に見えました。

主人公が計画を中止しようと妻に言うんですが、
これに対して、妻が凄い事を言ってましたね。
どうして、こんな事が言えるんだろう…。
主人公の妻、ちょっと恐かった。

大仕事をしている主人公は、「狂気」の一言でしたね。
何度も何度もやってたし…。

大仕事を終えた主人公はボーっとしてましたが、
妻は冷静でしたね。
こういう時って、やっぱり女性の方が強いのかも。
妻、いろいろとやってましたからね。

「主人公、賢い事をするなぁ…」と
関心してしまうシーンがありましたね。
これも計画のひとつだったのかな。
この時の主人公が上手い事を言うんですよね。
んー、人間って恐いね。

ボスの息子は勘がいいですね。
ある事を誰がやったのか分かったみたいで、
すぐ行動してましたね。これは、凄いと思った。
他の人達は、ある事をしたのは…って思ってるんですよね。

主人公の屋敷で夕食会が行われるんですが、
その前に、主人公は、ある事を下の者にやらせるんですよね。
女3人から言われた事でやったんだろうけど、これは酷いね。
でも、夕食会の席で、
主人公にある事が起こってしまうんですよね。
悪い事は出来ないもんだね。
このシーンは、ちょっと不思議なシーンでした。
何で、白いんだろうね。

主人公は夕食会を欠席した男を恐れるあまりに、
下の者に、ある事をさせるんですが、これが本当に酷かった。
この映画の中で一番ですね。
血も涙も無いんですね…。

テレビのニュースで、
ある事を知った主人公の妻は、
「こんなはずでは…」とでも言いたいような表情でしたね。
この後の妻の姿が豹変しちゃいましたね。
最初の方では強いと思ったのに、こうなってしまうなんて…。
罪の意識が重かったんですかね。
やっぱり酷い事ですからね。
2度目の風呂場のシーンは、あまり綺麗ではなかったですね。

主人公がある事をさせていた下の者はタイミング悪かったね。
あそこで、主人公と対決しようとする人達と出会わなければ、
こんな事にはならなかったのにね。
でも、こうなって当然だったかも。
それなりの事をしてきたんですからね。
しかし、このシーンは、冷酷なシーンでしたね。
徐々に…ってのがゾクッとしました。

女3人が「森が動く」とか言っていたんですが、
まさか、こんな事とはねぇ…。
あと、「主人公は女から生まれた者にやられない」
ような事を言われたんですが…。
これは、どうだったんですかね?
どう解釈すれば良かったんでしょうか?
ちょっと分からなかったかも。
もしかして、夕食会を欠席した男が
言っていた事でいいのかな?

最後の方の銃撃シーンは、音が無くて、
何だか物足りなかったです…。
どうして、こうしちゃったんだろう?

少年、やってくれますね。
これは反射的にやっちゃったのかな?
相手の人が可哀想でしたね。
同罪になっちゃうのかなぁ…。

エンドロールは、変わってましたね。
これは珍しいかも。
でも、どうして、こうなったんでしょうね?

「こういう世界って、騙し騙されなんだなぁ…」
とつくづく思いますね。
最後の方の主人公は、もう鬼と化してましたらからね。
「暴君」とか言われてたし。
残念ながら、カッコイイと思うシーンは無しでした。
嫌なシーンは何度もありましたね。
やっぱり原作を現代の設定でやるのは、
ちょっと無理があったかもしれませんね。

映画・DVD「シャドウ・ワールド」2009/02/06 01:21

天使と堕天使の戦いに参戦する事になった天使の物語。

天使と堕天使の戦いが続く中、新たな戦士として、
主人公の天使が人間界にやってきた。
そこは、堕天使によって、闇の世界と化していた世界だった。
主人公は、仲間と会い、共に堕天使と戦おうとするのですが…。

天使と堕天使の戦い。
主人公は天使。
しかし、人間界に来たために、人間になってしまうんですよね。
で、死んじゃったら、もう元の天使に戻れない
という事なんですが、元の状態って、どんなんでしょうね?
たぶん、想像しているようなもんじゃないんだろうなぁ。
天使だと性別関係ないみたいですからね。

主人公、人間界に来て、そうそうに堕天使の1人と対決。
しかし、主人公、強いみたいで、そんなに時間掛からなかった。

主人公は仲間の1人と会うんですが、
そこでかなり無茶な事をするんですよね。
このおかげで、この人が危ない目に遭っちゃうんですよね。
でも、この人、酒に溺れて、ちょっと情けなかったね。
人間界に来て、いろいろな感情を知って、
こうなってしまったようなんですが、
こんな事だと、天使よりも人間の方が
精神的には強いって事になっちゃいますよね…。

