映画「ブロンド・ライフ」2006/01/09 02:24

自分の死を予言された女性レポーターの物語。


ある女性レポーターが預言者をインタビューします。
預言者から、フットボールの試合結果、明朝の天気、
そして、自分の死の予言を聞きます。
最初は、信じていなかったのですが、2つの予言が当たってしまい…。
これは、ちょっと恐いですよね。
3つの内、2つも当たっていたら、
自分の事についての予言も当たると思いますよね。
しかも、
自分の事については勝手に預言者から言われた事なんですよね…。
自分の事については聞きたくない予言もありますよね。
預言者もちょっとは気を使って欲しいものです。


女性レポーターは再度、預言者に会います。
そして、別の予言を聞くのですが…。
自分の事についての予言を信じたくないばからに、
こんな行動を起こしてしまった事は理解できました。
ただ、この事で、彼女はもっと不安になってしまいましたね。
予言は聞くもんではないですね。


どうなってもいいと思っているのか、
女性レポーターは酔っ払ったままバス運転手のストライキのレポートへ。
このシーンは面白かったです。笑いました。


会えば喧嘩ばかりの男性といい仲になります。
それは良かったのですが、女性レポーターが…。
ここで彼女は選択を突き詰められます。どうするか。
私だったら、彼女とは別の選択をしますね。
最終的には、彼女と一緒?になりますが。
彼女と同じ考えだったら、
やっぱり選択は同じかもしれないですね。


女性レポーターのブロンドがちょっと違和感ありました。
顔と合っていないような気がしました。


ほんのちょっとだけ考えさせられる映画でした。
もし自分の死を預言者に宣告されたら、どうするかと。
私でしたら、きっと好きな人に告白して、
スッキリしてから運命に任せるかもしれないですね。
でも、そうなって見ないと解らないですよね。
一日、一日を大切に過ごしたいですね。

映画「ハッシュ!」2006/01/09 16:19

二人のゲイと一人の女の物語。


二人のゲイと一人の女がひょんな事から出会い、
女は、一人の男と子供を作ろうと言いますが…。
女は中絶を2回もしている人で、
なぜ今になって子供が欲しいのか解りませんでした。
この気持ちは男の私には解らなくて当然かもしれませんね。


一人の男の方は、会社の同僚の女の人にしつこく付きまとわれます。
彼女の行動はエスカレートして、二人の男の家族にまで迷惑を掛けます。
彼女が公園で発狂したのには、恐かったですが、笑ってしまいました。
その後の二人のやりとりの中で、
もう一人の男の方が「
はっきりと言ってやれ。言ってあげないと彼女は先に進めない。」
と言います。
私はこの言葉には賛成です。
いくら嫌な態度を取っても、相手から見れば、それは照れて、
そんな態度を取っているんだと思われてしまう事もあります。
そうならないようにも、相手にはっきりと言う事が
本当の優しさだと私は思います。


ゲイの恋人達は、長続きするのは珍しいみたいですね。
ゲイじゃなくても、合わなければ長続きはしないと思うのですが。
どうなんでしょうか?
一人の人を愛し続けられる人もいると思うのですが。
違うんですかねぇ。


二人の男達の家族は理解ある方達ですね。
二人がゲイでも非難しないし。
いい家族に恵まれて幸せですねぇ。


子供を作ろうとする女は、「二人の仲を壊そうと思っていない」
と言っているのですが、何を言っているんだ?と思いました。
子供を作ろうとする事自体が
二人の仲を壊す原因に繋がるかもしれないのに。
変な人だと思いましたら、本人も変だと言っていました…。
凄い人ですね…。


ゲイのカップルを覗き見したような感じでした。
女の出現によって、
二人がどう変わっていくかが見ていて楽しかったです。
人それぞれ考えが違うのですから、
お互いに理解し合わなければ、長続きはしないみたいですね。
自分の考え通りにうごかなくて当然なんですよね。
私は、自分の思いと違う事を他人からされてしまうと、
すぐにカッとなります。
そんな事で怒る事は変ではないかと思いました。
また、映画で勉強になりました…。

映画「スウェプト・アウェイ」2006/01/09 18:25

漂流した男と女が無人島で過ごす物語。


いやー、凄い映画でした。
外国で何かの賞を受賞したと知りましたので、
見たのですが…。
なんですか、これっ!?


主人公の女は本当に嫌味な女で、
船の給仕をしている男が想像で
女にあるものをかけるシーンは、拍手してしまいましたよ。


給仕の男と嫌味な女が漂流して、無人島に到着してからの
男が女に復讐するシーンは、
最初は嫌味な女がやられているのを喜んでいたのですが、
だんだんと、ちょっとやり過ぎではと思い、恐くなりました…。


そんな生活を過ごしていたのですが、
ある事をきっかけに180度回転して、いい仲に…。
思わず、「なんじゃこりゃぁあ」と言ってしまいたい衝動にかられました。


もう、この後のイチャイチャシーンは何やってるんだって感じです。
何か勘違いしているような…。


そんな生活を過ごしていたのですが、
船を発見し、助かったのですが…。
ここからは、「そうですか。はい、そうですか。」と
成り行きを見守るだけでしたね。
何も感じませんでしたが、
最後は、「えぇ!?」と、いつの間にか終っていました。
なんなんでしょう…。


凄い映画でした。
こういう映画を見ないと、他の映画の良し悪しが解っていいですね。
外国で、何かの賞を取ってのが、
なんとなくですが、解ったような気がしました。
それにしても、演じた人達は何も思わなかったのですかね。
何も思わなかったから、この映画が出来たんですよね、きっと。

映画「めぐり逢えたら」2006/01/09 23:04

男と女のめぐり逢うまでの物語。


男女すれ違いの物語って、じれったいですが、いいですね。
あともうちょっとでというところで、
いろいろあって結局逢えなくての繰り返しで。
うまく行かないものですよね…。


この映画では、男の息子が良く頑張りましたよね。
一人で飛行機に乗ったり、妨害したり。
ただ、女の手紙を読んで、
どうしてこの手紙の女性が新しいお母さんにふさわしい
と思ったのかが、ちょっと解りませんでした。
何かあったんですよね、きっと。


男は、女とめぐり逢う前に、
仕事で知り合っている女性と付き合い始めるのですが、
本当にこの人を好きなの?と思ってしまいました。
前の奥さんとも似てないし…。
笑い方にとても特徴があり、笑いました。


女は、婚約者がありながら、男の事が気になり、
雑誌記者という立場を利用して、
男の事を取材しようとするのですが、
その前に探偵に男の調査依頼をします。
雑誌記者だから探偵に調査の依頼をするのでしょうか?
そこまでするんですかね。
それに婚約者がいるのに、
どうして男の事が気になってしまったんでしょうか?
婚約までする男なのに…。
ちょっと解らなかったです。


映画の内容とは関係ありませんが、
テレビで新年を迎えた後に、「蛍の光」が流れていました。
日本では紅白の影響なのか、閉店のイメージなのか、
終わりで使われますよね。
アメリカでは逆なんですかね?ちょっと驚きました。


最後のシーンは鳥肌立ちました…。いいですね。
それにしても、
エンパイア・ステート・ビルってやっぱり高いですねぇ。
展望台から見る景色も凄いんでしょうねぇ。
高い所が苦手なんですが、一度行ってみたいですね。
あと、この映画で使われていた「めぐり逢い」も見てみたいです。