映画「エイリアン・ネイション」2006/02/08 00:01

短気な人間の刑事とエイリアンの刑事の物語。

物語の世界は、人間とエイリアンが共存している地球です。
ある人間の刑事と相棒が強盗の現場に遭遇し、
犯人達と撃ち合い、相棒が撃たれ、
男は犯人を追いますが、一人逃げられてしまいます。
そして、男の相棒がエイリアンの刑事となり、捜査を続けるのですが…。

この物語の世界に驚きました。
エイリアンも人間と同じ行動をするのですが、やっぱり違うんですね。
その違いが面白かったですよ。

人間の刑事はエイリアンに対していいイメージを持っていないんです。
それなのに、エイリアンの刑事を相棒にします。
この人間の刑事がだんだんと変わります。
また、エイリアンの刑事も人間の刑事の影響を受けて変わります。
この二人の変化も面白いです。
最終的にどうなるのか見ものです。

カーチェイスシーンがあります。これが結構長目にあります。
いろいろな場所でとっています。結構無茶してます。

エイリアンの刑事とエイリアンの検死官?が
エイリアン語で話すシーンがあります。
このシーンも面白かったですよ。

あとですね、人間の刑事がエイリアンの刑事に
あるものを教えるシーンがあります。
このシーンは笑えました。
エイリアンの刑事の発言からして人間より○○○なんですかねぇ。

この映画のエイリアンは頭がいいみたいです。
エイリアンの刑事は英語を3ヶ月でマスターしたみたいです。
うらやましい…。

エイリアンの好きな飲み物もちょっと人間には飲めない?ものですよね。
その飲み物をコップに注ぐシーンはちょっとグロかったです…。
食事中の方は見ない方が良いですね。

エイリアンの刑事の名前、ちょっと変で可哀想ですね。
人間の刑事がその事に気がついて、
エイリアンの刑事に別名を付けてあげましたね。
人間の刑事のいい部分が見えて、良かったです。

この事件の裏には、ある物が絡んでましたね。
どこの世界も、これなんですかねぇ…。

変わった、不思議な映画でした。
この物語を考えた方の発想は凄いですね。