人間になった天使や堕天使は、
力を発揮する時にある変化が見られるんですよね。
そんなに恐くないんですが、
堕天使のリーダーが不気味ですよね…。
なんかこの人だけ特別に違う。
一歩間違えば、笑ってしまうかもしれないですね。

主人公は、もう1人の仲間に会おうとするんですが、
その人は人間界では女で、売春婦。
これには訳があるんですが、
天使から売春婦とは正反対でなんとも屈辱的ですよね。

女はホテルの部屋で客と…だったんですが、
どうも女が聞いていた内容と違ったらしく、
拒否しようとしたんですが…。
相手が相手ですからね。酷いもんですよね。

女が危なくなった時に、主人公が部屋に到着し…。
このシーンがちょっとカッコ良かったなぁ。
それにしても素早い動きで見ていて、
ちょっと気持ち良かった。

主人公は後何人かの仲間と会うんですが、
これがまさか堕天使のリーダーの作戦だとはねぇ…。
リーダー、賢いですね。

主人公、ある仲間を手当てするんですが、
逆に怒られてしまうんですよね…。
どうして、怒ったのか?
その理由を相手が言うんですが…。
これは、ちょっと主人公が可哀想…。
なんて他力本願なんだろうね。
自分達でどうにかしようと思わないのが何だか嫌でしたね。
それでも…って言いたくなるけど、
ここまで、いろいろとあった事を考えると複雑ですね。

主人公は、ある堕天使と対決。
この堕天使には部下がいるんです。
主人公は、ある作戦でやっつけるんですが、これは賢かった。
で、このシーンは、面白かったですね。
「パッパッパッ」という感じで。

主人公の仲間が危険な目に遭ってしまい、
主人公は自分を責めるんです。
確かに、主人公のせいもあるかもしれないけど、
これは、遅かれ早かれだったように思うなぁ。
それにしても、堕天使に襲われるシーンは酷かったですね。
一方は、じわじわと、もう一方は…。
やっぱり天使ではないですね。

主人公は、怒って、顔を気にする堕天使と対決。
この堕天使が卑怯な奴なんですよね。
しかし、主人公は、そんな卑怯な手もクリア。
この時の主人公の行動が凄いですよね。
これは人間では出来ないですね。
この対決シーンも面白かったです。
しかし、最後の主人公の攻撃は…。
天使の行動ではないですよね…。

主人公と女が一緒の状態と
堕天使のリーダーが苦悩する姿が交互に映るシーンは、
なんか印象的でした。
堕天使のリーダーの最後の雄叫びも凄かったですね。

主人公がある堕天使に対する攻撃は、今までと違ってましたね。
ちょっとつまんなかったなぁ…。
他と一緒にして欲しかったです。
でも、主人公が何を言っていたのかが少し気になりますね。

とうとう最後は、当然の事ながら、
主人公と堕天使のリーダーとの対決でした。
しかも激しい雨の中で。
これは演じてる俳優さんも大変だっただろうなぁ。
この対決で、主人公はある事を確信するんですが、
こういう事だったとはねぇ…。
どうして、こうなったのか?
堕天使のリーダーの言ってる事も分かる気がしますね。
「何の為にやってるのか?」とか考えそうですからね。

堕天使のリーダーもやっぱり強かった。
ある攻撃で、主人公がやられちゃったかなぁ…と思ったら、
まさか、こんな事をする力があったとは…。
でも、これは、ちょっと違いませんかね?
あんな状態で、こんな事できるんだろうか?
気力でやったのかなぁ。
だとしたら、主人公、凄い奴ですね。

堕天使のリーダー、主人公にある事をするんですが、
主人公はこの後、思ってもいない行動に出ちゃうんですよね。
これには驚きました…。予想外れてました…。

ラストは、あの人が生き残っているから、
人間界は、あぁなったという事でいいんですよね?

