Excite Music Festival '07 at さいたまスーパーアリーナ 2007.6.302007/07/01 09:14

天気は曇り。
傘は持ちませんでした。

今回は友達と参加です。
席はスタンドでしたが、
通路側から1番目、2番目の席でした。
今回も良かったです。

このライブの出演アーティストは
いきものがかり、大塚愛、CHEMISTRY、SEAMO、
一青窈、HOME MADE 家族、mihimaru GTと
7組でした。
どういう順番でやるのか
事前に分らないので、
次は誰が登場するのか予想とかして、
楽しむ事が出来ました。

トップバッターは、mihimaru GT。
兄の予想では、いきものがかりかな?
と思っていたのですが、外れました。
「気分上々」はいいですね。
盛り上がりました。
「かけがいのない詩(うた)」は切なくていいですね。
ボーカルの女の人の最後の決めポーズ?に笑いました。
女性ながら、凄い大胆な人ですね。

2番手は、HOME MADE 家族。
一曲目の「サンキュー!!!」がいいですね。
その他の曲も良かったですが、
MCが面白かったです。
あと、MC2人の動きも見ていて楽しかったです。
ワンマンライブに機会があったら行ってみたいです。

3番手は、SEAMO。
女、男と来たので、女かな?と思っていたのですが、
また外れました。
友達からライブでSEAMOがどんな格好するか
聴いていたのですが、やってくれました。
大勢の前で、こんな格好出来るとは凄いですね。
兄だったら、出来ないです。
「マタアイマショウ」が切なくて良かったですが、
なんと言っても、
「ルパン・ザ・ファイヤー」が最高でした!
この曲やってもらえないんじゃないかと
諦めていたら、最後にやってくれました。
参加して良かったです。

HOME MADE 家族とSEAMOは
同郷の先輩後輩という事で、
あ互いのコーナーで、コラボしてました。
こういうのいいですね。
ここでしか見れないのって。
息も合っていて、見ていて楽しかったです。

4番手は、大塚愛。
もっと後に出ると思っていたので、
ここでの登場に驚きました。
最初に、ゆったりした曲をやって、
後ろ2曲がさわげる曲でした。
7組の中で一番メリハリが
無かったように思います。
ちょっと残念でした…。
でも、「恋愛写真」が聴けたのは良かったです。

5番手は、いきものがかり。
一曲目の「SAKURA」、いい曲ですね。
時期はずれてるけど、良かったです。
ボーカルの女の子が凄かったです。

6番手は、一青窈。
一曲目は「ハナミズキ」。
いいですよね、この曲。
スタンド席はほとんどの人が座って見ていたので、
俺も座って見ました。
ゆったりした曲が気持ち良くて、友達は…。

トリはCHEMISTRY。
女性からの「堂珍」という声援が目立ってました。
頑張れっ!川畑!
歌、上手いですね。
新曲が今までのイメージと違っていて驚きました。
また、懐かしい曲もやってもらえて良かったです。

約5時間、会場にいました。
一青さん以外は立ちっぱなし。
今日は、朝起きたら、ぐったりしてました。
昨日の疲れがまだあるようです。

会場から出たら、雨は降っていませんでした。
電車に乗るのをずらすのと、
腹が減ってるので、
友達とファミレスへ。
そこで、友達とライブについて、
いろいろと話しました。
同じ楽しみを分かち合えるのっていいですよね。
食べ終わり、電車で帰りました。
電車を降り、駅を出ると、
雨が降ってました。
今回は負けましたね…。

いい思い出になりました。
いろいろなアーティストが登場するライブもいいですね。
今回は、なんと言っても
HOME MADE 家族とSEAMOが良かったです。
また、こういうライブに参加したいですね。

映画・DVD「アタック・オブ・ザ・ジャイアントウーマン」2007/07/01 23:27

薬で巨大化してしまった女の物語。

あるコンテストで最終選考の3人の1人に選ばれた女は、
医師からある薬をもらっていた。
その薬を一度に多くするのは命に関わると、
医師から警告されていたが、
彼女は我慢出来ずに、
一度に大量の薬を飲んでしまい、
巨大化してしまう…。

コメディ映画なのですが、
残念ながら、あまり笑う事の出来るシーンはありませんでした。
唯一良かったのが、
最後の一人を決める男の彼女が荷物を運ぶシーン。
彼女は3人分の荷物を一度に運ぼうとします。
そんな彼女は足元が見えません。
彼女の行く道には…。
あり得ないんですけどね。

巨大化した彼女がどうにかなるのかと思ってんですが、
特に何も起こりませんでしたね。
何かあってもいいんじゃないですかね?
ハラハラしなかったです。

まだ巨大化していない女が朝起きた時の顔が凄かったです。
これは、見せていいものなんでしょうか?
怒っているような顔してますよね?

コンテスト最終選考の3人の中で
一番威張っている女の人がいるのですが、
何故、この人が選ばれたんでしょうか?
どう見たって、おばさんだし、肌も3人の中で一番…。
キャスティング、ちゃんとして欲しかったです。

彼女と同じ状態になってしまった動物を
主にした方が面白いものを
作れるんじゃないかと思いました。
でも、結局、同じなのかな?

