映画「ドリブン」2005/12/23 08:46

F1レーサー達の物語。

スランプの新人レーサーのために、指南役として、
ベテランレーサーが復帰します。
最初、ベテランレーサーはプライドがあるため、嫌がりますが、
新人レーサーにいろいろと教えるようになります。
ベテランレーサーが3つのコインを使ったデモンストレーションは凄いです。
どっから、こんな事をやろうとしたのか考えられないですが、凄いです。

現在トップの努力家レーサーは、レースの疲れのために、
恋人に冷たい言葉を投げてしまいます。
そのため、恋人は彼の元を去っていきます。
努力家レーサーは、恋人に冷たくしてしまった事を後悔します。
ベテランレーサーに、恋人の事を話す時の顔が悲し過ぎます。
私は、努力家レーサーに好感持てました。
恋人に対して冷たくしてしまった事はちょっと考えてしまいますが、
努力している姿は応援したくなりました。いや、実際に応援しました。
それに比べて、新人レーサーは遊び人みたいで、ちょっと嫌でした。

場面が「日本 東京」になりました。
なぜかプールのシーン。プールには日の丸の旗があります。
「どこに、プールのど真ん中に日の丸の旗を掲げているところがあるんじゃっ!」
と突っ込みを入れたくなりましたが、
努力家レーサーの恋人がそのプールで一人シンクロをやる事の方が驚きました。

新人レーサーにマネージャーの兄がいるのですが、邪魔です。
これじゃ、新人レーサーが成長出来ないやと思っていたら、
新人レーサーも「自分で飛行機のチケットも買えない」
と自覚していました。
その兄もある事で新人レーサーを裏切るのですが、ちょっと信じられないですね。
弟を裏切るなんて、しかも話もせずに。
その事もあって、新人レーサーはやる気を出して成長しようとするので、
兄は邪魔ではなかったですね。ちゃんと役割を果たしてくれました。

新車発表会のパーティーで、新人レーサーは凄い事をします。
こんな事をしてもレースに参加出来るのか疑問に思いましたが、
映画全体がちょっと現実離れしているので、
「これもありなのかな」と自分の考えもおかしくなってしまいました。
新人レーサーは若いですね。人を巻き込むのは良くないですが。

雨のレースで大ハプニングが起こります。
そこで、新人レーサーが見せてくれました。見直しました。
人間なんだなとしみじみしました。
この出来事で、新人レーサーは足を痛めてしまいます。
レースに出場するために、キャプテンの前で痛む足の方でジャンプします。
このシーンは痛々しいのですが、
終った後のその場にいた全員の一体感にジーンときました。

レースシーンは迫力があって良かったです。
クラッシュシーンは驚くばかりでした。
手に汗握るでいいですね。
レーサーから見た映像が、自分が運転していると錯覚できて良かったです。

ある人から、この映画の事をあまりいい印象ではないと聞いたのですが、
そんなに悪くなかったです。
レースシーンでストレス発散?出来ましたし、
レーサーそれぞれの問題とそれによる成長が見れて良かったです。
シルベスター・スタローンが
アクションしていないというところも新鮮でした。

コメント

_ 小麦胚芽入り ― 2005/12/24 00:20

他意はないのですがF1ではなくCARTでは?

_ Suzu-Yasu ― 2005/12/24 09:11

小麦胚芽入りさん、コメントありがとうございました。
F1ではなくて、CARTだったんですか?
てっきりF1だと思っていました…。
間違いを教えてもらえて嬉しいです。
ありがとうございました。\(^∇^)/

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2005/12/23/186421/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。