対決シーンの映像が綺麗で良かったです。
面白い対決シーンもありましたし、楽しかったです。
全編暗いんですが、それが返って、カッコ良かった。
天使と堕天使の戦いなんですが、
難しく考える事も無く、見る事が出来たのも良かったですね。
宗教のどうのこうのとかが出てくると、
難しくなっちゃいますからね。
なんせ天使が銃を使って、堕天使と対決しますからね。
天使が銃を上手く使うんですよ。なんか面白いですよね。

映画・DVD「プレッジ」2009/02/07 10:08

少女殺害の犯人を探す退職した刑事の物語。

主人公の刑事が退職する日に、少女の死体が発見。
主人公も現場に向かい、捜査に参加する。
少女の両親に報告する主人公は、母親からある事を要求され、
主人公は、それに応えようとするのですが…。

主人公は退職する刑事で、退職のパーティー中に、
殺害された少女の死体が発見されるんですよね。
これが無かったら、
主人公は違った生活してたかもしれませんね。

主人公は、「まだ6時間ある」と言って、
現場に行くんですよね。
これは、なんかいいなぁって思いましたね。
根っからの刑事ってヤツですよね。

主人公は若手刑事にあるモノを
鑑識に調べさせるように言うんです。
これには若手刑事も気付かなかったようで、
ハッとしてましたね。
この辺は、やっぱり長年の…って事ですね。

主人公は、少女の両親に報告するんですが、
この時のシーンが凄かったですね。
何が凄いって、周りが凄いんですよ。
これはぜひ見て確認して欲しいです。

少女の母親が主人公に対して、
ある事を要求するんですよね。
このシーンがなんか変だなぁと感じました。

少女を殺害されたと思われる男が捕まったんですが、
この男には、ちょっと問題があったんですよね。
若手刑事は、張り切って、尋問するんですが…。
こういうやり方は、どうなんでしょうね?
一種の誘導のようにも見えるんですけど…。

少女殺害の容疑をかけられた男は、
ホッとしたのも束の間、ある行動に出てしまうんです。
これは凄かったですね。
まさか、こんな事するとは思わなかった。

主人公は引退後も少女殺害の事件をする事に。
少女が通っていた学校のクラスメイトから
有力な情報をもらうんですよね。
主人公があるモノを見た瞬間で、
真犯人がいるのが分かりますよね。

主人公は似たような事件の情報ももらい、
関係者に会ったりしてましたね。
その中の1人に、某有名俳優が登場してましたね。
まさか、この人が出てくるとは
思っていなかったので、驚きました。
もしかして、友情出演ですかね?

主人公の趣味は釣りで、
時々、釣りしてるシーンが出てきます。
このシーンが綺麗なんですよね。
虹が出てたりもしてました。

主人公は、ある場所にある店を購入。
店を購入した目的は、やっぱり…ですよね?
それにしても、ここまでして…ですか。

主人公が、ある女性と話すシーンがあるんですが、
このシーンは変でしたね。
最後の方の主人公は、変わってましたからね…。
どうしちゃったんでしょうか?

フリーマーケットのシーンは、
最初の方は和気あいあいとしていて、
いいなぁと思ったんですけどね。
やっぱり、こういう展開になるのかぁ…。
こういうのは単純にハラハラしますよね。

店を閉めた後に、店のドアを叩く音。
主人公が行ってみると…。
これは酷かったし、恐いですね。

食堂で働く女とその娘が主人公と一緒に暮らすんです。
で、主人公と娘が仲良くなるんです。
2人のシーンは、ホント和みますね。

主人公、隙をつかれてしまいましたよね。
2階から外を見てみると、少女に見知らぬ男が近付いて…。
この後の主人公の階段を駆け降りる早足が凄かったです。

少女がある所へ行ったと聞いた主人公の
この後の行動が凄かったですね。
もう無茶苦茶。
後で弁償するんだろうか?
で、主人公がある所に入った時の映像にはビックリした。
「主人公、やっちゃったか?」と思ったら…。

前後しちゃいますが、
主人公は少女の為にあるモノをプレゼントするんですが、
これは、まさか少女を…って事なんですかね?
純粋にプレゼントしたいのと、
主人公の目から離れない為だと思いたいんですけどね。

少女がある服を着たいと言うんですが、
これは、もしかして、ある誰かの影響とか?
何となく、そんな感じがしたんですけどね…。

少女が主人公にある事を話すんですが、
これは主人公が「両親」じゃないから話したんですよね。
少女、賢いなぁ。
この後、主人公は、ある行動に出てしまうんですが、
これは、どうなんでしょうね?
やっぱり少女の事を思うと、この行動では無かったのかなぁ。
あの人がこの事を知って、激怒するのは当たり前かな。
この行動の途中から、主人公に異変が起こるんですよね。
一体、どうしちゃったんでしょうね?
一気に来た様な感じでした。

ラストは、
ジャック・ニコルソンらしい(?)終わり方だったかな。
この人は、こういう役を演じるのが
多いような気がするんですが、気のせいですかね?