もっと笑える映画だと
思って期待していたのですが、残念でした…。
お色気もなんか中途半端だったし。
借りた自分が悪いんだから、
しょうがないですよね…。

映画・DVD「ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き」2007/07/05 10:07

同棲しているカップルがある事が発端で別れる事になる物語。

野球場で出会った男女は交際を経て、同棲。
二人は仲睦まじく生活していましたが、
彼女が彼に買って欲しかったものが
足りなかった事が発端で、
いろいろと見えてしまって、
二人はとうとう別れる事になるのですが…。

こういう小さな事で大きな事になってしまうんですね。
俺の目から見ても、男の方が
ちょっと威張り過ぎのように見える。
買ってきて欲しいと言われて、
その通りにしてあげずに
自分の考えでしないのは、
相手に対して失礼なような気がする。
言う通りにしないんだったら、断ればいいのに。
他人と付き合うのは難しいですね。
この映画は、そんな事を教えてくれる映画です。

コメディ映画なので笑えるシーンがありました。
なんと言っても驚いたのは、
彼女の部屋での大胆な姿。
それを目撃した彼の表情。
すっごい行動に出ましたよね。
ここまでするのは、やっぱり彼を好きだからですよね。
なんとも思って無かったら、何しても無駄ですし。
彼女の兄が彼を○○するシーン。
人は見掛けによらないですね。
テンポが良くて面白かったです。
彼のバスツアーガイドもいいですね。
こんなツアーなら参加してみたいです。
そのバスの運転手もいいですね。
発車する時がなんか面白い。
そのシーンしか無いんですけどね。

コンサートのシーンは、ちょっと嫌でしたね。
彼の方もちゃんと考えて欲しかった。
これだけは許せないですね。
「だったら、断れっ!」と言いたかったです。

ラストはいい感じで終わって良かったです。
今後の二人がどうなるのか?
興味ありますね。

笑いながら、人生の教訓を学ぶ映画ですねぇ。
彼の方が嫌な事ばかりしてるように見えて、
彼女の方は、その事に対抗してやってる、
本心は彼に気が付いて欲しいがためにやる
という感じでしたね。
どちらかが大人になって折れれば、
すぐに解決する事なのかもしれませんが、
なかなか、実際、そうはいきませんよね。
人との付き合いの中で
大切なのは、やっぱり「思いやり」ですよね。
タイトルに入っている「2年目」の人が見ると、
気が引き締まっていいかもしれないですね。

映画・DVD「ソウ3」2007/07/05 21:29

ソウ完結編?。

主犯が危ない状態に。
付き添ってる女は病院から女医を連れて来て、
ゲームが終わるまで、
主犯を生かせる事を要求。
ゲームは、自分の息子を殺された父親が
3人の関係者を赦す事が出来るか?というモノだった…。

女の人の荒々しさで、
今までの「ソウシリーズ」の
クールなイメージが壊れてしまいました。
ちょっと残念…。
女の人は必要だったのかな?
出来れば、別な話にして欲しかったなぁ。

見終わって、
主犯の賢さに驚きました。
ここまで読んでたいたなんて。
上手い具合に進むんですね。

最後は、スッキリもしたし、モヤモヤもしました。

あと、シリーズは時系列ではなかったんですね。
別に無理して、繋げなくても良かったのにな。
だって、最後がこれなんですから…。

今回のメイン・ゲームは今までと違ってましたね。
メインの人がいて、
その人は危険な目にあってないんです。
その代わりに…。
これも、ある意味、残酷かもしれないですね。
「ソウシリーズ」 に出てくるゲームは全部嫌だけど。
特に今回のは嫌ですね。

付き添っていた女がしていた事は、
主犯より酷かったですね。
だから、こうなったんですよね。
しかし、こんな女のために、よくやりましたよ、本当に。

これで、もう続編は無いですよね。
1が衝撃的、2は娯楽的、3は、どうなんだろ?
どうも、やっぱり主犯についてる女がなぁ…。
3は、計画的?
これは、全部に共通するか。
やっぱり1が良かったですね。

映画・DVD「不思議惑星キン・ザ・ザ」2007/07/05 22:46

違う惑星に瞬間移動した男二人の物語。

買い物に出掛ける途中、
一人の青年に呼び止められた中年の男は、
彼について行くと、
おかしな事を言う男がいた。
彼は、自分の星に帰るために、
地球の番号を教えて欲しいと言っていた。
手に持っている装置で瞬間移動すると。
中年の男と青年は、試しに、その装置を触ってみると、
彼ら二人は砂漠の真ん中にいた。

とても不思議な雰囲気の映画でした。
派手な事は、あまりしていませんが、
頭に残りますね。
特に「クー」が。

地球人二人が瞬間移動したシーンが面白かったですね。
中年の男のアップからカメラがひくと、周りは砂漠。

地球人二人が出会った不思議な二人もいいですね。
最初の踊りは、意味は分からないのですが、
単調な動きで覚えやすく、
見ていて、滑稽でした。

見終わって、気が付いたのですが、
この映画は、地球人が無事に地球に戻れるか?だけじゃなく、
地球人達と惑星で出会った人、
芸人達との友情の物語でもありましたね。