映画・DVD「2days トゥー・デイズ」2009/08/01 23:45

ある街に住む人々の2日間の物語。

盗聴されていた女性の部屋で、ある事件が起こってしまう。
最初は、この事件に関係の無い人達が
様々な偶然が起こってしまう事で、
この事件に近付いてしまい…。

殺し屋2人がある女性の部屋を盗聴。
その女性は別れた男性を部屋に入れてましたね。
でも、事態は悪いみたいで、女性、可哀想でしたね。

殺し屋2人の目的は、
女性の部屋にいた男性の方だったようで、
変な質問をするんですよね。
なんか変なんですよね。
どうして、他の部屋にいる男性を…?
別に男性の部屋でも良かったのにね。

殺し屋は何で盗聴できたんですかね?
女性が…だから?
だとしても変な感じ。

殺し屋は元々コンビではなく、1人1人のようで、
眼鏡を掛けた方がある事をするんですよね。
「何でこんな事したんだろう?」と思ったら、なるほどね…。
でも、そんな簡単に上手くいくんですかね?
そう思っていたら、計画通りじゃない事が起こってましたよね。
やっぱり信じてはいけない世界なんですね。

眼鏡の殺し屋が金髪女性の車に乗り込み…のシーンが
ありましたが、これは違った意味でハラハラしましたね。
金髪女性が言っているように、
この場所から立ち去ろうとしないんですからね。
眼鏡の殺し屋にとって、この質問は重要な事だからかな。

金持ちの男性が車を運転していたら…。
更に悪い事にもなっていましたよね。
あんな事になっているのに、世間って冷たいね。
そんな彼を助けてくれた人は…。
ナンバープレートに、こんな事してもいいんでしょうか?

金持ちの男性が屋敷に朝、帰ってきたみたいでしたが、
大丈夫だったんですかね?
何もされなかったのかな?

屋敷に入る時に、
金持ちの男性がドアに…のシーンは、面白かったです。
リアクションが良かったですよ。

その屋敷に犬がいるんですが、
この犬が可愛かったです。
プールで泳ぐシーンがあったんですが、
このシーン、良かったです。

ある男性が日本人女性にマッサージを受ける
シーンがあったんですが、この女性、日本人?
ちょっと違うように見えるんですけどね…。
反応が出ているのが、ちょっと可笑しかったです。

金持ちの屋敷に、殺し屋が乱入。
しかし、この殺し屋には苦手なモノがあったんですよね。
それが表れてるシーンでは、苦手なモノが良かったです。

盗聴されていた女性を警察に迎えに来た人は…。
これには驚かされました…。
どういう事なんですかね?
この繋がり、どうしてなった?
ここで、あるモノがクローゼットに入っている事が
分かるんですが、このモノって一体、誰の?
盗聴されていた女性の?それとも?
このモノについて、何なのか分からなかったです。
どこかで説明していたシーンあったんでしょうか?
見逃したのかな…。

ある男性が墓地である事をしようとするんですが…。
一緒にいた犬がまた良かったです。
このシーンは、しんみりしちゃいますね。

金持ちの男性の屋敷から殺し屋が逃げようとするんですが、
このシーンでも、ある場所で殺し屋があたふたしてましたね。
この場所、あまり良くないかもしれませんね。
そう言えば、屋敷に入る前に、
いろいろなモノがありましたよね。
どちらかと言うと、Hっぽいモノが…。
よくこういうのが置けますよね。

マッサージを受けた男性の相棒の人が
ちょっと可哀想でしたね。
彼の家の向かいが、あんな風になっているのはね…。
離婚して子供と離れているのか、
子供からはあんな風に言われてるみたいだし…。
おまけに、ある封書の中には…。
彼は一体、何をしたんでしょうかね?
向かいの件で、あんな事したから、こうなった?
こういうのがしょちゅうだったのかな?

眼鏡の殺し屋があるモノを取りにある場所へ1人行くんですが、
ここでの眼鏡の殺し屋の素早い行動には驚かされました…。
いくら、あるモノを取るためとはいえ、
ここまでする必要があるんですかね?
違う時間に取りに行けばいいように思えるんですけどね。

金持ちの男性の屋敷にいる一行が車で移動する事に。
しかし、金持ちの男性は…。
確かに、うるさかったですよね。
あの薬は効きますよね。

盗聴されていた女性と警察に迎えに行った人の間で
トラブルが発生してしまいましたね。
このシーン、凄かったですね。面白かったです。
2人が激しくやっている音を聞いた人の
コメントも良かったです。

盗聴されていた女性を警察に迎えに行った人は、
トラブル後に、ある人に会いに行くんですよね。
どうして、ここに来ちゃったんですかね?
もっと別の場所に行くべきでしょ?
どうにかしてもらいたかったのに、
あんな風にされようとしてましたからね。
この人は、ちょっと可哀想だったな。

登場人物のほとんどがある場所に集合してしまいましたね。
マッサージを受けた男性は、運が悪かったね。
あと、ちょっと情けなかったかな。
殺し屋がちょっとカッコ良くみえたな。
自分を犠牲にしてまで、
あのような事をしようとするんですからね。
最後に決めたのは意外な人でした…。
まさか、この人がこんな事できるなんて…。
これで、この人は変わったかもしれませんね。

ラストは、それぞれ新たに出直しという感じで
終わってしまいました…。

よくあるパターンと言えば、よくあるパターンですよね。
最初、バラバラだった人達がだんだんとある点に集まるという。
でも、ちょっと無理があるようにも見えたシーンもあったな。

レンタルで貸し出し中が多かったので、
「どうして、何だろう?」と思ったら、
この映画には、ある有名女優が登場してるんですよね。
しかも、この映画では…。
「これじゃ、貸し出し中が多い訳だ」と納得しました。
とても綺麗だったと思います。
こういう役もするんですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2009/08/01/4471787/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。