映画「パーマネント・ミッドナイト」2005/12/23 22:53

薬物中毒の男の物語。

薬物更生中の男がバイト先で、薬物を止めた女と出会い、
男は、これまでの薬物中毒だった日々の事を女に話します。

テレビ番組の脚本を書くために、薬物に手を出します。
「ハイ」の状態で書いた脚本は、すぐに番組となりました。
もともと彼には才能があるように見えるのですが、
プレッシャーに打ち勝つために薬物に手を出してしまったのでしょうか…。
残念な事ですよね…。
薬物を使うことで「ハイ」の状態となり、
男は大事な仕事仲間の前で奇妙な行動を取り、仕事を失います。
いくら脚本が良くても、変な行動を取ったら、信用が無くなりますよね。
自業自得ですね。

本当の自業自得は、仕事ではなく別なところにありました。
これは、男が可哀想ですが、しょうがないです。当然かもしれませんね。

薬物を使用すると、こんなにも嫌な事が起きますよという映画でした。
とても現実的で不自然なところが無く、
薬物中毒について考えさせられました。
ベン・スティラーのまじめな演技が良かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2005/12/23/187088/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。