【映画】キッチン・ストーリー2005/11/02 22:55

一人暮らしの男の老人と
台所の人の動線を調べるの男の物語。

最初、
老人は調査員を家の中にいれません。
調査に応じた事を悔やんでるそうです。
中々家に入れない調査員の姿が面白いです。

調査する男の椅子を
見て思わず笑ってしまいました。

調査員は、台所に入ってきて、
所定の位置に付きますが…。
調査員が可哀想です。
その姿に笑えます。

なぜ、老人が調査対象となる事を
引き受けたのかが解りません。
その理由は、後に解るのですが…。
ちょっと老人が可哀想です。

調査員のふてくされが面白いです。

老人は何かするたびに、
調査員を見ます。
調査員の反応を見るかのように。
老人がお茶目です。

老人がパイプを加えます。
かっこいいです。
この老人、単純に
かっこいいです。

最初の方に出てきた
スライドの明かりをつける
おばあちゃんが
とても可愛いです。
また、老人の飼っている馬の
優しい目が印象的でした。

ある男が老人にしてもらう時に
発した声に笑いました。

老人と台所の動線を
調査する男の関係が良くなる。
いいです。
次第に、
老人が変わってゆくのが見えていいです。
老人の顔の表情が変わっていきます。

本当は被験者と話してはいけないが、
話してしまいます。
いろいろな話をします。
話さないと理解出来ないと言います。
その通りだと思います。

二人の関係が
良くなっていく様は見ていて、
顔がにやけます。
見てるこっちも嬉しくなります。

二人の話は
止まらないみたいです。
話題がつきないのは、すごいですね。
親しい者同士だと、
話す話題はつきないのでしょうか。
話す話題がつきるのは…
という意味なのでしょうか…。

二人の良い関係は、
本来、調査を妨げるもので、
見つかったら、
調査は打ち切ります。
見ていて嬉しいのですが、
この状況を見つかって欲しくない気持ちで、
ハラハラします。

この映画は癒されます。
ちょっとした笑いがあって
見ていて楽しいですし、
感動もあって、
この映画を見て良かったです。

【映画】ジェイ&サイレント・ボブ2005/11/03 00:54

自分たちをモデルにしたコミックの
映画の製作を阻止するために
ハリウッドへ行く二人組の物語。

美女4人と車に同乗している
男の歌の歌詞が面白いです。

ジェイは、想像力豊かだ。
その力を他の事に
役立てたらいいのに…。

「言ってる事は
よくわかんないけど、感動した」
ってどういう事?

有名俳優二人の主演作について
語り合うシーンは、
ちょっと面白いです。

いろいろな映画のパロディが
出てきます。
ちょっと楽しいです。

監視官の銃撃シーンの
顔は可笑しいです。

何も考えずに見れる映画でした。

【映画】スーパーサイズ・ミー2005/11/03 10:00

1ヶ月ファーストフードを
食べたら、どうなるかという
ドキュメンタリー映画。

太りすぎはファーストフードのせいだと
提訴したアメリカ人がいたらしい。
本当に有害なのかを確かめるために
実験がスタートします。
きちんと医師、栄養士等の協力も得ています。

この実験のルールに、
「スーパーサイズ」を薦められたら、
断らないというのがある。
日本で見たことないサイズなので、
そのサイズを見て驚きました。

途中、一般の人達にインタビューしています。
提訴したことに対して
正しい意見を言っています。
私も彼らの意見に同感です。

お食事中の人は見ない方がいい映像もありました。

ところところで、
子供の絵が出てきます。
特に、「影響力」の絵が恐いです。

ヒューストンのマックの店員は、迫力あります。
ヒューストンは肥満上位だそうです。

被験者の恋人は、本当にいい人です。
素直にいろいろと話してくれるところがいいです。

アメリカでは、
いろいろな事がされているんですね。
胃袋を小さくする手術があるそうです。
手術の映像がグロイです。
手術を受けた人は、
一度失明したそうです。
こうなりたくないです。

肥満で悩んでいる人が見ると、
食生活が改善されるかもしれないですね。
なんでも取り過ぎは良くないですね。

【映画】talk to her2005/11/03 15:42

意識の戻らない女性と
介護をする男性、
男性記者と女闘牛士
の不思議な関係の二組の物語。

女闘牛士は牛には強くても、
女性らしいところもあって…。
その一面を知られたくないという頑固者。
しかし、この女闘牛士かっこいいです。

試合で、女闘牛士が牛に倒されます。
倒した牛の顔がなんとなく誇らしげです。

介護って大変ですね。
意識の戻らない女性に皆話しかけます。

ひょんな事から記者と介護人が知り合います。
知り合う前に二人は劇場で
隣の同士になります。
記者は感動し、涙を流します。
私はそれを見て切ない気持ちにはなりましたが、
心が汚いからでしょうか、
泣けませんでした。

映画の中のサイレント映画がやらしいです。

たんたんと見てしまいました。
切ないなぁと思いました。
介護する男性が本当に切ないです。

【映画】カンパニーマン2005/11/03 17:24

企業スパイの物語。
企業スパイの騙し合いが繰り返されます。
だんだんと解らなくなってしまいました。
自分には、ちょっと合いませんでした…。