映画・DVD「コラテラル」2007/07/08 09:27

殺し屋とタクシー運転手の物語。

ある夢を持つタクシー運転手はある男を乗せた。
その男から、一晩、貸切にして欲しいと依頼され、
運転手は金にひかれて、応じてしまう。
最初の目的地に着き、男はタクシーを降り、建物の中へ。
運転手はタクシーを裏にまわして、男を待っていた。
しばらくすると、人が落ちてきて、タクシーの上に。
男は殺し屋で、タクシーの上の遺体は彼の仕事の結果だった…。

トム・クルーズが老けてますね。
これは髪の毛の色がいつもと違うから、
そう思うのかな?

やっぱり金掛けてる映画だけあって、違いますね。
なんか映像の質が違う。
「激突2006」とは大違いだもんな。

タクシー運転手、不運ですね。
これは本当に運が悪かったとしか言えないよね。
その前は運が良かったんだけど。
でも、運転手、頑張ってましたよね。

殺し屋は強いねぇ。
クラブでのシーンでは、
さすがに、どうにかなっちゃうのかと思ったんだけどね。
警察は何してたんだろ?という結果だし。
当然の事ながら、冷たかったね。
容赦なかったね。

思ったより、ハラハラしなかったなぁ。
ハラハラできそうなシーンはあったんだけど。
なんでだろ?

最後の追っかけっこは、
どうして、こうも上手くいくの?と思ってしまいました。
殺し屋の感で、追跡出来たんですかね。
凄いなぁ。

ラストシーンは、トム様の要望だったのかなぁ。
カッコつけ過ぎです。
殺し屋なのに、綺麗に終わってますからね。

こういうのを娯楽映画というんですよね。
でも、淡々と見てしまいました…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/07/08/1635478/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。