映画・DVD「正体不明 THEM」2008/09/08 01:27

何者かに襲われる夫婦の物語。

森の奥深い屋敷に住む夫婦は、
ある夜、外で物音がして、外を見ると、車が移動していた。
夫は、様子を見に、車に近付こうとすると、車が動き出した。
夫婦は屋敷内に隠れる事にするのですが、
何者かが屋敷に入ってしまい…。

冒頭の母親と娘のシーンは、ちょっと恐かったですね。
夜のあまり車の通らない道で起こってしまいましたからね。

この映画の主役の夫婦は、夫が作家で、妻が教師。
そして、森の奥深い屋敷に住んでます。
この屋敷が広そうなんですよね。
2人で住むには広過ぎるんじゃないかというくらい。
たぶん、作家の夫が、
こういう静かな場所で創作活動したいと言って、
この屋敷にしたそうですよね?

森の奥深い所に屋敷があって、
近所に誰も住んで無さそうなんですよね。
何かあったら、どうするんだろう?って、
何者かに襲われるんですよね?

最初は電話からでしたね。
どうやって、電話番号を見つけたんだろう?

屋敷の電気が消えちゃんですよね。
しかし、テレビだけ、砂嵐の画面が映ってる。
これ、どうやって、やったんだろう?
こんな事出来るんですかね?

妻を部屋に残して調べる夫。
負傷してしまいましたね…。
これは、痛そうだった。
妻に、どうにかしてもらうシーンも顔背けちゃいました…。

部屋で待つ妻。
ドアノブがガタガタと音を立て、取れちゃった…。
そして、穴から覗く妻。すると…。
これは、恐かった…。危なかったですね。
ヒヤヒヤしちゃいました…。

妻が屋根裏を進むシーンもハラハラしました。
ビニールが邪魔ですよね?
ここで、明らかに、何者かが人間って分かりましたね。

屋敷から脱出して、森の中へ行く夫婦。
しかし、夫は怪我をしてる為、妻だけ先に行かせます。
妻が森の中を走ります。
その後を追って来る何者かは、本当に人間?
奇妙な声を出してるんで、
「クライモリ」に出てきた奴らを思い出しましたよ。
彼らが何者か、もう分かりません。

「テテッ」という音も出してるんですよね。
これは一体、何の音なんだろう?
全く分からないので、不気味です。

妻が車を発見して、乗り込み、発進するんですが…。
一体、何があったんでしょうね?
この辺は映してくれてないんですよ。
もしかして、車の中に何者かがいたんですかね?
だとしたら、恐いね。

夫、やる時はやるんですね。
見直しましたよ。
でも、これは…。ちょっと驚きますね。
何で?って思いました…。
彼らの目的が分からなくなりました。

地下での出来事も恐かったなぁ…。
何者かの正体が分かり、夫婦に襲い掛かるんです。
集まると恐いもんですよね?
何するか分からないし…。

ラストは、助かるのか?助からないのか?
ハラハラしましたが、
これは、ちょっとショッキングな結末ですね…。
嫌な終わり方でした。

この映画は、たぶん、低予算映画ですよね?
短い時間なんですが、とても楽しむ事が出来ました。
こんな事が起こってしまった原因が馬鹿げてます。
そして、卑怯だ。自分達の事、分かって、行動してるし。
事実に基づいて、作成された映画なので、
本当に実際にあった話なんですよね?
尚更、恐いです…。本当に起こりそうで。
本当に後味悪い映画でした。
もう、こういう事は、実際に起きて欲しくないですね…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/09/08/3750340/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。