映画「欲望という名の電車」2006/07/19 00:02

元教師だった女が妹夫婦と暮らす事で女の過去が明かされる物語。

主人公の女は妹夫婦のところで暮らす事になったのですが、
そこは庶民の暮らすところ。
女は不満だが、妹夫婦と暮らす事になります。
女は妹に農園が無くなった事を知らせます。
その事から、女、妹、そして妹の夫との関係が段々と…。

うーん、主人公の女の人に付いていけませんでした。
この映画は女性の方が見ると分かるんですかね。

今回はタイトルだけで、この映画を見てみようと思いました。
あえて、パッケージの裏の説明などは読まずにレンタルしてみました。
今、見終えてビックリです。
こんな映画だったとは…。
見た後で、タイトルの意味を考えてみますと、
ちょっと分かるような気がします。
主人公の女は「欲望という名の電車」から
降りたという事なんでしょうか?
解釈、間違ってるかな。
そんな感じがします。

人間、今だけ楽しければと思って行動すると、
どこかで返ってくるんですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/07/19/451566/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。