映画・DVD「シャレード」2008/09/30 00:21

旅行中に夫が殺され、金の在処を知ってると思われている女の物語。

主人公が旅行から帰ると、部屋が何も無い状態となっていた。
そこに刑事がいて、夫が殺された事と
家具を売ったのが夫だと知らされ、主人公が疑われる事に。
この後、主人公に、
夫が持っていたと思われるモノと
関係ある者達が近付いてくるのですが…。

正直に言いますと、主人公の女性に共感が持てませんでした。
しっかりしてるんだか、してないんだか、
はっきりしないんです。
最初の方で、後に一緒に行動するようになる男との
出会いのシーンがあるんですが、この時の主人公には…。
「随分と自信あるんだなぁ、勘違いしてないか?」
と思ってしまいました。
時々、主人公に対して、ムカツク時があるんですよね。
何でなんだろう?

主人公は空港で、冒頭に出会った男と再会。
こんな偶然あるはずないだろう…と思ったら、
主人公に近付く為の手段だったんですね。
ミエミエだよね。

主人公が部屋に入ると、部屋の中には何も無い状態…。
これは、びっくりしますよね。
自分がいない間に何があったんだ?って思いますよね。
しかも、壁に穴も開いてるし。

何が起こったのか主人公は刑事から聞きましたね。
パスポートのシーンは、自分だったら、うろたえちゃいますね。
主人公は本当に何も知らなかったんだろうなぁ…
と主人公の顔の表情から判断できると思うんですが、
刑事は、どうも主人公が犯人と思ってるみたいですね。
んー、このオバチャン刑事、大丈夫だろうか…。

何も無い広い部屋の床に
食べ物を置いている主人公の姿がなんだか惨めでしたね。

主人公はメッセージを受け取り、指示された場所へ。
そこには、1人の男がいました。
その男から夫について聞かされた主人公。
夫が金を持ち逃げした事で、主人公が危ない事も。

主人公は自分の身が危ないと知り、調査開始。
しかし、ある場所で、金目当ての者が近付き…。
誰もいない所で…ってのが危ないですよね。
ここで、おかしい事に気が付きました。
確か、刑事は主人公を尾行していたと思ったんですが、
こん時だけ、いないみたいなんですよね。
変なんだよなぁ…。

旅行先で出会った男と同じホテルに泊まる主人公。
2人、いい感じになるんですが…。
ここで、主人公のしっかりしてる所が出ていましたね。
主人公、偉い。約束守ってるんだもんな。
普通の人だったら、言ってるかもしれないだろうな。

部屋に流れる歌はCDラジカセからではないんです。
何故か、ちょっと離れた所に、歌っているおじさんが1人。
なんで、こんな事したんだろう?
笑えるシーンを入れたかったのかなぁ。

主人公と旅行先で出会った男は列車に乗ります。
すると、金を狙う者達も。
その列車内で事件が起きてしまいましたね。
これは、何が起こったのか分からなくて、恐いですね。

主人公の姿を見て驚いた、お婆さんは夫の母親でしたね。
当然、主人公は、この事も知らなかったようで。
主人公は、本当に何もしらなかったんですね。
離婚するつもりだったとか言ってるからね。
そんなに関心無かったのかな?

夜の酒場で、タンゴを踊るシーンがありましたね。
主人公と旅行先で出会った男だけだと思ったんですが…。
これは、ちょっと、やり過ぎじゃないですかね?
でも、面白かったです。

主人公は、思い切った行動にでましたね。
金を狙っている者達の前で夫の鞄を公開。
調べさせるんです。
やっぱ金よりも命だよね。主人公の判断は正しいと思う。

店の外に、お婆さんがいて、何か言ってましたよね?
声は聞こえないけど、
もしかして、これから…とか言っていたのかな?

主人公がある店から出て、道路を渡ろうとすると…。
それを見ていた女兵士が主人公を突き飛ばして…。
これは大変な事になってしまいましたよね。
女兵士、ちょっと可哀想だったなぁ。
主人公を助けたんだからね。
後で分かる事なんですが、
女兵士が死ぬ前に言っていたのは正しかったんですね。

主人公があるモノに気が付きましたね。
主人公、よく気が付いたよなぁ。
自分だったら、たぶん気が付かないだろうなぁ…。

アジア系の兵士がある場所で気が付きましたね。
そして、ダッシュ。旅行先で出会った男もダッシュ。
2人のあるモノを取る為に頑張るシーンは、
2人とも真面目にやっているんですけど、
笑ってしまう事もありましたね。階段とか。

主人公も頑張りましたよね。でも、入口で…。
ちょっと面白かった。

エレーベーターに…のシーンで、
主人公がいろいろとしましたけど、
何にも起こりませんでしたよね?
どうして、こんな事したんでしょうね?
ちょっと分かりませんでしたね。

旅行先で出会った男は、やっぱり只者ではなかったね。
そして、主人公に情報提供する男も。
この時に、どうして、金を狙っていた者達が
死んだのかも分かるんですが、やっぱり、そうなりますかね?

エンドロールで、また、あの歌手が登場。
受付の女の人が追い掛けちゃったのが面白かった。
最後は、エッフェル塔の前で歌ってましたね。
その後ろに、ぼんやりと受付の女の人も…。
なんで、こういうシーンを撮ったんでしょうね?
でも、面白いからいいんですけどね。

ラストは、「えっ?」と驚いてしまいました。
この人は一体、誰ですか?
こんな人いましたっけ?
どういう関係があるんだろう?
こんな疑問を残したまま、終わってしまいました…。

主人公があまり好きではなかったので、ちょっと…。
話の内容は好きなんですけどね。
なんか勿体無い。
人間、騙し合いなのかなぁ…なんて思ってしまいますね。
もっとハラハラするシーンとかあると期待していたんですが、
それよりも、ちょっと笑ってしまうシーンが多かったかも。
もしかすると、この映画はコメディ?
なんて事無いですよね?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/09/30/3789242/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。