やっぱりジャック・ニコルソンは凄いですね。
普通の役も出来るし、今回の役も出来るし。
でも、今回は、ちょっと変な感じのシーンが多かったですね。
何か流れとして不自然に思いました。

主人公と一緒に犯人を考えたりするのは面白かった。
「ヤマアラシ」の謎も最後には分かりましたからね。
「真犯人がいたのか?いなかったのか?」も
最後には分かるんですが、
これは、ちょっと主人公が可哀想かも…。
まさか、こんな事になるとは思ってもいなかったんで…。

松田樹利亜 - Fifteen Carat 2009 at UENO BRASH 2009.2.72009/02/08 10:56

昨夜は、上野のライブハウスで行われた
松田樹利亜さんのライブに参加しました。

公式HPでチケットの予約をしたんですが、
メールで、チケットの引き換え時間は、
HPに載せるような事を書いてなかったので、
よく分からず、開場時間ちょっと前に会場に行ってみました。

60人くらいの人が既にいて、
兄もチケット受け取って並びたいと思ったら、
既にチケットの受け取り時間が過ぎていました…。
これは、完全にやられました…。
折角、番号があるのに、それも無駄になってしまいました。
もう、この時点で、もう悪い気分になってました。
既にいた人達は、
一体、どこでチケットの受け取り時間を知ったんですかね?

開場して、チケットを持っている人達の後に
会場に入るようになってしまいました。
受付の人の手際の悪さに、益々イラッとしてしまいました。

会場に入ると、思っていたよりも狭く、
ステージは、あまり見えないです。
やっぱり、こうなるのか…と思いながら、
兄も立ち位置を決めて、開演時間を待ちました。
待っていてる間、流れていたBGMが
樹利亜さんのニューアルバムの曲というのが、
どうなんでしょうね?
これからライブでやる曲をライブ前に流してるなんて、
初めてだったので、ちょっと驚きました。
楽しみがちょっと半減しました。

開演は10分ぐらい過ぎてからスタート。
最初はアコースティックのコーナーで始まりました。
当然の事ながら、樹利亜さんの顔は見えません。
時々、頭部がちょっと見えるくらい。
やっぱりライブハウスのライブは避けるべきだったなと後悔。
しかし、樹利亜さんの歌の上手さで、
ちょっと気分的に回復しました。
アコースティックで、スタンディングというのは辛いですね。
次回は椅子出して欲しいです。じっくり聴きたいです。
1曲目の「マイフレンド」失敗しましたよね。
最後に余裕があればやるとか言っていたけど、残念でした。
次回の楽しみにしたいと思います。

アコースティックコーナーが1時間で、
次が通常のライブでした。
ここで、兄の前にいたオジサンに異変が起こりました。
曲に乗って、体を動かすんですが、その動きが半端ないんです。
普通、上下に体を揺らしたりするのが、
このオジサン、体を前、横、後ろと上から見ると
四角形を描くように体を動かすんです。
他の人達とは乗り方の違うそのオジサンは、
周りを見ていないようで、
何度か兄の顔に頭が当たりそうになったり、
足も踏まれてました…。
それにしても、このオジサン、凄い早い動きしてたんですよね。
体力あるなぁ…とステージ見ずに、オジサン見てました。
ステージの樹利亜さんは、見えませんからね。

アンコールを求める拍手や声が寂しかったですね。
いつも、こんな感じなんでしょうか…。
バースデーライブだったので、
歌とか歌うのかと思ったんですけど、
そういうのはやらないんですね。

ダブルアンコールもあって、
終わったのが21時ちょっと過ぎでした。
ダブルアンコールを求める時に、
ニューアルバムの曲を流すのは、どうなんでしょうか?
拍手をしてるんですが、手拍子になりそうで困りました。

やっぱり、ステージ上の様子見たいですね。
でも、水を飲んでる樹利亜さんは見る事が出来ました。
飲んだ後の笑顔の樹利亜さんが可愛かったです。

MCで、去年、15周年のライブが出来なくて、
悔しかった事とか話してくれました。
15周年と言わず、通常のライブをON AIRでやって欲しいです。
ON AIRなら、まだステージ見やすいですからね。
兄としては、SHIBUYA-AXがいいんですけどね。

いつもライブに参加したいアーティストだけで
ライブに参加するかどうか決めていたんですが、
やっぱり会場も大事ですね。
反省点として、今後に活かしたいと思います。